長男と次男の宣教旅行

彼らが中学生ケンタッキー州宣教旅行から金曜日の12時過ぎに帰ってきました。
この場所は、炭坑町なのだそうです。
そこでは、その地域の学校の子達と一緒に遊んだり、住宅の壁のペンキ塗りや壁の修理などをしたそうです。

私はカレンさんという友達と昼食を食べていたので、彼らに会ったのは3時過ぎ。
(彼女と3時間以上も話し込んでいました)

二人に会ったらしっかりとハグ。

次男は仕事をしている時に、脱水症状になり数回倒れたそうです。
「暑い日差しの中で仕事をするんだから、水分はきちんと取って欲しいなぁ〜!」
と母の言葉。
もう人から指図をされなくてもそれくらいはわかっていると思っていたんですけれどね。
まだまだ子供なんです。

その次男はまだ子供というのが、長男のレポートでよくわかりました。
☆ ほんの数人の人達とばかり一緒にいる。
☆ 周りを見回さない。
☆ ひとりぼっちの子がいても気づかない。(数人とグループになっているからですよね)
☆ 始めての人に話しかけない。

長男は次男の態度に本当に腹を立てていました。

長男 = 次男は中学部のリーダーになる時もあるんだから、周りをもっと見回さないといけない。
いつも人気のある子のそばにばかりいて、同じ子としか話さない。
次男 = 長男だってそうだったじゃないか。

長男 = いつそうだった! 僕はいつも周りを見ていた。ひとりぼっちの子がいたら、どんなに遠くにいても必ず話しかけていた。
一人の地元の9歳くらいのMという子。彼はいつもひとりぼっちだったよ。次男、お前は全く彼を無視していたよ。

次男 = Mは〜、ゲイだよ。

長男 = それがどうしたんだ!!
彼は父親がいないし、母親は麻薬中毒者なんだ! 寂しいんだよ!
彼の人生で、模範になる大人の男性って誰もいないんだよ!!
彼の周りには女性しかいないんだ。 だから女っぽく話したりするんだよ。
僕たちが行っている時に、こういう生き方もあるんだ。って、言葉ではなく僕たちの態度から感じて欲しいんだ!
それなのに、その子の事を「あの子はゲイだから」なんてよく言えるな!!!
それに、たとえMがゲイだったとしても、お前のような態度は赦せない!


両親 = その子の事を知ろうともしないで、どうしてその子の事を判断するのかな?!
母 = それに同じ子とばかりいるって事が気に入らないなぁ。どうしてなの?

とここまで話すと、次男はプイッと二階に上がっていきました。

次男はまだまだ学ばないといけない事だらけです。



長男はグループリーダーとして、教会から頼まれて行ったので旅費はただ。ありがたいことです。
もちろん大人の参加者も沢山います。
中にはご夫婦で参加していらっしゃる方もありました。
長男のグループは4〜5人の女の子と一人の男の子とのグループです。
長男は、「自分たちのグループばかりに固まらないで、誰かひとりぼっちの子がいたら必ず話しかける様に。」と何回も言ったそうです。
そして、仕事ばかりではなく、ゲーム大会、フリスビー大会もあったそうです。

長男は本当に負けず嫌いなので、グループを引っ張って、どのゲームも1番を獲得したそうです。
夜は隠し芸大会もあり、自分たちで考えながらしたんだそうです。

『ホームレスの家』と言う所にも行き、食事を作る手伝いをしたり、ホームレスの人達と話したりしたそうです。
時には、二人の女の子達が「長男、ちょっとこっちに来てくれない。なんて話しかけていいかわからないのよ。」と言われ、彼女達の所へ行った事もあったとか。

長男 = 服を見たりして、その人を観察して話しかけるんだよ。例えばスポーツのシャツを着ていたら、『スポーツは何が好き?』とかね。

母 = ホームレスの人達は、相手の目を見て話をしないでしょ。ずっと無視され続けているから目を見るって事を忘れるって聞いたけれど。
長男 = うん、まず目を見て話さないね。


帰りに、中学生の牧師と数人の大人から「長男は本当に良くグループをまとめていたね。」と言われたとか。
そして何よりも嬉しかった事は、数人の中学生が「僕も長男のグループだったら良かった。」と言った事だそうです。


長男の話を聞いていると、我が子ながら本当に彼を誇らしく思いました。


もちろんその子の性格もあるでしょう。(うちの子達の様に)
あと7人、長男の様になるように躾けたり教えたりしないといけません。
は〜、なんか凄く遠く、前途多難という感じです。。。
でも主イエス様に頼っていれば、きっと主が道を開いてくださると確信しています。




人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-06-12 15:22 | こども | Comments(6)
Commented by tomokorissen at 2010-06-12 16:47
そんなー次男君の駄目な所ばっかり探さなくってもいいのに。。照れ屋なだけですよ。
Commented by 千絵子 at 2010-06-12 21:42 x
** ともこさん
やっぱりとも子さんは次男のみかたですね。
ありがとうございます。次男も喜びます。
宣教旅行に行っている時には、遊びで行っているのとまた違います。
彼らの言動で、私たちの信じる主イエス様を伝えないといけません。
それに、次男は中学生のリーダーをいつもしているんです。
始めて教会に来た中学生に話しかける役もよくするんです。
だから「照れ屋」なだけではないんです。
Commented by セーラ at 2010-06-13 02:32 x
長男さんと次男さんのは、もう早、宣教旅行 したり、
社会の腐敗の立て直しを話し合ったりするのね・・・
偉いわ!!!

千絵子さんのお子さんたちは、将来、世の中で、
神様の器として、
大きく用いられるのが、間違いなしです!

千絵子さんは、その母、
それこそ、信仰の母のアブラハムの妻サラですね!

Commented by 千絵子 at 2010-06-14 03:56 x
** セーラさん
どうもありがとうございます。
いつもうちの子達には「息をしていても主イエス様を感じさせるような生き方をしないといけない。」と言っていますが、これがなかなかです。
でも、彼ら自身も主イエス様のお力を借り少しずつ成長していってくれていると思います。
>千絵子さんのお子さんたちは、将来、世の中で、神様の器として、大きく用いられるのが、間違いなしです!
その事を心から望んでいます!!
>信仰の母のアブラハムの妻サラですね!
セーラさん、とんでもないですよぉ。。。
私の信仰なんて、強い風が吹けばすぐに飛んでいく糸くずです。
主にあってもっと強い信仰を頂きたいです。
Commented by もみじ饅頭 at 2010-06-26 11:25 x
長男君はほんとうにしっかりしてるね。他人によく目を配るのは、やっぱり千絵子さんと旦那様が良い模範になったからでしょう。 そして長男として頼りがいもあるし~
我が家はなんか反対の様な気がする。 長女はあんまり周りを見ないけど、次女4歳のほうがもっと気が利くというか。。。
それぞれの性格の良いところを褒めながら、弱点も上手く直していきたいものです。
Commented by chieko-2 at 2010-06-26 18:23
** もみじ饅頭さん
気が利くのは次男なんだよね。
「お母さん、お昼はどうするの?なんか作ろうか?」って良く聞くのよ。
でも、多くの人の中に入ると人気者と一緒にいたがる。
つまり中心にいたがるのよね。
何でだろ?!
今その事に付いて注意をしているから、時期わかってくれる時を期待しているんだけれど。。。
>それぞれの性格の良いところを褒めながら、弱点も上手く直していきたいものです。
本当にそうだよね。


<< だだこねマン 膀胱炎 >>