次男 へのお仕置き

前回の記事で、「もうお仕置きをしても効き目がないのでは」とご心配の方がいらっしゃると思うのでここに新たに記事を書くことにしました。

次男は小さいときから何回もお仕置きを受けています。
ひどい時には午前中だけで、4-5回お仕置きを受けたときもありました。
今も、子供たちの中ではお仕置き受けの王様です。

普通の人は、もうお仕置きをしても効き目がない。と思いお仕置きをやめてしまう人も多くいると思います。
(特に日本人の人は多いと思います。)
でもそれは、子供の思う壺です。

お仕置きをやめてしまうと、子供の勝利になってしまうのです。
お仕置きをやめた後の言動は、お仕置きをしていたときよりもひどいものになります。

効き目がないように見えても、「お尻叩きの刑」は、叩かれるとやはり痛いのです。
次男のように友達が多いと、「友達のところに遊びにいけないこと」はやはり辛いのです。
家の掃除のお仕置きも、面倒くさくて時間もかかるからしたくはないのです。

でも、うちの次男はお仕置きを素直に受けます。
何でお仕置きを素直に受けるかお分かりですか?

お仕置きをすることによって、親は次男よりも上の立場にある。親は子供たちの上に権威を持っている。
と知らず知らずのうちに学んでいるのです。


今回、夫がバスルームで次男にお仕置きをした後、次男は大泣きをしました。
彼はフットボール部で活躍をしていました。
鎖骨も折ったことがあり、青あざやちょっとした怪我はいつものことです。試合中に出血が止まらなかったこともあります。
その彼がお尻を叩かれたくらいで大泣きをしたのです。
彼は恥ずかしさなどを捨てて心から泣いたと知っています。

どうして次男が泣いたかお分かりですか?
お仕置きを受けたことにより、素直になれたのです。


夫に、「次男が大泣きをしているときに抱きしめたのか?」と聞いたら、「抱きしめなかった。彼が何を求めているのかわからなかった。」と言いました。

次男に「泣いた後にお父さんに抱きしめてもらいたかったの?」と言うと、「抱きしめてほしかった。」といいました。
彼が「お父さんに抱きしめてもらいたかった。」と言ったのはそれ相当のことです。
あんなに見栄張りで自我の強い14歳の次男が言ったのです。

2年前、次男が本当に反抗をしてひどいときがありました。
その時には私も「次男のことをあきらめよう。彼が自分で選んだことだから。」と思いました。
しかし夫や長男に
それは次男のことをあきらめているんだ。
親としての責任放棄だ!

と言われました。
* この事は前にも記事にしました。いつの記事か覚えていません。

次男にも聞きました。
あなたには本当に手を焼いて疲れ果てる。
両親にお仕置きをしてほしいの?それとも自由に自分勝手に生きていきたいの?
 と。


次男はなんと答えたと思いますか?

諦めずに、きちんとお仕置きをしてほしい。きちんと教え続けてほしい。
と言ったのです。

子供はいくら反抗しても、お仕置きを受けることが親の子供への愛情表現の尺度だったりするのです。

お仕置きを受けているときには腹が立ちますが、親から諦められるよりもうれしいのです。
うちの次男はそのことを素直にいえます。

全く効き目がないように見えても、何回も何回も同じことの繰り返しでも、子供が学ぶまで続けていきます。
それが親としての役目だと信じます。

また、子供にも親は子供の上に権威を持っていると言うことを学び続けてほしです。
そして、その学びの場を子供から取り上げることは親としての罪だと信じます。

だから私たちは、諦めずにお仕置きをし続けます。
(これが本当に大変なんですけれどねぇ。。。 は~~、深~いため息。)


* これはあくまでも私たちの考えです。





人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2011-03-10 00:08 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(35)
Commented by さやか。 at 2011-03-10 02:31 x
ちえちゃーん。

すごいがんばってるね~って
さっきの記事を読んで感動したから
コメントじゃなくて電話したんだけど・・・
電話に出なかったのー。残念。
そして、留守電にも繋がらなかった。。
だからメッセージ残せなくて。(なぜ?話中?)

で、コメント残すことにしよう!と思って
また来たら、、なんという!!
やーー。やー。。やーーーー。あーめん!!

だって、どうしてお仕置きがちえちゃんちで
大切なの、知ってるよ!!
ちえちゃんちのやつって、怖いだけじゃないモンね。
うーん。コメント上でもブログ上でも伝えづらいけど・・
なんていうか、、愛があるんだよね。
相手の一番を考えてやってるって感じがする。
小さい子にするときも、大きい子にするときも。

それは、ここにも書かれてるけど、お仕置きを
与えた後(またはしているとき、その前も)
の千絵ちゃんたちの態度だと思う。
本当にお仕置きをしただけ!ではなくて、
そのあと、ちゃんと話し合ったり、ハグして
愛情表現をするもんね。
そして、なによりも子供たちが怒られたから
謝るっていう態度じゃないもの。
あー。うまく伝わらなくて残念だけど。
(つづく。。)
Commented by さやか。 at 2011-03-10 02:34 x
子育ての真ん中に聖書があって、千絵ちゃんたちが
自分のやったことには刈り取りの時期が必ず来る。
それを家庭の中で教えることの大切さを実践してるよね。だから、私もクリスチャンに大人になってからなったけど、そこから学んでクリスチャンとして歩んでるって言うのは大きいと思うよ。ただただ、彼らに言うことを聞いてほしいから。って言うだけじゃないんだよね。

社会に出てから、言い訳だけで生きていたら誰も信頼してくれないし、神様を愛してる者としての歩みが暗くなってしまうよね。ほんと、それを実践してると思う。

今、結婚前のカウンセリングやってるんだけど、クリスチャン家庭をもつことの大切さ。そこから広がる恵みをまなんでるよ。特にこの間は子育ての話だったし。L家のことを思い出しながら読んでたよー。

あー。ごめん。長くなった割にはうまく説明できてない。

続けてL家のこと、お祈りに覚えています。
らぶゆーーー!



















Commented by pooska at 2011-03-10 04:44 x
うん、わかります。次男君はお仕置きをむしろ受けたがっている。
激しく反抗すれば両親や兄弟が自分に全身全霊を傾けてくれる。
お仕置きに愛なんてなければ罰になりますが、心からの愛が込められていれば、痛くてもそれは罰ではない。
次男君はとても頭が良さそうだから、親御さんの苦労は絶えないことでしょう。
でも。
放棄する・無視する・見捨てるようなことは、親としては絶対にできませんよね。
前のコメントにも書きましたが、ホントおつかれさまです☮
Commented by chieko-2 at 2011-03-10 08:07
** さやか
おぉ~、久しぶりのコメントをどうもありがとう!!
電話も試みてくれたのにごめんね。
いまさぁ、うちのホームフォンが壊れているんだよね。
なんでもコンピューターの回線とつながっているから、その回線と電話線とが、、、。
ややっこしくてうまく説明できないけれどさぁ。
さやかは、うちの子たちが小さいときから知っているから、私たちの育て方もよくわかってくれていると思うよ。
どんなときにも諦めずに、しっかりと親の権威と愛を持って子供に接しないといけないものね。
それがなかなかできないときもあるんだけれどさぁ。
やっぱり主イエス様を知っているからできることなんだろうか。って思ったりするよ。
主イエス様を知らなかったら、とっくの昔に諦めていると思う。
だって本当に次男は大変だもの。
結婚カウンセリングを受けているんだ。結婚前にいろいろと学ぶこともあるものね。
5月が楽しみだよ。フフフ♪♪
ラヴユー
Commented by chieko-2 at 2011-03-10 08:07
** プースカさん
またまたのコメントをどうもありがとうございます。感謝です♪
>次男君はとても頭が良さそうだから、親御さんの苦労は絶えないことでしょう。
そう!! そのとおりなんですよ。
悪知恵が優れているんですよね。まったくもぉ~。。
>前のコメントにも書きましたが、ホントおつかれさまです☮
本当に疲れています。だから夜になったらぐっすりと眠れます(笑
応援をどうもありがとうございます。
Commented by かえる at 2011-03-10 09:02 x
箴言13:24
鞭を控えるものは自分の子を憎む者。子を愛する人は熱心に諭しを与える。
ヘブル12:7
あなたがたは、これを鍛錬として忍耐しなさい。神は、あなたがたを子として取り扱っておられます。いったい、父から鍛えられない子があるでしょうか。

次男君は自分がしたことをわかっていて、ご両親からのおしおきを
受けることを幸せと思ってる。見離されていない証拠だから。
そしていつか彼がお父さんになった時にわかるんじゃないかなあ。
千絵子ママやパパの悲しみを持った忍耐の祈りを。
次男君、愛されてると知ってるから自信を持っていろいろしでかしてる。
いつかしなくなる、大人になる、神さまに導かれながら、、、ネ!
祈ってます。


>子供にも親は子供の上に権威を持っていると言うことを学び続けてほしです

コロサイ3:20
子供たち、どんなことについても両親に従いなさい。それは主に喜ばれることです。アーメン、

家庭の秩序を守ることは主のご命令ですね。
千絵子さんご一家の上に神さまのお守りを祈ってます。

次男君、神様にもご両親にも兄弟姉妹にも友にも愛されてますね!
Commented by noa at 2011-03-10 19:43 x
前回の記事も読みました。
私は日本生まれの日本育ち日本在住の日本人なので、ちえこさんのお考えのお仕置きってどうなんでしょう?と疑問を持っています。

>お仕置きをやめてしまうと、子供の勝利になってしまうのです。
お仕置きをやめた後の言動は、お仕置きをしていたときよりもひどいものになります。
と書かれておりますが、勝ちとか負けとかそういう問題ではないように思います。

次男くんの悪さは度が過ぎてるように思いますが、子供って悪さをしてしまうものじゃないでしょうか。


Commented by 千絵子 at 2011-03-11 10:36 x
** かえるさん
>箴言13:24
鞭を控えるものは自分の子を憎む者。子を愛する人は熱心に諭しを与える。
>ヘブル12:7  コロサイ3:20
アーメンです!!
子供を愛しているから、親として正しい事を教え続けていかなければいけないと信じます。
でも、どうしてこんなに苦労をしなくてはいけないんだろう?なんて時々考えたりします。
でも、主のご計画で私達に授けてくださった次男。
主の頼りながら頑張ります。

Commented by 千絵子 at 2011-03-11 10:39 x
** noaさん
こんにちは。
あなたはお子さんがいらっしゃいますか? しかも中学生のお子さんがいらっしゃいますか?
子供もいろいろありますが、自我の強い子ほど親と対立をします。
その時に、親が子供の言う事に流された時に、子供は親よりも上の立場を取ります。
それを「子供の勝利」と言います。
>勝ちとか負けとかそういう問題ではないように思います。
大いに問題です!!
子供は親に勝ったと思うと、親に対して敬意を全く払わずに、親に対してひどい言動を取ります。
「あっちにいけよ!くそばばぁ!部屋に入ってくんな!」とか親を親とも思わない言動をとる子達は、親に勝っているから(親をバカにしているからと言った方が良いかもしれませんね)そんな言動を取るのです。
あなたはそんな子達を見た事はありませんか?日本に住んでいらしたらそんな話は良く聞くのではないですか?
>子供って悪さをしてしまうものじゃないでしょうか。
その通りです!!
子供は罪の固まりですもの。
その悪さを、「して当たり前。仕方ない。」と流すのではなく、親が自分の子供にきちんと「善悪」を教えないといけないと信じます。
それが躾だと信じます。
Commented by pooska at 2011-03-11 12:33 x
私が中学生だった頃は「あっちにいけよ!くそばばぁ!」とか親に言う子がよくいたような記憶がありますが、今は「友達親子」という奇妙な親子(特に母子)が多いです。
一見仲良しで穏やかですが、これって絶対おかしいですよ。
「友達親子」ですから、親に対して敬意なんて払いません。
親を同級生と同等あるいはそれ以下として扱っているわけで、親が子との摩擦を避けるべく大幅に譲歩しているだけで、子は親をバカにしているのです。
子が親と対等な口をきけるのは大人になって独立してから!と私は思います。
Commented by 千絵子 at 2011-03-11 13:39 x
** プースカさん
今は「友達親子」なんですかぁ。
よっぽど親は子供に気を使っているんですね。
それで躾はできているんでしょうか。
もう躾なんてあきらめているんでしょうか。
それとも親自身が、躾をされていないので、子供にどのようにして躾をして良いのか分からないのでしょうか。
>「友達親子」ですから、親に対して敬意なんて払いません。
払わないでしょうねぇ。
自分の必要な物だけ(例えばお金とか)もらって後は自分の好きな事をしているのでしょう。
それで子供達は、「敬意を払う」と言う事は誰から学ぶのでしょうか?
学校なんでしょかねぇ。。。
>子が親と対等な口をきけるのは大人になって独立してから!と私は思います。
大賛成!!!!
Commented by noa at 2011-03-11 14:53 x
私にも子供は三人います。まだ小さい子ですが。
アメリカと日本のしつけの仕方の違いなんでしょうね。
ちえこさんはいつまでお仕置きをされるのでしょうか?
次男くんが20歳になっても悪さをしていたらお仕置きするのですか?
子供は罪の固まりとはひどい言い方だと思います!!
Commented by Luka at 2011-03-12 00:01 x
ちえこさん
はじめまして、いつもログ楽しく拝見し、勉強させていただいてます。
うちには4人の子供がいますが、悪いことをした時はお仕置きをしますので、ちえこさんの考え方に賛成です。。
noaさん、さしでがましかったらごめんなさい。
ちえこさんのおっしゃる”罪”という意味は犯罪や悪行という意味でなくクリスチャン的な”すべての人間がもっている罪”ではないかと思います。(ちがっていたらごめんなさい、ちえこさん)子供の罪は即ち無知です。赤ちゃんがオギャーと産まれて一から言葉、食事の仕方、排泄などを親が教えるように子供に何が正しいことかいちいち教える必要があると思います。
次男君は20歳なってもお仕置きをされていると思いますか?ちえこさんのように次男君を育てていれば20歳になるころはちゃんと親に対する尊重の態度ができていると思います。次男君のようにフットボールで鍛えている子は20歳のころは親の力よりはるかに強くなっているでしょう。その時に”ああ、もっと小さい時にちゃんと親の尊厳を教えておけばよかった”と思うのは遅すぎです。ちなみに私はわが子が間違いを犯したら20歳だろうが30歳だろうがお仕置きするつもりです。

Commented by 千絵子 at 2011-03-12 01:30 x
** noaさん
Lukaさんのコメントを読んでください。
私の言いたい事は全てLukaさんが書いてくださっています。

**  Lukaさん
はじめまして。コメントをどうもありがとうございます。
こんなにしっかりと私の考え方を分かってくださる事に感謝です。
>”罪”という意味は犯罪や悪行という意味でなくクリスチャン的な”すべての人間がもっている罪”
全くその通りです!!これは多分クリスチャンでないと分かりにくいかもしれません。補正のコメントを本当にありがとうございます。
Lukaさんは4人のお子さんがいらっしゃるのですか。
クリスチャンだから同じ考えの育て方、「愛の神である主イエス様を中心とした育て方」という通じるものがあるのでしょう。
>ちなみに私はわが子が間違いを犯したら20歳だろうが30歳だろうがお仕置きするつもりです。
アーメン!!
Lukaさんがこうしてコメントを残してくださった事を、主イエス様によって感謝します。
Commented by pooska at 2011-03-12 14:18 x
20歳になれば、もうオトナ。さすがに言動や態度もオトナになっていると思います。(もちろん例外もあるでしょうけどね。次男君は誰よりも頼りがいのあるオトナになるのではないでしょうか?)

成人した子があやまちをおかしたら、私だったらどうするかな・・・
もう独立していれば、お仕置きは無いですね。
でも、意見はすると思います。
親子ですしね。

私はクリスチャンではありませんが、「子供は罪のかたまり」という意見に賛同します。
子供が生まれながらの純粋無垢な天使だとは思いません。
でも彼らはいとおしい特別な存在ですけどね。
Commented by チェブラーシカ at 2011-03-12 14:42 x
こんにちは。初コメントです。
Chiekoさま
初めまして、いつもブログでしつけのことだけではなく他のことも、とてもためになる記事を読ませていただき感謝しております。Chiekoさまのご家庭の記事の更新を心から楽しみにさせていただいている、チェブラーシカと申します。
初めてコメント致しますのに、横の方に致しまして申し訳ございません。どうしても気になってしまったので、コメントを投稿させていただきました。もしも出すぎてしまい不適切でしたら、削除なさってください。お手数をおかけしまして、大変恐縮です。

noaさま、
まず、私はnoaさまのことを悪く思っているわけではありません。
意見を言う場合のアドバイスだと思ってお聞きください。決してnoaさまに悪意を持って書いてはおりませんので、どうか一度お目を通されてくださいますでしょうか。

他の方にご意見をなさる場合なのですけれども、

1、自分の意見
2、その根拠

を述べられることが必要だと思います。
Commented by チェブラーシカ at 2011-03-12 14:43 x
(続きです)
と申しますのは、1だけですと「感覚語」のみになってしまい、他者はその言葉を発した理由が分からないと思います。感覚語のみは客観性を欠くことに多くつながるからです。
例えばある人が、何かの絵を見たときに「かわいーい」「へーん」「すてきー」といった、自分の感覚のみを表現して、「なぜそう思ったのか」を言わないことがあったとします。それだけでは、残念ながら「意見」というには不十分です。それは主観のみで構成された、「感想」でしかないと思うのです。私たちは他者ですし、感覚は違うほうが自然だと思いますが、どう思われますか。
ある人にとっては「きれい」な絵が、ある人にとっては「へん」だったり「へた」だったり、どうしてそう思うのか?意見を交わす際に、他者が必要としているのはそこの部分なのです。


Commented by チェブラーシカ at 2011-03-12 14:45 x
(続きです)
私が個人的に気になりましたのは(ピックアップしてしまってごめんなさい。文字だけですと、少し厳しい書き方に見えるかもしれませんが、つるしあげるといったような意図を持って指摘している訳ではありませんので、どうぞお許しください。)noaさまの書かれた以下の点です。あくまで、横から拝見しました私の気になった点ですので、Chiekoさまが何かを感じられた点ではございません。

******
>私は日本生まれの日本育ち日本在住の日本人なので、ちえこさんのお考えのお仕置きってどうな>んでしょう?と疑問を持っています。

→「どうなんでしょう?」とはどういう意味なのでしょうか?漠然としていて、noaさまが何を心に気に掛けられたのかが、拝読している側からは分かりにくいように思われます。他者同士、また顔の見えない文字だけでのやりとりですので、「そのようなことは言わなくても分かる」や「常識だから」という理由は、異なる自我を持った者同士の間では理由とならないのではないでしょうか。
Commented by チェブラーシカ at 2011-03-12 14:46 x
(続きです)
また、日本生まれの日本育ち日本在住の日本人なのでという部分も、根拠になるのは難しいと思います。日本で生まれ、育ち、住んでいたら、「なぜ」そう思われるようになりますか。

>お仕置きをやめてしまうと、子供の勝利になってしまうのです。
>お仕置きをやめた後の言動は、お仕置きをしていたときよりもひどいものになります。
>と書かれておりますが、勝ちとか負けとかそういう問題ではないように思います。

→私にはこの文の後に「なぜなら・・・」という理由の文が必要だと思われました。
では、何とお考えになってらっしゃいますか?

>次男くんの悪さは度が過ぎてるように思いますが、子供って悪さをしてしまうものじゃないでしょうか。

→ここにも根拠が必要に思われるのですが、いかがでしょうか?
Commented by チェブラーシカ at 2011-03-12 14:47 x
(続きです)
>アメリカと日本のしつけの仕方の違いなんでしょうね。


→何を根拠(理由)に違うのでしょうか?

>ちえこさんはいつまでお仕置きをされるのでしょうか?
>次男くんが20歳になっても悪さをしていたらお仕置きするのですか?
>子供は罪の固まりとはひどい言い方だと思います!!

→最後の文章にも、私は「なぜなら」の理由が必要だと思います。


*****
noaさま、本当に私はnoaさまに何か恨みがあるですとか、横から今腹を立てながらこの文章を書いてはおりません。また、上記のnoaさまの文章に「さあどうだ。理由があるのなら言ってみろ!」と理由を書かせるために書いてもおりません。私が申し上げたかったのは、あくまでコミュニケーションの方法のtipsです。
Commented by チェブラーシカ at 2011-03-12 14:49 x
(続きです)
繰り返しになってしまいますが、こうやってピックアップさせていただきました文字面がきつい印象を与えてしまったら申し訳ありません。

客観性の裏付けがなされていないことばというのは、自身の主観の感覚を「いいっぱなし」という形で終わらせてしまうことが多いと思います。それは、言われる側には「どんな理由で相手にそういうことを言われるのか分からない不安感」を与え、言う方には理由があっても書き添えないことで「自分の思いがうまく伝わらない悲しさ」をもたらすと思います。


ブログの持ち主でいらっしゃるChiekoさま、私のブログでもありませんのに、外の人間の私が自分の考えを長々と書きこんでしまって申し訳ありませんでした。

遠く日本からですが、エールを送らせていただきます。

チェブラーシカ

Commented by くみっくす at 2011-03-13 12:40 x
ちえこさん
お久しぶりです!(覚えていらっしゃるかわかりませんが、ミクシーのくみっくすです)いつもブログを読ませていただき、そしてとても励まされています。あきらめないでしつけをし続けるということは本当に大変だと思いますが素晴らしいことだと思います。次男さんも心の奥底ではわかっているんですよね。しつけをうけるということは、愛されている証拠だということを。天のお父様も私たちをしつけてくださりますものね。次男君自身もいつか、素晴らしいお父さんになると思います。
Commented by 千絵子 at 2011-03-14 04:06 x
** プースカさん
私もプースカさんはクリスチャンではなくとも、私と同じお考えなんだろう。と思っていました。
20歳になったときのお仕置きは、子供が大学生なので援助を減らすとか、でしょうか。
30歳40歳になる頃には、私たちの考えを受け継いでいてほしいですよね。

** チェブラーシカさん
あなたの説明は本当にわかりやすいです。
こんな賢いおかたが、私などのブログに遊びに来てくださっていたなんて感激です。どうもありがとうございます。
チェブラーシカさんの文才で私のブログを読まれたら、間違いがたくさん見つかるのではないでしょうか。
忍耐を持って読んでくださる事に感謝です。
このnoaさんというお方、前から同じような文面でコメントを残しているお方です。
いくら名前を変えても、文面から来る人間性は隠せません。
チェブラーシカさん、今後ともどうぞよろしくお願いします。

** くみっくすさん
もちろんあなたのことは覚えていますよぉ~!!
今回はコメントを本当にありがとうございます。
次男のことは忍耐を持って、時には金切り声を上げながらがんばります。
応援をどうもありがとうございます。
Commented by QP-azumi at 2011-03-18 19:07
最近子育てに(とくに二男に対して)悩んでたので、
この記事読んでやっぱりそうか~と改めて思いなおしました。
どんなに嫌になっても、諦めるなんてだめですよね。
勝手ながらブログで紹介させていただきました。
千絵子さんの子育て論は私の指針となってます!
Commented by 千絵子 at 2011-03-21 13:33 x
** あずみさん
あずみさんのお宅の次男君もうちと同じ様に手がかかるのでしたね。
2番目ってどうしてこうなんでしょうね(笑
>この記事読んでやっぱりそうか~と改めて思いなおしました。
>どんなに嫌になっても、諦めるなんてだめですよね。
あずみさん、あなたばかりでなく私達夫婦もうちの次男に対して奮闘しています。
あずみさんの次男君だけではない、アメリカでも大変な思いをして子育てをしている人がいるっていつも思っていてくださいね。
一人じゃないって思ったら力がわいてくるかもしれませんから。
諦めたら、子供が権限を握る事になります。
同じ事の繰り返しでもお互いに頑張りましょうね。
彼らが大きくなった時に、きっと感謝をしてくれると信じます。
Commented by t0 at 2011-06-05 04:26 x
 今さらという感もありますが、気になったのでコメントさせていただきます。noaさんが批判されてますが、こんなに批判されることでしょうか?

 チェブラーシカさんの批判は、noaさんのコメントは根拠が不明である、というところにあると思われますが、「納得できない」ということを表現するのに、いちいち明確な根拠づけがなければならない、というものではありません。そもそも判断というものは必ずしも明確な根拠があって下されるものではなく、なぜだかわからないが納得できない、ということも人間には少なくないからです。もちろん論文であれば、根拠がないのは問題ですが、単なるコメントであれば、根拠がないからといって目くじらを立てるものではないでしょう。

Commented by t0 at 2011-06-05 04:27 x
ついでに申し上げますと、noaさんのような考え方は平均的な日本人の「子供観」を代表するもので、「子供は純粋で無垢であり、善なる存在であるから、そのまま自然にのびのびと育てるべきだ」という考え方に立っているものだと思います。当然問題もあるでしょうし、ちえこさんのような考え方にも一理あるのだとは思いますが、しかし日本人はそのような考え方で、長い間、礼儀正しくて勤勉な国民を育んできたことも事実なのです。ですから、根拠がないと言ってnoaさんのような考え方を切り捨てたり、ましてや「文面から来る人間性は隠せません」なんて、ちえこさんのように考えなければ、人間性に問題があるかのように言われてしまうのは、残念です。これでは日本人の多くは、欧米人よりも人間的に劣っていることになるでしょう。
Commented by chieko-2 at 2012-11-26 06:32
**  t0 さん
あなたのコメントに気づきませんでした。ごめんなさい。
>単なるコメントであれば、根拠がないからといって目くじらを立てるものではないでしょう。
このチェブラーシカさんは、目くじらを立てているのではなく、noaさんに疑問点を投げかけていらっしゃるのだと思います。
>「子供は純粋で無垢であり、善なる存在であるから、そのまま自然にのびのびと育てるべきだ」という考え方に立っているものだと思います。
と言う事は、親はなにも教える事はないという解釈ですよね。
>長い間、礼儀正しくて勤勉な国民を育んできたことも事実なのです。
今の子達も昔の様に、礼儀正しく勤勉と言えますか?
昔は良くというか、私の小さかった頃は「人様に迷惑をかけたらいけない。」と言う教えを親から聞いていました。
今もその教えをする親を良く見かけますか?
私の言いたい事は、Lukaさんがコメントに残してくださっていらっしゃるので、Lukaさんさんのコメントを読んでみてください。
Commented by Ava at 2016-01-19 12:10 x
アメリカ在住ですがこちらでも大変時代遅れの考え方だと思います。(アメリカの場合このような躾を公にされたら虐待で通報されかねますよね。)このような躾の仕方が負の結果しかもたらさないことは児童心理の世界では様々な研究で明らかにされてますよね。特に3歳以前なんて痛みを与えられたことしか認識してません。しっかりと親子の愛情/信頼関係が築きあげていれば そもそも子供もここまでの問題行動はおこさないのではないでしょうか。(少なくとも私の3人の子供たちや私の周囲のお子さんたちは みな素直で健全に成長しておりますヨ)
Commented by chieko-2 at 2016-01-20 07:32
** AVAさん
そうですか。
それは良かったですね。
Commented by 不思議 at 2017-02-12 19:12 x
そもそも、ジーザスとゴッドってどう違うんですか?
ジーザスっていってみたり、オーマイゴッドっていったり
してますよね?主ってだれ?
クリスチャンてものすごい他力本願で、なんでも神様が
神様がって、オカルト?ですよね、いないしそんなもの。
子供をもので叩くなんてただの虐待ですよ。
宗教を引き合いに存在しないもののせいにしないで
ください。手をあげるのはもってのほかです。
Commented by 不思議 at 2017-02-12 19:12 x
そもそも、ジーザスとゴッドってどう違うんですか?
ジーザスっていってみたり、オーマイゴッドっていったり
してますよね?主ってだれ?
クリスチャンてものすごい他力本願で、なんでも神様が
神様がって、オカルト?ですよね、いないしそんなもの。
子供をもので叩くなんてただの虐待ですよ。
宗教を引き合いに存在しないもののせいにしないで
ください。手をあげるのはもってのほかです。
Commented by chieko-2 at 2017-02-13 06:22
** 不思議さん
あら、昔の記事を読んでくださってのコメントですね。
> ジーザスとゴッドってどう違うんですか?
これは、キリスト教のGodのことを聞いておられるんでしょうか?
それぞれの宗教で、神と崇めるものがありますが、キリスト教の場合はジーザスと神は一体です。
> オーマイゴッドっていったりしてますよね?
私は言いません。そう言う言い方をする人はキリスト者ではありません。
> 主ってだれ?
私の神様です。私をお創りになられた主です。
> クリスチャンてものすごい他力本願
世の中には、いくら頑張っても人間の力では動かせない何かがあります。
そんなことに遭遇したことなどありませんか?
私はたくさんあります。
私は、偶然とか全く信じないんです。すべて神様のご計画と信じています。
自分達で出来る限りのことをしたあとは、すべて主イエス様のご計画に任せると言うことです。
他力本願って仏教ですよね。
すべて他人にしてもらうって考えでしょうか。
私達とはだいぶ違う考え方です。
>子供をもので叩くなんてただの虐待ですよ。
ただ叩くだけではそうです。
あなたは私のブログの記事の最後の「子供のしつけに関しては」のところを読まれましたか?
もし読まれていないのであれば、読まれてからコメントを残してください。
Commented by 不思議 at 2017-02-13 14:19 x
読みましたよ。何度読んでも叩いた後にハグして愛してるよとか気味が悪いです。
神様なんてこの世には存在しません。
全てはあなたのご先祖さまのみぞ知る、ちなみにキリスト教の方ってクリスチャン以外人間だと思ってないですよね。仏様は情がありますが、キリストは残酷で冷たいです。アメリカに移住された理由も、子沢山な理由も
日本人からかけ離れた方なだけに超越してますね。
クリスチャンは夫の性奴隷になるそうですね。
セックスが嫌いな女性や、子供が欲しくない女性は
お仕置きを受けるのでしょうかね?
とにかく虐待はやめましょう。虐待自慢も恥ずかしいです。他州に住まれなくて良かったですね。バイブルベルト以外は通報され、チャイルドアビューズで逮捕されます。
Commented by chieko-2 at 2017-02-13 21:17
** 不思議さん
そうですか。
すべて読まれたのであれば、あなたと私とでは全く違う考え方ということですね。
世の中、全く同じ考え方ばかりでなくてもいいと信じます。だから個性が出てくるわけです。


<< 手抜き料理 次男のせいで >>