長男と彼女

人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。




今週末は長男の誕生日で、長男と長男の彼女が来ました。

だいぶ前のことですが。
夜寝る時に、「先に寝るねぇ。」と言って、私たちは先に寝ました。
次の朝、「あれからどうしたの?」と長男に聞いたら、「彼女のベットルームで映画を見た。」とのこと。

うぅ〜ん、、。。。。
母はちょっと気に入らない。
一時してから、長男と彼女がいるところで意見。

映画を見るのは良いけれど、彼女の部屋で、二人っきりで、しかもベットの上で映画を見るのはどうかな?
誘惑という悪魔の力を軽く見たらいけないわよ。
彼は本当に力を持っていて、小さな心の隙間から入ってくるのよ。

すると長男が、ちょっと嫌な顔をして私に意見。

母さん、僕達が二人っきりになるときには、いつも必ずドアを開けている。いつでも誰でも入ってきても僕達は何もやましいことをしていない。だからドアを開けられるんだ。母さんがいつ入ってきてもいいよ。
僕たちは、誘惑という名の悪魔がどんなに力を持っているか知っている。
だから誘惑に陥るような場所などには決して行かないし、自分達をそんな環境から守っている。

そうだったのね。
自分達で気をつけていることを、母から言われてイラッとしたのね。
ということがありました。


日曜日。
教会から帰ってきてから、長男の彼女と話をする時間がありました。
彼女は、友達2人と3人で3つのベットルームがある家を借りているとのこと。
でもその二人が、それぞれの恋人をアパートに連れてくるのは良いけれど、ドアを閉めて二人っきりで過ごすんだそうです。
長男の彼女は二人のルームメイトに意見。
「あなた達の恋人が家に遊びに来るのは良いけれど、ドアを閉めて二人っきりで部屋にいるのは賛成できない。
誘惑に陥るような環境を作るべきではない。
恋人が来たら、みんなのいるリビングルームで過ごすべき。
私たちはどんな時にでも主イエス様を持つキリスト者として生きないといけないと信じるわ。」と。

そして、男の子たちが女の子の家にいられる時間は夜中の12時まで、それ以降は男子出入り禁止なんだそうです。
アメリカの大学生は、平日は勉強で忙しいので、夜中の12時というのは週末のことを言っているのでしょう。

母は、長男たちの交際が主イエス様中心であることに感謝です。










子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。






[PR]
by chieko-2 | 2017-04-24 05:40 | こども | Comments(0)


<< うめ 陸上競技会 >>