独り言

正しいニュースがどこまで日本に届いているかわかりませんが、いま北朝鮮の話題でいっぱいです。
正しいニュースと言ったのは、CNNは誤報のニュースとアメリカでは言われていて、でも世界ではCNNのニュースを真実と信じている国が多いからです。
CNNの視聴率は、カトゥーンネットワーク(漫画チャンネル)よりも下回っていると聞きました。
つまりアメリカではあまり視聴されないニュースチャンネル。

でも日本にいると、やっぱりCNNを重要視されるんでしょうね。

さて、その話はおいておいて。
北朝鮮がアメリカまで届くミサイルを開発したと言われます。
なんでも、宇宙に一回飛び出してからニューヨークやサンフランシスコに向うと聞きました。
そして、核爆弾を仕掛けられるミサイルとか。

核爆弾。
核兵器を作るには、ウラニュームが必要です。誰がウラニュームを北朝鮮に上げたとご存知だと思います。
アメリカだ!!とは考えないでほしいです。(もちろんアメリカなんですが)
上げたのは、民主党のクリントン大統領です。

そして、核兵器を作っているイラン。
オバマ大統領はイランに、平和のための資金と言って何兆円も寄付をしました。

もちろんオバマは民主党です。

二人の大統領のお陰で、北朝鮮とイランの2つの国が核兵器をを作っているんです。
そして、他の国々を脅かしている。
これって何!

こちらが優しくしするから、向こうも絶対に温和な考えになる。
約束をしたんだから、絶対に約束を破るようなことはしない。
そう考えたのが、クリントン大統領とオバマ大統領。
果たしてそれが正しかったのか?
独裁者にその考えが通じたのか?
独裁者にとっては、馬鹿なアメリカが**をくれた、これ幸い!と思わなかったのか。


1ヶ月前だったか、新たに日本は北朝鮮に対する協定をアメリカと結んだと報道がありました。
どんな協定だったか忘れましたが、何かあったら北朝鮮に対して即座に対応をするとか言うようなものだったようなぁ。。

アメリカに届くミサイルを開発した北朝鮮。
なんでも、40分以内でアメリカ本土に届くとのこと。
それくらいのミサイルと持っている北朝鮮からすると、日本や韓国にミサイルを打ち込むのは簡単なこと。
そのことを日本人はどう受け止めているのかしらと思ったんです。

テレビ番組を見ると、いつもと変わらず。
こんなに緊迫した状態なのにみんな北朝鮮のことを知っているのかしら。
なんかどこかの遠い国の話とでも考えているのかしら?
なんて思っちゃったんです。

この冬、韓国で冬季オリンピックがありますよね。
ちゃんとオリンピックを開催できるでしょうか?

日本からすると、すぐお隣の北朝鮮でそれが起こっている。
この緊迫した状態を、日本国民はどう受け止めているのだろう。

と思ったんです。


[PR]
by chieko-2 | 2017-08-10 21:42 | Comments(0)


<< 四男 信仰 >>