全くのうちの三男



人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村応援のクリックをお願いします。




先日、夜中に何か音がしたんです。
ガチャガチャっと、ドアの音。
ガサゴソと何かが動く感じ。
私は、「誰かが家に侵入している?」と感じたんです。
寝ている夫を起こすのはかわいそうと一人で階下へ。
階段を降り、階下の電気をつけ、各部屋を回ります。
誰もいない。。
なんだぁ、気のせいかぁ。

次の朝、朝食の時にそのことを話したら、三男も同じ事を。
三男 = 「誰かが家の中に侵入している。」と感じた。

とのこと。
そこで母は。
母 = え、どうしたの? 家の中を見ようとは思わなかったの?

三男 = 思わなった。怖かったからベットの中にくるまっていた。

母 = なんなの!!男の子なのに!

まったくもぉ~、怖かったからベットにうずくまっていたとは何事!!
弱いなぁ!勇気がないなぁ。
母の方がずっと強いじゃないの!

三男は、何かあっても当てにならない! と確信した母でした。
他の子たちは爆睡。

結局、私たちが聞いた音は、木の枝が窓にあたって、風が吹くたびにガサゴソと音を発していたんです。
その夜は、結構風が強かったんです。








子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。



[PR]
by chieko-2 | 2018-01-03 13:20 | こども | Comments(0)


<< サンフランシスコ行き アメリカのお正月 >>