教会の家庭パーティー

日曜日の教会では、先週あったVBSの歌を、教会の人達に披露するのから始まりました。

b0091689_3422647.jpgb0091689_3425439.jpg沢山の子供達が元気良く歌いました。
皆の写真の方には、長男、三男、四男、娘がいるのですが見えるでしょうか。

次男はもっとはしにいたので、写真には入れませんでした。



教会が終わってから、、、。

教会が終わってすぐに、私たちのグループの家庭パーティーがありました。
ホワイトさんご夫婦のお宅に招待されて、彼らの家でパーティーでした。

道路から家まで、200メートルくらいありました。
その間に、車が4−5台止められる車庫もありました。
家い入ると、ポイエィがあり、階段がドーンとあり、その左側にはお客さん用のダイニング。
b0091689_3594487.jpgb0091689_40275.jpgb0091689_402090.jpg


奥に入ると、台所が左側、リビングが右側にありました。台所にはオーブンが2個もあるのです。
台所の前には、家族のダイニングテーブルがあり、それを通り過ぎて奥へ行くと、マスターベットルーム。
暖炉は1階だけでも3カ所以上はありました。すごすぎる!!
b0091689_451040.jpgb0091689_453181.jpgb0091689_455656.jpg


外へ出ると、プール、子供の遊び場、そしてボートデッキ。全て彼らの持ち物です。
b0091689_493340.jpgb0091689_495717.jpgb0091689_4101757.jpg


子供達も勿論、ボートに乗せてもらいました。
私は、教会の人達とだべってばかり、赤ちゃんは皆にいだっこされていました。
私がいると、赤ちゃんは私に来たがるので、「あなたは、どこかにか行って。」と追い出されました。b0091689_4133075.jpgb0091689_4135233.jpg

総勢、70人くらいの集まりでした。

ホワイトさん家は、裏から見ても素晴らしい!

ボートデッキで、飲み物を飲みながら、風に吹かれていると、何だかヴァケーションにきた様な気分になれました。

今年は、夫の仕事が忙しく、全くヴァケーションに行けないので、せめて雰囲気だけでも味わえて感謝です。
こんなにお金持ちなのに、少しもそれを感じさせません。
教会の奉仕も良くされる人達です。
やはり、主イエス様を愛しているので、謙虚に生きていらっしゃるのでしょう。



人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-13 04:26 | アメリカの家 | Comments(7)

VBS 2 (ヴァケーション バイブル スクール 2)

昨日に引き続き、VBSの記事です。

私は、2000年前のジュウリスラムの町で、マーケットで香水屋さんのお店をしました。
時間ごとに、それぞれのトライブ(部族)の子供達が、それぞれのお店を訪れ、色々な物を作ります。

月曜日と水曜日には動物も参加してのVBSでした。
ミニチュアやぎ、そして手前に見えるのがジャンボウサギ、一緒にいるとどっちがウサギでどっちがヤギだか分かりません。
その他、ラマやラクダも来ていました。勿論子供達も大喜びでした。
右の写真は、ローマ人の法律を教えている所です。
うちの娘、右下に写っているのですが、全く話を聞いていない様子が分かりますよね。
b0091689_51354.jpgb0091689_5134272.jpgb0091689_5143416.jpg

香水は、色々なにおいの木の実や、種などをすりこぎですって、小さなビンに入れて、オリーブオイルを入れて出来上がりです。
結構子供達に人気のあるお店でした。
b0091689_522295.jpgb0091689_5205429.jpgb0091689_5213075.jpg

もちろん、マーケット中央では「寸劇」もあります。この日は羊飼い達が「いきなり天使が空万遍に現れて、『主イエス様の誕生!!』って賛美をして現れたんだ!!」と言う話でした。

四男がいるお店は、パン屋さん。
パン生地をこねる所です。もちろん、子供達が遊んだ後は捨てていました。
最後の写真は、シナゴーグ(日本語で何と言うんだったかなぁ。。まぁ、ユダヤ教の教会の様な所です。)
男の子は全員、頭にこのような帽子の様な物をかぶります。
四男が食べているのは、アメリカの大きな赤ピーマンです。
b0091689_5262171.jpgb0091689_526449.jpgb0091689_527226.jpg


b0091689_5352638.jpg赤ちゃんは、私たちがVBSをしている間、預かっていてもらいました。

彼女をむかえに行ったらなんと 、ダブルストーラーではなくトリプルストローラーを見つけました。

うちの教会、誰か三つ子を持っている人がいるのかなぁ??
良く考えてみたら、年子の下に双子が生まれた家族でした。



人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-11 05:40 | 教会 | Comments(5)

VBS (ヴァケーション バイブル スクール)

今週は教会で、VBSがありました。
VBSとは、ヴァケーション バイブル スクールと言い、教会で聖書の事を学ぶ週です。

アメリカではだいたいどの教会も、夏休みになると始めます。
子供達に、聖書の事、イエス様の事、教会の事を楽しみながら学んで欲しいと言うのが目的です。

私たちの教会は、2000年前のエスラエルにタイムスリップします。
去年はベツラハムと言う町でしたが、今年はイエス様がお生まれになった、ジュウリスラムと言う町の話です。

月曜日から金曜日、朝の9時から12時まで、3時間の教会遊びです。
(他の教会は夜にする所もあります。ご両親の手伝いが多いいからと言う考えからです。)

それぞれ12の部族に別れます。
全くイスラエルの12の部族と同じ様にし、また同じ名のグループを作ります。
今年は同じ年の子だけの集まりにしてありました。

うちの長男は13歳で、トライブ(部族)の補助リーダーでした。
それぞれのトライブには5−10人くらいの子供達で形成されます。
補助リーダーは、リーダーと一緒に子供達の面倒を見ます。

私は、ジュウリスラムのマーケットのお店、香水屋さんになりました。

もちろん、ローマ軍の兵隊もうろうろしています。
2000年前のイスラエルの文化を学ぶと同時に、一日に1回「寸劇」がありました。
ジョセフとマリア(イエス様の両親)が町に入る所から、学者達がイエス様にプレゼントを持って行くまでのストーリーが一週間を通してありました。

b0091689_123237.jpgb0091689_1234880.jpgb0091689_124854.jpg

子供達も大人も、参加している人は全て衣装を着ないといけません。これがまた楽しいのです。
b0091689_1243187.jpgb0091689_125938.jpgb0091689_1293052.jpg


一週間本当によいお天気を主が恵んでくださいました。
次回は、私の香水屋の記事や写真を載せます。



人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-10 12:18 | 教会 | Comments(4)

赤ちゃんの裁判

水曜日は預かっている、赤ちゃんの裁判の日でした。

私は歯医者さんの予約が1ヶ月以上前から入っていたので、裁判所には行かず、歯医者さんに行く予定でした。

でもその朝、歯医者さんから電話がありました。
「フロリダからわざわざ来る患者さんが、来週の予約なのに、今週と思って間違って来てしまったんだけれども、あなたと代わってくれない?」

「これは主イエス様が行けと言っていらっしゃるのかもしれない。」と確信して、裁判所に行きました。

裁判は1時半からで私は1時には裁判所に着きました。
行ったら、赤ちゃんのお母さんとおばあちゃんがいました。
お互いにハグをして挨拶を交わしました。

1時半からなのに、いつまでたっても始まる気配はありません。
なんでも、市のコンピューターがダウンしたとかで、赤ちゃんのケースワーカーが遅れてくるとの事でした。

1時半過ぎに、赤ちゃんの母親の雇った弁護士が来ました。
(彼らはお金がないので、お金を借りて雇ったそうです。)
何でも、この街で一番の弁護士だと、赤ちゃんのおばあさんが教えてくれました。
この街で一番の弁護士かもしれませんが、全く礼儀を知らない人間でした。

まず、私をずーっと凝視して、言った言葉が「あんた誰!!」でした。

「私は里親です。」というと、

「あーぁ、里親ねぇ、、、。母親じゃぁないってことだね。。。母親はあなただよね。(赤ちゃんの親を指差して言う。)」
まずそこで、カチンときました。

その他にも一言二言、他の人と話をしましたが、いかにも「自分はこの世で一番頭がいい」と信じている、人を見下し、人を人として扱わないふてぶてしいひどい態度。蛇(悪魔)の様な鋭い目。

彼の言った言葉で、赤ちゃんのおばあさんなど、愛想笑いなどをしていましたが、私は彼を見る気にもなれませんでした。

「ひどく無礼な人ですね。」と、赤ちゃんのおばあちゃんに言うと。
「彼は冗談を言っているのよ。」と笑いながら言いました。
冗談で、こんな不愉快な思いはしたくありません。


それにしても、赤ちゃんのケースワーカーが裁判所に着いたのは1時間半も遅れてでした。

赤ちゃんの名前が呼ばれ裁判になりました。(赤ちゃんは家でお留守番。)

その裁判所に入る時にも、私は赤ちゃんのおばあちゃんの後に入ろうとして歩いていると、その弁護士は私を指差して。「あんたは来なくても良いよ!」ですって。

2時間半も待って、言われる事でしょうか。
それに彼には私に言う権利は何もないのです。
人に話をする時には命令形しか使った事がないのでは、と思わされました。


裁判が始まると、その弁護士、何かと揚げ足を取る言い方で食い下がって来ます。
やっぱり、ホットショットと言われる街一番と言う噂の弁護士は、こうでなくてはならないのでしょう。
人を人とも思わない、小さな言葉の端を掴み、揚げ足を取る。

周りの人達(赤ちゃんの母親、おばあさんをのぞいて)がイライラしているのが伝わって来ました。
赤ちゃんのおばあさんの話では、その弁護士から電話があり、「後100万、お金を用意をして。」と言ったそうです。

裁判室の中には、生みの親の弁護士、市役所側の弁護士、赤ちゃんの弁護士と3人の弁護士がいました。
今回は話を聞くのみで、来週の水曜日、朝の9時からまた裁判です。

「私も来るべきなのかしら?」と赤ちゃんのケースワーカーでない他のケースワーカーに聞くと、「来た方が良いと思うよ。今回出てこなかった事が、もっとはっきりするから。」と私の手を握りしめて言ってくれました。

なんと、赤ちゃんの弁護士は1月に預かった子の、親の側の弁護士でした。
その弁護士(女性)は頭の切れる人なのです。
彼女の弁護で、赤ちゃんは親元に帰されたのです。
まぁ、その時は裁判官もレビラル(超ヒダリ)な裁判官と名の通った人で、裁判を始める前から「この子は親元に帰されるね。」と言われました。

赤ちゃんの弁護士は、赤ちゃんに取って一番良い方に弁護してくれます。
その赤ちゃんの弁護士が、その女性で本当に感謝です。

1月に来た赤ちゃんの裁判結果は生みの親に返されました。
その生みの親は、裁判から一ヶ月後、赤ちゃんを置いて新しい恋人と家を出て行きました。

2月に来た子赤ちゃんのおばあさんに引き取られました。

さぁて、この子の裁判の結果はどうなる事でしょう。
私たちでは何もコントロールできる事はありません。イエス様がどう御計画をしてくださっている事でしょう。

でも何故か、この子は主イエス様が私たちに与えられた子のような気がします。

どんな時にもイエス様の存在を感じるのです。


** 〜 **   コメント  ** 〜 **

沢山の私の誕生日のコメントをありがとうございます。
写真はなるべくしわが見えない物、そしてできるだけ写真写りの良いもの選んで載せました。
水曜日は裁判所にずっといたので、くたくたに疲れ、9時にはベットに入りました。
次の日に更新をしようとしたのですが、エクスブログの工事中で、なかなか更新ができませんでした。
来てくださった方、ごめんなさい。ありがとうございます。




人気blogランキングへ子育てブログランキング   応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-09 10:47 | 全能の主 | Comments(12)

誕生日

月曜日は私の誕生日でした。

夫に5時半頃電話をかけ、「今日は早く帰って来てね。」と言うと。「あぁ、すぐに帰るよ。」との事。
それから10分ぐらいして帰って来ました。

彼が帰って来たら、すぐに子供達を集め「皆、二階に行く様に!」と言って、子供達も皆二階に行きました。
そして、大きな紙のバッグにプレゼントを入れ持って来てくれました。
中を開けると、、、。
チョコホリックの私の大好きなチョコレート。
b0091689_12145524.jpgb0091689_12151090.jpgb0091689_12153481.jpg

子供達がみんな、「お母さん、誕生日は何が欲しい?」といつも聞いてくれました。
その時の答えは必ず「チョコレート」でした。

母の日もチョコだらけでしたが、今回もチョコだらけ。
やっぱり私はチョコに目がないのです。
抱いている赤ちゃんそっちのけで、チョコに見入っている私が分かりますか?

今回も、珍しいチョコで、ラズベリー味とかありました。
長男と次男は、先にチョコを買うお金をそれぞれ夫に預けておいたとか、三男、四男はそれぞれ1ドル夫にやったとか。娘は夫から買ってもらったそうです。

三男、四男はお金を持っていないのに何処から1ドルと言うお金が出て来たのでしょう。
家の仕事をして、25セントずつあげたときのコインを集めていたのでしょうか。


うちの恒例で、誕生日の人がレストランを選んでの誕生会です。
行き先は、四男の誕生食事会でも行ったレストラン「ワサビ」です。

本当は、オリーブガーデンというレストランに行きいたかったのですが、次男の言うには。
「長男と、僕の誕生日の時には(1日違い)、おじいちゃんとおばあちゃんが来てくれたから、彼らの事を考えて中華料理店に行ったんだけど、本当はワサビに行きたかったんだよね。お母さんの誕生日の時には、ワサビに行こうね。」
と言われていたのです。

b0091689_1236251.jpgレストランから帰って来てから、「今日はお母さんの誕生日だから、皆にチョコを一個づつあげるよ」と言うと。

夫が、 「待って!!」と言い、冷蔵庫から持ち出したのが、、。
これまた私の大好きなチーズケーキ。「えっ?いつ冷蔵庫にそんなモノが??」

子供達 == 何でロウソクが1本なの?
夫 == 大人になったら、1本でも良いんだよ。
私 == ハハハ、、、ハハ、、、。

b0091689_12444962.jpgb0091689_12463668.jpg** 〜 ** くみちゃん ** 〜 **

くみちゃんが火曜日の夜に、高速で1時間近くかかる所から来てくれました。

私の誕生日プレゼントを持って来てくれたのです。

こんなにオシャレなバックをもらいました。

私 == これ、ちょっと、かわいすぎる!!! 本当にありがとう!!

くみちゃん == 私もこれが好きなんだよね。私も欲しいんだよね。

自分も欲しいのに、自分の分を買う前に、私に買ってくれたくみちゃんの愛に感謝します。
誕生日に、電話をくれた友達にも感謝です。

愛する主にある家族に囲まれて、幸せな誕生日を過ごせました。

この家族を与えてくださった、主イエス様に感謝します。



人気blogランキングへ子育てブログランキング
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-07 13:01 | 家族 | Comments(18)

週末の料理

週末はいつものごとく、全く食事を作らないのですが、日曜日のお昼がちょっと困るのです。
教会に行ってから、レストランに行ったり、子供達の大好きなハンバーガー屋さんに行ったりするのですが、夫が良く作ってくれたりもします。

昨日友達と夕食を食べる時に、夫に電話をして、「明日のお昼を何か買ってこようか?」と聞いたら、「う〜ん、いいよ。僕が何とかするから。」何と頼もしい夫でしょう!!
それで、怠慢妻は何にも準備をしていませんでした。

日曜日

教会が終わってから、「昼食は何をする〜??」と聞くと、夫は冷蔵庫を開いて、何やら取り出して来ました。

b0091689_10165450.jpgb0091689_10171081.jpgポテトをこのシーズニングと炒めて、チーズオムレツを作り始めました。



b0091689_10172511.jpgできあがり〜!!

日曜日のお昼にしては、まあまあのでき!(自分で作ってもいないのに、、。)
美味しく頂きました。



夕方は、私は教会に行かないといけないので、早めに夕食を作りました。
怠慢嫁のメニューです。(ナッチョー)

1ポンドの牛ひき肉を炒め、写真に出ているチーズとソーサを、私の大好きなスロークッカーに入れます。
* スロークッカーは材料を入れて、そのままい置いておくと、勝手に煮てくれるのです。
名前の通りスロークッカーなので、ゆっくりと煮てくれます。だから焦げ付きなんて全く心配なしです。
b0091689_10264546.jpgb0091689_1027667.jpgb0091689_10292633.jpg


材料を全て入れたとき。2−3時間して出来上がった時。
そして頂く時にはチップの上に野菜とチーズをかけて頂きました。
b0091689_10311349.jpgb0091689_10313033.jpgb0091689_10314716.jpg


簡単です。是非試してみてください。
日本にもスロークッカーがありますでしょうか??



人気blogランキングへ子育てブログランキング
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-06 10:38 | 家族 | Comments(6)

髪染め

今週末(金曜日)は夫にねだりにねだって、神にハイライトを入れてもらいました。
(日本語ではメッシュと言うのでしょうか?)

b0091689_11412230.jpg買って来た髪染めは、いつものウォーマートで、「ブリーチブロンド」 と書かれた箱でした。
本当に、白色に近い金髪!!

まず、キャップをかぶります。それは、所々髪を染めたいからです。

キャップにあいている穴から、鍵編み棒の様な物で髪を抜き出して、その抜き出した髪だけを染めるのです。

最高50分、と書いてあったのに、私は2時間も待ちました。
日本人の髪は黒いので、普通の時間どうりしても、全く染まらないからです。
それに、金髪どころか オレンジ になってしまいます。

で、2時間も待ったのに、やっぱり オレンジでした。

次の日(土曜日)に、今度は髪の専門店「サリー」と言うチェーン店に行って、髪染を買いました。
そのお店に行って気づいたのですが、ウォーマートで買うよりもずーっと安くで買える!!

そこで、一番強い粉と液を買って来てやってみました。
最高50分と書いてありましたが、ブログをしていて1時間も経ってしまっていました。
確かめもせずに、あわてて染め液を取りましたが、やっぱり少しオレンジ

何回も染め液を使う事はできないので、まぁ、今回はしかたがないと言う事で諦めました。

次回は、今回に学んだ事をしっかりと覚えて、奇麗なうす茶色にしたいと思っています。


** 〜 ** 〜 ** 〜 **

T J Night (テネシー ジーザス ナイト)   * その一例、ノンちゃん
今回から私も T J Nightのミーティングに参加しました。
土曜日の4時からのミーティングで、色々な事を決めました。
一番の中心はくみちゃん、彼女から色々教わりました。

ミーティングが終わった6時くらい。
誰からともなく、「お腹すいたね〜。何か食べに行こうか。」と言う話になりました。
行き先は「香港ハウス」(だったと思います)というレストラン。
レストランに行く道、車を運転しながら夫に電話をしました。

私 == 夕食を食べた?

夫 == うん、もう食べたよ。

私 == 今、ミーティングが終わったんだよね。何か私の分もある?

夫 == えっ?! そこで(パネラブレッドというベーグル屋さん)食べたんじゃぁないの?

私 == 食べていないんだよね。

夫 == ごめん。食べてくるかと思って、全部食べちゃったよ。

私 == そっか〜。。。 じゃ、皆で食べに行って良いね。

夫 == ??、、、 何処に行くの?

私 == 「香港ハウス」とか言うレストラン。

夫 == もう行く様に決めているんじゃないの?

私 == 私の分まで残していてくれたんだったら帰ろうと思ったの。まぁ、残していないと思ってはいたけれどね。へへへ、、、。

夫 == じゃぁ、帰りは遅くなるね。

私 == そんな事はないよ。ご飯を食べたらすぐに帰るよ。

夫 == はい、はい、、、。(全く信用していない)  まぁ、楽しんでおいで!

そして家に帰ったのは(たしか)11時前。
信用されないはずですよね。



人気blogランキングへ子育てブログランキング
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-05 12:24 | Comments(9)

お泊まり会から帰って来て

木曜日の夜、義両親の所にお泊まりしていた二人の子供達が帰って来ました。
家にいた子供達は、皆大喜び!!

と、それは木曜日の話。
金曜日は、またまた次男を中心にもめ事です。

母 == 何でそういう事を言うの!! どうしてそうするの!! それは意地悪でしょう!!

などなど言い(怒鳴り)ながら、母は疲れてしまいました。

あ〜、次男がいなかった2泊3日、あのときは静かだったなぁ〜。

などと思っても、自分の子供だから人に文句を言う訳にもいきません。

時々、「何でこんなに沢山の子供達がいるんだろう。」と思うのですが、思った後から、「自分が欲しくてイエス様に祈ったんでしょう。」と言う言葉が頭の中で返って来ます。

は〜ぁ  いつもながら深〜いため息。


長男 

彼はこの夏、新約聖書のエペソと言う本を暗唱する様に夫から言われています。
(聖書は、旧約聖書、新約聖書合わせて、66冊の本からなっています。)
そして何冊かの本を読まないといけません。
今は2冊目で殉教の所で載せた、 「天国の人」(The Heavenly Man)を読んでいます。

長男は、今朝も朝からエペソ(エペソ人への手紙)を何節か暗唱していました。

午後、私が洗濯物をたたんでいると、長男がやって来ました。

長男 == 今日は何だか、とても清々しいんだ。

母 == 聖書を読んだからじゃな〜い。神の言葉には力があるものね。(洗濯物をたたみ続ける。)

長男 == お母さんは、今日は聖書を読まなかったんだね。

母 == 、、、、、、、。(ジッと長男を見る)それって、何をもとに判断しているの?

長男 == アッ、、、。今朝、結構怒っていたしね、、、、。ハハハ、、ハハ、。(汗、、、


次男 は、本を何冊か読んで、それぞれその感想文を書く事と、聖書の詩編23を暗唱する事、そして旧約聖書から新約聖書の66冊の題名を覚える事になっています。
(彼も長男の様に、エペソの本を暗唱しても良いのですが、する前から諦めていました。だから詩編の23の暗唱になったのです。)


ホームスクール(自宅学習) 

普通の学校に入れていると、朝の8時半からお昼の3時までは自分の時間になります。
また、教える事も学校で先生がしてくれます。

ホームスクールをしていると、自分の時間と言う物はありません。
朝からいつも子供と一緒で、勉強もしっかりと見ないといけません。

これだけ時間や体力や心を費やしているのが少しは役に立っているのだろうか???
と疑問に思うときもあります。
今日がその日でした。

今は夏休みなのですが、 全くの夏休みではなく、それぞれの子供に合わせて毎日課題を出しています。

自分の時間が欲しいと思うと同時に、「普通の公立には出したくない。」と言う気持ちもあります。
それは、「子供達をしっかりと把握していたい。」「道徳的に、聖書をもとにした人間性を学んで欲しい。」と言う考えがあるからです。

次男を始め、うちの子達も必ず人間として、クリスチャンとして成長してくれると信じて頑張るしかありません。
髪を振り乱し、怒鳴り声を上げながらでも、、、、。

(* 勿論多くのクリスチャンの人たちも、公立校に出している人たちも沢山います。)




人気blogランキングへ子育てブログランキング
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-04 04:36 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(6)

お泊まり

夫の実家を出る時に、娘が「私、ここにいたい!」と言い出しました。
義両親に聞いてみると、「二人までだったら、お泊まりしても良いよ。」との事。

娘に、「誰と一緒にいたい?」と聞くと「四男といたい。」
そこで四男に聞くと、「次男がいるんだったら僕もいたいけれど、次男がいないんだったら僕はいたくない。」

そこで、次男にここにいたいか聞くと。「うん、僕ここにいたい。」
そこで、娘と次男が義両親の所に「お泊まり会」をする事に決まりました。

帰る時に、「じゃぁね。バイバイ。」と言いながら車に乗り込むと。
三男が大泣きをして、「僕もパピー(おじいちゃんの呼び名)の所にいたい!!!」と言い出しました。
「あなたに一番最初に聞いた時、あなたはいたくないって言ったじゃない。今更駄目だよ。」と言い、さっさと車に乗り込んでそこを出ました。

「1分半後」夫の携帯の電話が鳴りました。

義父からで、「娘がマミーと言いながら、大泣きをしている。」との事。
すぐに引き返しました。
引き返す時に、「四男、良かったね。あなたが娘の代わりにいられるよ。」

ずっと泣いていた四男、すぐに泣き止んでニコニコ顔。

四男をおろして、娘を車に乗せて帰る時、「私もパピーの所にいる。」
「そんなぁ、また泣くよぉ。」と言うと「今度は大丈夫、今度は泣かないから。」
もちろん、そんな言葉は信用しませんでした。

家に帰って来て、寝る時に、何処からか泣き声が聞こえます。
二階に上がってみると、三男が「四男はどうしているだろう〜。」と言いながら泣いているのです。

次の日は朝早くから起きた三男。
次男と四男宛に手紙を書いていました。

二人の男の子達、週末まで義両親の所にいる予定だったのに、帰りたいと電話がありました。
夫は、木曜日の夕方にここから高速で1時間の所で待ち合わせをして、むかえに行きました。
(そこは義両親の所からも約1時間くらいの所です。)

私は、、、、親友リサと夕食を食べに行きました。(カメラを持って行くのを忘れました。。。。

長男は相変わらず、ベビーシッターをしてくれました。
夫に、「赤ちゃんも連れて行けば、義両親も喜ぶよ。」と言って、チャイルドシートを置いて行ったのですが、赤ちゃんは連れて行かなかったようです。
なんでも、大泣きをしたから、、、との事。

案の定、義両親に会った時には「赤ちゃんはつれてこなかったの?」と言われたそうです。

今回義両親の所に帰った時にも、赤ちゃんは皆の人気者でした。
特に義両親、ず〜っと赤ちゃんをだっこしているのです。
もう孫が11人もいるのに。
その孫達、一番下の子がうちの娘4歳半。やっぱり赤ちゃんが一番かわいいのでしょうね。

娘が、義両親の所にいたいと言った時に、義母はすぐに「赤ちゃんも置いて行けば、、。」と何回も聞きました。

赤ちゃんはまだ市役所の管理下、同じ街の里親講習会に行って公認されないと、赤ちゃんを預かれないのです。
赤ちゃんも、早く義両親の所にお泊まりできる日が来ないかなぁ。



人気blogランキングへ子育てブログランキング
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-03 08:54 | 家族 | Comments(11)

メモリアルデー(その2)

義両親の家に夫の家族が集まったので、皆でハイキングです。
Laurel(ローラル)川ぞいを歩いて行きました。

b0091689_9585637.jpgb0091689_9595978.jpgb0091689_9591982.jpg
総勢、19人で行ったのに、全員の写真を撮るのを忘れました。
いくら家族でも、やっぱり自分の子供に目が行っちゃうのでしょうかね。
川には、ます釣りの人たちが沢山いました。そして皆、沢山つっていました。
勿論うちの次男。。。
「お父さん、今度は魚釣りに来ようね。ね。ね。」と何回も夫に聞いていました。

2マイルくらい行った所で、家族会議。
帰りたい組と、ハイキング続行組。
皆、帰りたい組で、続行組は、私と夫と、義理の兄、そして8ヶ月の赤ちゃんでした。
* 赤ちゃんは選択権利はなく、私たちがそのまま連れて行ったのですけれどね。



b0091689_101253.jpgb0091689_1012732.jpgb0091689_10164419.jpg
行き着いた場所は、French Broad(フレンチブロー)川が見える線路の所まで。
赤ちゃんは、お昼寝をして、着いた所でミルクをお腹いっぱい飲んでご機嫌でした。
ここまで、約3.3マイル。
長かった〜!

帰りは、Laurelかわでカヌーをしている人が沢山いました。
夫も義理の兄も、「カヌーをしたいなぁ。」と言いながら、ずっと眺めていました。

b0091689_10152788.jpgb0091689_103346.jpgb0091689_10222219.jpg


疲れましたが、楽しいハイキングでした。
何と帰り道は(勿論川ぞいを歩いて帰ったのですが)両手がむくんできました。
川沿いは湿気でそうなるのだそうです。
両手を頭の所に上げて歩いていると、夫が「主イエス様を賛美しながら祈っているの?」と聞きました。
「手がむくれてきたから、手を上げて歩いているんだよ。」と言うと、、、「な〜んだ。」ですって。



人気blogランキングへ子育てブログランキング
[PR]
# by chieko-2 | 2006-06-02 10:35 | 家族 | Comments(5)