整理整頓

水曜日は、朝から教会の友達がうちに来てくれました。
彼女は、軍隊に勤める夫と、子供が3人(大学1年生、高校3年、小学校5年)のお子さんがいる人です。

前、彼女のうちに何回か招待されたのですが、うちは招待のお返しができないのです。
何故かと言うと、彼女の家はとても整理整頓され、うちには恥ずかしくって呼べないのです。

それを彼女に話したら、「私が掃除に来てあげるわよ!」 と力強いお言葉。
そこで、この水曜日に彼女に来てもらったのです。

私は整理整頓が大の苦手です。
というか、何処をどうやっていいのか分からないのです。

彼女は、掃除をする時には、まず一カ所から。と助言してくれました。

彼女 = 何処をしようか?
私 = 台所の、薬のキャビネット。

車庫からの入り口の所に、結構良い大きさのキャビネットがあります。
そこは色々な薬を入れているのですが、今では何処に何が入っているのか分からなくなっているのです。
上から下まで、こぼれるくらいに一杯詰まっているのです。

掃除開始。
彼女がそのキャビネットを開けると。
うん、ここは整理をするべきね。と言い、さっさと中の物を全て出していきました。

賞味期限の過ぎたものや、何でこれがここにあるの?と言う様な物が山と出て来ました。

彼女はドンドン捨てていきました。
そして、あっという間に大きなゴミ袋はいっぱいになりました。

机の下には、子供達の絵の具用品。
そこもドンドン片付けてくれました。

約2時間半。
彼女は、私の薬戸棚と、子供の絵の具用品をすっかり片付けてくれました。

b0091689_958217.jpgb0091689_9584081.jpg
*掃除前の写真を撮るのを忘れました。

机の上は、山の様に物がおいてあったと想像してください。


後は二人で、コーヒーとケーキを頂きました。

夫や子供達が帰って来たらすぐに
「見てみて! ここを見て!」
と自慢げに扉を広げてみせました。(自分でしたかの様に、、)

彼女は、「子供が6人いるのに、これくらい片付けていたら良い方よ。また来て整理をしてあげるわ。」と言ってくれました。

頼もしい友を持って感謝です。
この整理された状態が維持できる様に頑張ります。

** 土曜日の子供達のフットボールの試合が終わってから、ノースキャロライナの両親の所に行ってきます。
帰りは月曜の夕方の予定です。(月曜日は国民の祝日、レーバーデーです。)


人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-09-02 10:11 | 友達 | Comments(14)

長男の失態

昨日(月曜日)は、市の里親講習会(6pm〜9pm)がありました。
私は何回も行っているのですが、夫がここ1年程行っていないので、夫に行ってもらいました。
そこで、、、、、
私が、子供達のフットボールの練習に連れて行く事になったのです。

子供達の練習に間に合う様に連れて行くには、家を5時半に出ないといけません。

4時半になったら長男が、「お母さん、宿題が全部終わったからテレビゲームをしていい?」と聞きました。

彼は一週間テレビゲームができなかったのです。
というのも、次男と喧嘩をして、人の立場に立った考えができなかったので、1週間テレビゲーム禁止だったのです。
それがやっとはれたのが、月曜日!
彼は嬉しくってたまらず、ゲームに夢中になっていました。

5時20分。
「長男と、次男のフットボールの練習場所に行くよ〜!!」と子供達に声かけをしました。

夫は5時半くらいに帰って来て、講習会に行く準備。
夫から、次男の練習場所を聞いて、子供達を全員バンに乗せました。
*次男のコーチは、『フットボール命』と言う感じなので、次男は必ず時間に間に合う様に連れて行くのです。

私 = 次男をおろしたあと、どうして長男の練習場まで行くの?
夫 = 大丈夫、長男が行く道を教えてくれるよ。

私 = じゃぁ、言って来るね。もう5時35分だ。
と、あわてて出かけました。

5分くらい行った所で、夫から電話。
長男が電話に出ると。「長男の水を忘れている。」との事。
* 練習は沢山汗をかくので、いつも大きな水筒に水を入れて持って行くのです。

私 = 何なの長男!! ゲームに夢中になって、フットボールの準備もしないで!
長男 = 準備はしていたんだけれども、車に入れるのを忘れたんだよ。

私 = 言い訳をしないの!!!
長男にげんこつ、ひとつ!!

時間がないのに、それから家まで後戻り。
母 = 準備をしないといけないのに、ぎりぎりまでテレビゲームをしていたと言う事で、3日間のテレビゲーム禁止。

長男 = (沈黙、、、。)

何とか、次男の練習時間の5分前には着く事ができました。

あとは長男の練習場所、「ちゃんと教えてね。」と言うと、「大丈夫。」

そのまま車を走らせていると、
長男 = ここは、前のピアノの先生のうちだ。いつもここを通る度に、ピアノの先生の事を思いだすんだ。

私 = そうなの。

一時走る、、、、。

長男 = あれ!! ちょっと行きすぎたみたい。 お母さん後帰って!

私 = えっ、行き過ぎたの? で、どの辺なの?

長男 = わ、分かんないよ!

夫に電話、、、、。

夫 = えっ、長男は場所が分からないの? この2ヶ月近く、いつも行く道なのに、前のピアノの先生の家の前なんて全く通らないよ、、。

夫から道の説明をもらう。
というか、全然違う道。ここまで来る前に、信号機を左でしょう。母怒りに燃える!!

私 = 何なの!! 
長男なのに、自分の練習場も分からないなんて!!この道は何十回も通った道でしょうに!

長男にげんこつ!!  (二つ目)


道は、次男や三男の方が良く覚えています。
やっぱり、長男って言うのはボーッとしている性格なのでしょうか。
それとも、うちの子だけでしょうか?




人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-08-30 11:49 | Comments(9)

チアリーダー

今日の午前中、長男と次男のフットボールの試合がありました。
何と場所が、全く違う場所で、夫と別れて行きました。(3男、四男にフットボールをさせなくって良かった)
私は家の近くのスタジアム、次男の試合に行きました。

b0091689_1053882.jpgチアリーダーが、試合の間中応援をしています。
子供達は、彼女達のはやし歌を覚えて、振り付けながら一緒に歌っていました。

例えば、、、
私 = へい、四男!
四男 = ヘイ、what〜(ワァ〜ッ)
という具合です。

試合は、どちらもうまく攻めている時に、ボールをおこっとして(fumble)、相手チームがそのボールを取り、相手の攻撃(オフェンス)になり、負けてしまいました。

でもお陰で、次男がディフェンシブラインマンとして、2回も出れたのでとっても感謝です。
この試合、特別試合で、試合時間がたったの7分間の試合です。
その試合に、2回も出れたなんて本当に感謝 なのです。

夫は、「体を低く、絶対に立ってはいけない!!」といつも助言をしていました。

今日の次男は、体を低くして、相手のクォーターバック(ボールを投げる人)に攻めて行っていました。

相手チームの、オフェンシグラインマンが「お前は絶対に、僕らのラインを通れない」と言ったそうです。
でも、彼は2回が2回とも、そのラインマンをくぐり抜けました。
体を低くしているので、前のめりに転んでしまいましたが、夫の助言はきちんと守っていました。

今回の夫の助言は、「体を低くして、とても良かった! 今度は、同時に足をもっと動かさないとね。足を動かしたら(走ったら)クォーターバックを捕まえられるよ!!」

私 = 本当に良かったよ。あんなにできるなんて思わなかったよ! あなたが私の息子って本当に自慢できるよ。
とほめまくりました。彼はいつものごとく、下を見たり、私たちを見たりしていました。

私 = 次男、嬉しかったら笑っていいんだよ。ほめているんだから。
と言うと、にんまりと大きな笑みを浮かべました。





人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-08-27 11:03 | スポーツ | Comments(11)

ディナー 8

先日教会のスモールグループの食事会がありました。
これは、もっと教会の人達の事を深く知る事ができる様にと企画されたのです。

私たちは、忙しさに押され、人とのつながりがおざなりになりがちです。
また、人と話すのがおっくうになったり、人と話したくとも何と話しかけていいかわからなかったりします。
そこで、このディナー 8。
これは、4組のカップル、つまり8人で食事をしたり、色々な話をしたりするのです。

今回お邪魔したお宅も、奇麗なお宅でした。
左の写真は、奥さんが一人で絵を描いたのだそうです。
なんでも、服の絵をプリントアウトして、それを壁にうつしたとか。
これを描き上げるのに、3ヶ月くらいかかったそうです。
真ん中が、リビングルーム。
右がキッチン。キッチンのキャビネットも自分で色塗りをしたとか。
アメリカは、部屋の模様替えや色塗りなどを、自分の好みに合わせて代えます。
私は全くその才能がないのが残念です。
b0091689_1049294.jpgb0091689_10495356.jpgb0091689_1050876.jpg

ダイニングルーム。いつもはキッチンの食卓で食事をするそうです。
そして、美味しかったディナー。
それぞれのカップルが持ち寄る、ポットラックパーティーでした。
私はサラダを持って行きました。手作りの醤油ドレッシングを持って行ったのですが、結構人気でした。
チキンも照り焼き味でした。
醤油の好きなアメリカ人って、本当に多いのですよね。
b0091689_10503512.jpgb0091689_10505353.jpg


長男が13歳の男の子が3人いるのに、家の中は本当に奇麗でした。
うちは、あと3人増えただけなのに、何であんなに汚いんだろう???

彼女に「いつも掃除をしているの? いつ掃除をするの?」と聞くと。
「掃除なんか全然しないよ。」との事。
多分私をなぐさめてくれたのでしょうね。



人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-08-26 11:03 | アメリカの家 | Comments(3)

気に入った映画

最近、ブラックバスターの郵送レンタル(月に20ドルでDVDを見放題)で観た映画の中で、気に入ったのをご紹介したいともいます。

まず、本が映画化されたEnd of the spear
これは、同じ部族なのに違う部落に住んでいると言う事で、投げ槍で殺し合うのです。

アマゾンに行っている宣教師が、「この集落の人々を主イエスキリストを通して救わなければ、国は軍隊を出して彼らを壮絶する計画だ。」と話し合う所から始まります。

勿論アマゾンにある宣教団体は、そんな野蛮な部族にコンタクトを取るのは禁止としていたので、その宣教師達は、宣教団体に隠して、自分たちだけでその野蛮な部族にコンタクトをするのです。

宣教師達にちょっと心を開いてくれる様になったか、と言う時に、部族のカップルの嘘で、その男性宣教師5人が殺されるのです。

残された宣教師の妻や子供達が、その野蛮な民族とコンタクトを取って、その部族の人達が徐々にクリスチャンになって行く話です。

この「End of the spear」と言う本は、宣教師の父親を殺された息子が、そこの原住民とのふれあいを通して書いた本です。
* 原作者は、「映画を楽しめる様に本から少し代えました。」と語っていました。

うちの長男と次男(他の子達には見せていません)は、ぜひこのDVDが欲しいと言っています。


次の映画は、スティーブン スピルバーグ監督が作ったMunichです。
*( トレーラーは、大、中、小、特大とありますが、一番良いのは中かもしれません。)

これは、ミュンヘンオリンピックで、パレスタニアンのテロリストチームがイスラエルのオリンピック選手7−9人を人質に取り皆殺しにしたのです。
イスラエルは、国命で数人のスパイを選びます。
そして、そのスパイ達がミュンヘンのテロに関わった、パレスタニアンを殺していくのです。

この映画を観る前は、「殺し合いのつまらない映画だろう。」と思っていましたが、それぞれの人の気持ちがわかり、本当に面白く、考えさせられた映画でした。

ブログ友のなな日記さんの所でも、テロの事が話題になっていました。

日本にいると、ロシア、北朝鮮、中国と共産国が周りにあっても、アメリカの保護かのもとで危険性と言う事を全く感じません。
でも、アメリカに住んで、日本では見えなかった事も沢山見えて来ました。
これもお勧めです。


この2本の映画はどちらも実話です
日本に入っているかどうかはわかりませんが、もし見る機会があったら、是非見て欲しいです。




人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-08-25 09:55 | Comments(5)

娘の意見

ちょっと前の出来事です。
昼食時、三男がミルクのお替わりを取りに行く。

娘 == 三男はミルクを飲んだらいけないんだよ。

父 == えっ、どうして?

娘 == 三男はミルクを沢山飲んだらいけないんだよ。

父 == 何でそんなことを言うの?

娘 == ミルクを飲んだらいけないんだから。

父 == ???

母 == 牛乳を飲むとうんちが堅くなるから、娘は牛乳を沢山飲めないのよ。彼女、牛乳が大好きなのに。

父 == あ〜ぁ。

次男 == 娘は僕たちがトイレに行っている時に、いっつも中に入ってくるんだ。鍵も閉めているのに。。。
鍵を外からこじ開けて、そしてわざわざ中に入って来て『うんちをしているの?臭〜い』 って言うんだ。


母 == 手を洗いに行ったんじゃないの?

次男 == 違うんだ。僕たちがトイレを使っているのを知っていて、わざと中に入ってくるんだ。

三男 == 僕のときのもそうなんだ。中に入ってくるんだ。

母 == あぁ〜ぁ、だから、三男のうんちは堅いって言うんだ。

三男 == 、、、、、。

母 == 娘、人のプライバシーは大切にしようね。




人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-08-24 01:21 | Comments(4)

スイミングプール

先週の金曜日に、友達のうちに招待されました。
招待と言うとちょっとかしこまってしまうのですが、彼女の家には深さ120センチくらいのスイミングプールがあるから遊びにこない。と言われたのです。

彼女の家の娘さんとうちの娘と同じクラスです。
娘さんだけではなく、息子さんも同じクラスです。
双子ではありません。

b0091689_912093.jpgb0091689_9122781.jpg

b0091689_9124937.jpg
一人は金髪で青い目、一人は浅黒い肌に黒い目と髪。

二人とも養子です。

彼女は5人の子持ちですが、3人は養子です。
そして、この9月にまた男の子をもらう予定と言っていました。

うちと同じ6人の子持ちになるみたいです。


このスイミングプール、土の上に乗っけてあるプールです。
土を深く掘って作るスイミングプールは、最低3−400万はかかるとの事。

でも、このプールは土を掘らなくていいので2千ドル。
つまり25万円くらいでできると言っていました。
う〜ん、うちにも欲しい!!

でも、プールの周りのデッキにお金がかかると言っていました。
うちの夫は何でも手作りで作ってくれます。
プールだけ作ればあとは彼がデッキなんか作ってくれるのでは?????

夫に聞いてみました。

私 = ね〜、プールが25万円くらいでできるんだってよ。
夏なんか、どこにも行かなくって良いし、毎日子供達も遊べるよ。彼女に聞いたら、手入れも簡単とか言っていたよ。

夫 = えっ!! それくらいでできるの!! それは良い!!

私 = で! プールを作るの♪♪?

夫 = いや、できない。ハハハ、、、。

私 = 、、、、。(だよなぁ〜、無理だと思ったんだよな〜)  ま〜、考えてみてね♪

夫 = いや、できない! (きっぱり)

私 = そんなにはっきりと言わなくっても、、、。


まぁ、時を待ちます。





人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-08-23 09:25 | 友達 | Comments(6)

フットボールの練習試合

土曜日は、長男と次男のフットボールの練習試合がありました。
うちから、高速で30分程行った所のスタジアムでありました。

次男は11時からなのに、9時にはスタジアムについていないといけないとヘッドコーチ(監督)から言われ、土曜日なのに他の子達も早起きをして、出かけました。
前の記事でも、書きましたが、次男のヘッドコーチはものすごく力を入れているのです。
2時間も前なんて、このヘッドコーチのチームだけです。

次男達のチームが待っている時の写真。
真ん中は、一人ずつ背番号と名前を呼ばれて、フィールドの真ん中まで走って行きます。
次男は、スペシャルチーム(キックオフのときだけする)でした。
右の写真の手前の右側が次男です。
b0091689_8573257.jpgb0091689_8594394.jpgb0091689_90644.jpg


次男の試合が終わってから、私たちの大好きなバーガーキングに昼食を食べに行き、長男の試合に向かいました。


b0091689_955880.jpgb0091689_961682.jpgb0091689_963636.jpg


長男はレシーバーでしたが、コーナーバックと言うポジションに代えられたとの事でした。
コーナーバックとは、ディフェンスで相手のレシーバーがボールを受けない様に阻止するのだそうです。
彼もスペシャルチームをし、またコーナーバックを2回ほどしました。

左の写真は、皆がしている所を見ている所です。
真ん中は、コーナーバックをして相手のレシーバーと一緒に走り出す所です。
そして、試合のあとの握手です。

どのヘッドコーチも、「今週は練習試合なので、全ての子供を出す。」なんて言っていましたが、次男はスペシャルチームで2回だけフールドに立っただけでした。
(一回のプレーは約20秒程、、、つまり1分くらいフィールドに立てたのです。)
また、観客席に次男のコーチが来たのに、私たちに挨拶をするどころか、見てもくれませんでした。
次男にも一言の声かけもありませんでした。
次男のチームはぼろ負けでした。

長男のヘッドコーチは、次男の試合の時に観客席に来ましたが、奥さんと一緒に来てニコニコしていました。

夫 = ヘイ、コーチ!!  (と声をかけると、、、)

ヘッドコーチ = ヘイ! 長男は試合の心準備はできている?!

長男 = はい、コーチ! できています!
と、みんなニコニコしながらの会話です。

夫は、もう次男は試合には出してはもらえないだろう。と話していました。
それを聞いていた長男は。

長男 = お父さん、お母さん、僕の試合には来なくていいよ。
僕も試合には出してもらえないと思うから。皆をつれてわざわざ試合に来るのは大変だものね。

私 = 私たちはいつでもあなたの試合を見に来るよ。
たとえ、あなたが一回も試合に出なくて、ベンチに座りっぱなしでも、あなたを見に来るよ。


長男 = ありがとう。。。。

私たちははっきり言って、次男のコーチは好きではありません。
でも、次男にはエクササイズと思って頑張ってもらいます。

** 一日中日差しの強いスタジアムにいたので、もう真っ黒になってしまいました。
(まぁ、私はもともと黒いからあんまり変わらないのですけれどね。)


人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-08-21 09:33 | Comments(5)

家の四男

うちの四男は、思いやりがあって優しい子です。
でも、片付けが大の苦手です。

四男と娘は本当に良い友達です。
二人でチームになって、三男をいじめます。

この前の娘の誕生日の時、娘の誕生日プレゼントの赤ちゃん人形
それを本当に欲しがったのも、いつも赤ちゃんの面倒を看てくれる四男です。
そして、大好きな四男の願いを娘は聞いてあげ、そのもらいたての赤ちゃん人形を四男に譲りました。

四男は、その赤ちゃん人形にジョナサン と名付けて、大切に世話?をしていました。

でも近頃、娘の大切な誕生日プレゼントの赤ちゃん人形、せっかく娘からもらった人形を見ないのです。

四男にその事を聞いてみました。

母 = ねぇ、近頃ジョナサンはどうしているの?

四男 = あ〜ぁ、彼は僕のベットで寝ているよ。

母 = ふぅ〜ん、そうか〜。
でも、たまにはジョナサンも皆と一緒にいたんじゃないの?お腹とかすかないの?

四男 = 大丈夫!!
ジョナサンは、もうミルクを飲ませなくても、泣かなくなったの。
いつもハッピーなのよ。

と言い、歩き去って行きました。

えっ、そんな物なの??
ミルクをあげなくても泣かなくなったの???

あれ〜、あれほど赤ちゃん人形が欲しいと言っていたけれど、そんな物だったのかぁ。

四男に赤ちゃん人形を買わなくって良かった。
夫の判断に感謝!!!!




人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-08-19 00:50 | Comments(8)

歯の矯正

長男と次男が歯の矯正を始めました。

普通の歯医者さんに、矯正専門の歯医者さんを紹介してもらって行って来ました。

矯正する歯医者さんの診療室は、普通の歯医者さんの様に一人一人個別にはなっていませんでした。
診療中は、診療台の足下に長椅子があり、そこからどういう事をしているのか見る事ができます。

三男、四男、娘も興味津々で見入っていました。
b0091689_404574.jpgb0091689_411798.jpg


帰る時には、歯医者からお土産もいただきました。
歯の矯正をしているので、歯磨きも困難になると、沢山の歯磨きの道具を頂きました。

b0091689_414231.jpg電動歯磨き、歯とワイヤーの間を磨く器具、普通の歯ブラシ(旅行様なコンパクトな物)、フロス(歯と歯の間を掃除する糸)、寝る前に磨くときの歯磨き粉(これはうがいをするのを30分待たないといけないのだそうです)、その他もろもろ。
なんだか、そこの歯医者さんのTシャツまでもらいました。

やっぱり高い治療代を払うので、サービスもいいのでしょうね。

彼らはフットボールをしているので、歯を守るマウスピースをしないといけないのですが、矯正をしている人用の物はちょっと違った物でした。

b0091689_4252874.jpg
なんだか、口から歯がこぼれているって感じでしょう。

歯の矯正をしてから2−3日、痛くって痛み止めを服用していました。
長男は2−3日でおさまったのですが、次男はそれよりも長く痛みが続いたようです。(歯並びが悪いですもの)

*次男はワイヤーをしてから、2回も歯に付けているのが取れてしまいました。(これも歯並びの悪い証拠です)


6週間後に、またこの矯正歯医者さんに行って、ワイヤーをきつくしてもらったら、また痛さが2−3日続くのだそうです。

最終的には、おそらく2年くらいかかると言っていました。

矯正をしている間は、食べたい物もおさえなければなりません。
その内でも、大好きなポップコーン、トウモロコシや氷がかじれないのです。
2年間の我慢です。

* 長男の言うには、「青色が好きで青色の歯に付けるのをして欲しかったけれど、次男が青を選んだから僕は黒を選んだんだ。」ですって、同じ色では嫌なようです。





人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-08-18 04:32 | 家族の出来事