携帯電話

うちでの携帯電話の与え方は。
車を運転する様になってから。と決まっています。

車を運転すると、事故をしたり車が故障したりする可能性があるからです。
車を運転できる歳は、アメリカでは16歳からです。
つまり、うちでは高校2年生(日本では高校1年生)にならないと携帯電話はもらえない決まりです。

ここでも多くの子供達が携帯電話を持っています。
メールも、用事があってメールをするのではなく『今、何しているの?』と言うようなくだらないメール。
まぁ、子供達はそれが楽しいのでしょう。
携帯電話を買い与えようと思えば与えられます。でもそれは私たちの選択で買い与えていないのです。
子供の遊びのために携帯電話を買い与える必要はない!
 と言うのが私たちの考えです。


うちのご近所の女の子、彼女は小学校3年生なのですが、彼女はもっと早くから携帯を持って学校に通っていました。
スクールバスで帰って来て、バス停で降りた時に母親が車で迎えに来ていなかったら、親に電話をするんだそうです。
うちの子達、「歩いて帰って来なさい。」と母の言葉。

長男が中学校3年のとき、ご夫人と話をしていたら、そのご夫人のお子さん(長男より年下の女の子)から、
「え〜っ!!まだ携帯を持っていないの?!!」 と言われました。
私は、『そ!携帯なんていらないもの。』と長男が返事をする前に答えました。

長男が高校に入ると、携帯を持っていない子の方が珍しくなります。

長男 = お母さん、もうほとんどの子達が携帯を持っているんだよねぇ。
母 = そう。それは良かったわね。その人達に借りれるね。
長男 = 、、、、。

と言う会話もしました。

ある時、長男と同じ年の一人のフットボール部の子が、
その子 = おい長男、家に連絡をしないといけないから君の携帯電話をかして。
長男 = 僕も携帯を持っていないんだ。
その子 = ちょっとぉ〜、本当に家に電話をかけないといけないんだよね。貸してよ。
長男 = 本当に持っていないんだって。
その子 = も〜、貸してくれても良いのに。
と言って、その場を立ち去って行ったそうです。

母 = あら、うちだけではなく、うちと同じ考えを持っている親がいるのね。

長男が車を運転しだした時と同時に、一番安い携帯を与えました。
長男は飛び上がって喜んでいました。
しかし、メール打ち放題のプランには入らず、1ヶ月20ドル分だけメールが打てるプランに入りました。
だから長男は、彼の友達に用事がある時のみメールをしてね。と言いました。
たまに、『今何しているのぉ〜』と言うメールが来ると、すぐに『そんなメールは絶対にしないで!」と打ち返していました。
1ヶ月にメールの数が決まっていると、自分で計算をしながらメールを打たないといけません。
1ヶ月が終わる前にメール制限まで行ってしまった時には、家庭の電話で友達と連絡を取っていました。

またある時、クラスメイトの女の子から長男の携帯電話に留守電が入っていました。
長男はすぐさまその子に電話をしました。
その子の方も留守電だったみたいでしたが長男は。
用事があるんだったらまたかけ直してね。でもたいした用事でないのなら明日学校でね。と言っていました。


今は彼も高校4年生。
私と一緒のファミリープランに入っているので、メール限定なんて物のもなくメールも打ち放題です。
でも、『今何しているの?』なんてメールは全く打ちません。

新しい携帯電話をもらった長男を、ちらりと見ていた次男。

母 = 次男、あなたをファミリープランに入れると、月にたった5ドル払うだけなんだけれど、なんであなたに携帯電話を買い与えないか知っている?
次男 = 今までが悪だったから。

母 = もちろんそれもあるよ。でも、それだけではないのよ。
あなたは長男の様にいろいろな事を両親に話さないでしょう。
あなたは親から隠れて何かをする事が多いわよね。
隠れてするってことは、親はあなたが何をしているのか把握しきれないって事なのよ。
つまり信用性に欠けるってことよね。
いろいろな事をもっとオープンに話をして、もっとお互いに理解し合わないといけないのよ。
あなたの事をもっとしっかりと理解でき、あなたの事を100%信用できた時に携帯電話は与えられると思ってね。
それには、つまらない事でもいろいろな事をもっと親に話さないといけないって事なのよね。
その「親と話す事」で、信用性が生まれてくるのよ。
意味わかるわよね。


次男 = うん、わかった。


今次男に携帯電話を与えると、彼を失います。
親よりも友達を優先する様になり、ますます彼を把握できなくなります。
もっともっと次男と密な関係になった時が、彼が携帯電話をもらえる時です。
彼が大学に入る時かなぁ〜。。。



うちの子達は我慢ができます。
他の人も持っているから僕も欲しい!
なんて事は絶対に言いません。
「そんな他の人が持っていたって関係ないでしょ。」と言われるのが目に見えるからです。
たまに、『**ちゃんは☆☆を持っているんだって。』と子供達が言うと、『ほんと〜、凄いねぇ〜。』で終わらせます。


先日、四男の靴が壊れてしまいました。
『新しい靴を買わないといけないなぁ。』と思っていた矢先に、日本人のお方から茶色の靴でピンクのパンサーが刺繍してある靴を頂きました。
女の子が履いていた靴で、何でもメーカー物でひも靴なのですが、ひもが真ん中でなく斜めに入っているのです。

『あれ!これはかっこいいねぇ。これはピンクが入っているから長女がはくかなぁ。』
なんて言うと、側にいた四男。

四男 = これ、僕が欲しい!
母 = でも、ピンクが入っているよ。他の子達からなんか言われない。
四男 = 、、、、。う〜ん、どうかなぁ。でも、まぁ明日学校に履いて行ってみるよ。

と、四男が学校に履いて行くと。
学校の友達も『あ〜!!ピンクだ〜!女みたい〜!』なんて子は一人もいなかったそうです。
でも、彼のニックネームが「ピンクボーイ」になったそうです。
それでも全く気にしない四男です。

物がある事に感謝ができる子達に感謝です。





人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-29 03:13 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(7)
Commented by さやか at 2010-04-29 08:36 x
ピンクボーイ。。

それをあっけらかんと喜んでいる
彼の姿まで見えて来ます。。笑
Commented by 千絵子 at 2010-04-29 12:33 x
** さやか
いや〜、久しぶりぃ〜!!
元気にしていますか?
さやかに電話をかけようと思うんだけれど、いつも急がしくって夜はつい寝ちゃうんだよね。
昔はよくさやかから電話が来ていたけれどね。
『ピンクボーイ』良いでしょう。
でも、今は言われないみたい。
四男が全然気にしないから言う人もいなくなったんじゃないのかな。
Commented by ヨッコ at 2010-04-30 06:36 x
携帯の意見同意です。お友達が持ってるから私も持つべきという意見は、家でも通じません。家の子も運転するまで携帯は持たせない予定です。くだらないことで携帯でテキストしてる子が多すぎるもんね。

パソコンも家族の誰もが見れるオープンな場所に置いてあります。
ボーイスカウトを始めたので行事活動にサインアップするのに息子専用のメールアドレスが必要と言われて、やっと専用のメールアドレスを作りました。でも私達(親)がメール内容を読めるようにパスワードを教えてもらいました。

今の時代では、これくらい要注意しておくべきだと思います。
Commented by QP-azumi at 2010-04-30 09:18
私もやっぱり同意見です。
携帯電話での犯罪やいじめが大問題になってるのは、
親が管理できてないからだと思ってます。
ここまで徹底するには幼い頃からの躾と、
親との関係ですよね~。
Commented by 千絵子 at 2010-04-30 10:18 x
**  ヨッコさん
コメントをどうもありがとうございます。
ヨッコさんのお宅も私たちと同じようなお考えなのですね。
うちの次男もメールアドを持っていません。
コンピューターからいける所も限られています。
>今の時代では、これくらい要注意しておくべきだと思います。
私も全くの同意見です!!
ちょっと油断をすると自分の子供を失ってしまう世の中ですものね。

** あずみさん
>ここまで徹底するには幼い頃からの躾と、親との関係ですよね~。
全くその通りです。
親の言う事を素直に受け止める。
これは親に敬意を払っていないとできないと信じます。
Commented by もみじ饅頭 at 2010-05-05 11:58 x
最近は本当に凄いよねー 日本に帰った昨年もバス停で皆携帯でテキストうちまくってはニヤニヤ笑っている様子を見た時は異様な雰囲気だと思った。
便利とはいえ、それなりに責任が必要だよね。 運転中は電話は無視するとか、授業中などに径庭で遊ばないとか。。。
最近の携帯の機能には私もついていけない。。。
Commented by chieko-2 at 2010-05-06 01:47
** もみじ饅頭さん
>便利とはいえ、それなりに責任が必要だよね。
私も同感!
運転中に電話をしている人はすぐにわかるよね。
のろのろ運転だし、注意力がないし。
「電話を切ってよ〜!!」と叫びたい。
>最近の携帯の機能には私もついていけない。。。
それは私。
こんなに色々な機能なんていらないんだけれど。使えこなせない。



<< 友達リンダ 誕生会続き >>