親元はなれて

長男の大学生活を先日記事にした時に、ちょっと驚く事があったのでそれはまた後日。
としていたのですが、その驚く事を記事にしたいと思います。

高校生までは、親元で、親の監視下にあります。
日曜日は毎週教会に行く様に。
門限をきちんと守る様に。
友達関係で淫らな子達(道徳的に低い子達)と交際をしない様に。
などなど、親は子供の言動をしっかりと把握しないといけません。

うちの子達の事は、夫の方が良く知っています。
友達関係はもちろん、携帯電話のチックもします。
子供の携帯電話のチェックだなんてプライバシーの侵害!なんて言う人がいるでしょう。
私はそのお方に真っ向から反対です。

その携帯電話は誰が買ったの?携帯電話料金は毎月誰が払っているの?
そして何よりも、親に隠し事をすること自体が罪を犯しているからです。

昨日の教会で、高校をこの12月に卒業し、1月から長男の行っている大学に通っている子がいます。
* アメリカは早期卒業、早期入学もできるのです。

その母親と話をした時に、「あなたは何でも自分の子供の事を知っていると聞いたわ。」と私が言うと。「そうよ。良い事も悪い事も全て把握しているわ。私の子供ですもの。」との事。
その子は悪い友達と関係を持ったので、友達関係を代えたかったんだと長男は言います。
早期卒業をし、大学へ早期入学をする事は彼にとっても親にとっても良い選択だったのでしょう。
大学に行っても、フェイスブックやメールのチェックなど、親は欠かさずしているのだそうです。

うぅ〜ん、私にはできない。
何しろフェイスブック自体を持っていない。。。。

独り立ちをするまで、つまり自分で稼いで自分の足で立つまでは親の監視下に子供はいます。
親はその子供をプライバシーの侵害なんて言葉を恐れず、親とししっかりと把握するべきです。


しかし大学に行き、親の監視から離れた時に、その子の本性が発揮します。
親子関係がしっかりと保たれておらず、ただ束縛ばかりの子供は、大学に行くと親が言っていた事の反対をしたがります。
つまり親の言っていた事がうわべだけで、その子の心に根付いていなかった事になります。


前置きが長くなりました。
長男がスカイプで教えてくれた事です。

長男と同じ高校を一緒に卒業したM君。彼には25歳くらいのお兄さんCがいます。
Cはお酒を沢山買って、Mの寮に遊びにいきました。
一緒に飲んだり食べたり、と、そこまではまぁ良いのですが、大学の女の子を二人くらい呼んで、寮で飲み会をしたのだそうです。

そして、お酒が入っているので女の子と戯れ、sexまではしなかったそうですが、それに近い事までしたとか。
Mのルームメイトは高校からの恋人がいるので、その部屋から逃れ他の友達の部屋にいたそうです。

次の朝、Mは自慢げに昨夜の事を長男のルームメイトのショーンに話をしたとか。
長男もショーンも「どうしたら良いんだろう?!」と途方に暮れたとか。
二人で話し合い、すぐに教会の高校生の牧師やユース(学生部)を手伝ってくれた大人にテキストを送り、Mの事を祈ってもらう様に頼みました。
するとすぐに高校生の牧師から長男に電話があったそうです。
長男は、Mから直接話を聞いた訳ではないので、ショーンに電話を渡し、ショーンが聞いた事を全て話をしたとか。
高校生の牧師は「こういう事は親が知らないといけない。親に話をするから。」と言って電話を切ったとか。
Mの家族も私達と同じ教会に来ています。

Mの父親からすぐにショーンの所に電話がかかってきました。
父親は「君には全く関係ないし、ましてや君の事を怒ってなんかいない。君が聞いた事を少しも隠さずに話をして欲しい。」と言ったとか。
ショーンは怖かったけれど、全て隠さずに話をした。と言いました。

Mは親から怒られたそうですが、Mよりも兄のCがひどく叱られたそうです。
長男は、「本当に悲しい事だったんだよね。一緒に教会に通った仲間なのに。」と口をすぼめて言いました。

私達は子供を把握している。と確信をしていますが、私達の知らない事も多々あると知っています。
うちの場合は特に次男。

ただ全能の主イエス様に隠せ通せる事などないように。全て私達が知る事ができます様に。と祈るしかありません。



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2012-02-21 01:17 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(7)
Commented by かえる at 2012-02-21 06:28 x
主よ、あなたはわたしを究め/わたしを知っておられる。
座るのも立つのも知り/遠くからわたしの計らいを悟っておられる。
胎児であったわたしをあなたの目は見ておられた。
わたしの日々はあなたの書にすべて記されている/まだその一日も造られないうちから。

詩編139からみ言葉をいただきました。
神様の御目から隠れることはできない、絶対できない、主を畏れます。

神様が愛してくださってることを知ってほしいです。
両親が自分を愛していることも。
神様を受け入れていなかった時にも親を悲しませたくないと言う思いはありました。
どうかCさん、Mさんも神様やご両親の愛に気付いてほしいです。
お祈りしています。

次男君、ご家族の愛に包まれていることを知っている子だと思っています。
誘惑に負けぬよう、神様を畏れるように信仰を握って巣立って行けますように。

子どものそばに居てやれるのは本当に乳幼児の時だけですね。
親の役割の重さを改めて気付かせていただきました。
親が担いきれない分を神様にお委ねしかない。
祈りだけですね。

Commented by wakakusa26 at 2012-02-21 07:58
そうですねぇ。チェックは本当にはしたことないけどできるようにはなっています。PCも。本人達にもそう言ってあります。
この10代の時期ってさまざまな誘惑との戦いの時期でもあります。私はちゃんと神様をしらずに過ごした10代でしたから確固としたものが自分の中になかった。それゆえに流されたり立ち止まったりの繰り返し。
親がどんなに手を尽くしても親の知らない部分は出てくると思うの。それでも神様は全部ご存知だということを子ども自身が心から感じていれば道は正されると信じています。
本当に、ただ祈り、子供たちと大切なものについて日ごろから話すことはすごく大事ですね。
Commented by 千絵子 at 2012-02-21 10:50 x
** かえるさん
詩編139は私の好きな御言葉の一つです。
本当にそうですよね。主が全てお見通しですもの。
その事を子供達がしっかりと知って欲しいです。
>次男君、ご家族の愛に包まれていることを知っている子だと思っています。
>誘惑に負けぬよう、神様を畏れるように信仰を握って巣立って行けますように。
どうもありがとうございます。
おっしゃる通り、祈る事しかできません。
私達は祈る神様がいてくださる事に感謝です。主に感謝!

** まーちさん
私も神様を知らずに育ちました。私の場合は本当に失敗ばかり、罪の中での生活でした。
勿論今も失敗や罪を犯したりするのですが、罪にのめり込む事はありません。
主が導いてくださっている事に感謝です。
>親がどんなに手を尽くしても親の知らない部分は出てくると思うの。それでも神様は全部ご存知だということを子ども自身が心から感じていれば道は正されると信じています。
私もそう信じます。
祈りって本当に大切です。それを知っているのに祈り足りない母親です。反省です。
Commented by kattyan62 at 2012-02-23 22:12
子供さんが多いと、難しい時期が次々と来ますね。 それぞれに個性があるだけに、性に関する教育や躾は大変な作業だと思います。
当然、神様がしつらえた子孫を残す方法ではあるのだけど、繁殖とは別の方向へと誘う情報が蔓延しているだけに苦しむところですね。
だけど、大半の市民が問題なく大人になっていることですから、右往左往することもないのかもしれませんね。
親として、後々の反省、後悔をしないためにもあらゆる努力はしたいと考えます。
Commented by chieko-2 at 2012-02-23 22:18
** かっちゃん
>親として、後々の反省、後悔をしないためにもあらゆる努力はしたいと考えます。
本当にそうなんですよ。
あとで、「あの時に**しておけば良かった。」なんて思いたくありませんものね。
そしてその後悔はずっと付いてきますもの。
本当に今は大変だけれど、今きちんと躾けをしていないといけません。
かっちゃん、頑張るね。
Commented by momiji-manjyu at 2012-03-04 11:59
千絵子さんのおっしゃる通りだと思います。子供って親元を離れて本性がでてくるんだよね。。。そう思うと本当に子育ての責任を感じます。

我が家も同じ様に子供達のすることに目を光られており、時々嫌がられるけど、厳しく育てていたほうが今の世の中では丁度よいほどとも言われる。同時に子供の魂に傷をつけずにしっかりつながりをもっておくこと、本当に大事ですね。

私はどちらかというとずるがしこい子供で、日本を離れたくてしかたなかった変わり者だったけど、留学しに来た初日は泣きながら親に電話しましたよ。離れて親のありがたさも悟り、親を苦しませたくないという気持ちは必ずありました。当時クリスチャンではなかったけれど、一度刺青しようかと友達に誘われた時もすぐに思いついたのは”親はなんていうだろう?”っということだったから、”私はやらない”と断りました。

私も大学前の子供がいるから、本当に考えさされる課題です。

***ところで、千絵子さん、実は私はこの度ブロガーのブログからエキサイトに移ってきました。以前のブログは全て削除して、こちらで再出発です。エキサイトブログでも宜しくお願いします。
Commented by chieko-2 at 2012-03-09 11:25
** もみじ饅頭さん
ごめ〜ん。
コメントをもらっていたのに気づかなかったぁ。
>一度刺青しようかと友達に誘われた時もすぐに思いついたのは”親はなんていうだろう?”っということだったから、”私はやらない”と断りました。
偉い!!
今考えたら、本当に刺青をしなくてよかった!って思ったんじゃない。
そちらに遊びに行きますね。


<< ねぼすけ I love you >>