旅先で

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村応援のクリックをお願いします。







短気な私は、やっぱり腹が立つことがたくさんあったんです。
やっぱり三男からみ。
三男はどうしても誠実さに欠けるんです。

でもその中で、家族でテニスをしようとなったんです。
小さな子たちも含めて、2面あったテニスコートで走り回りました。
日が暮れた後から下の子たちは部屋へ戻し、ライトをつけて、夫、三男、四男、私でダブルスの試合をすることに。
でも、試合をしている中で腹が立ってしまって。
その訳は、夫がスマッシュをしたボールが私の膝に当たったんです。
すごく痛くって。
それを見ていた三男、「お父さん、凄く良かったよ‼ 最高だよ!!」と褒めちぎる。
お母さん大丈夫?の一言もなく喜びはしゃぐ。
夫からは、「ごめんね。」の一言もなし。
それに、三男がサーブをしてエースを決めると、「やった!! すごいボールが決まった!! ワァーイ!!」と大声で怒鳴るんです。
それが1回や2回ではなく、毎回だったんです。
母は無性に腹が立ってきて、「これ以上しても面白くないからやめる。」とさっさとコートを後に。
すぐにシャワーを浴びてベットへ。夫とも口をきかずにだんまりの私。


次の日は、家族でキーウエストに行ったんですが、だいぶ怒りも落ち着いて、子供たちと話をしたり笑ったり。

車を運転している時に、夫との会話。

夫 = もう大丈夫。
妻 = えっ?何が?
夫 = 気分は大丈夫?
妻 = うん、まぁね。

夫 = 、、、。昨日の事だけれど、あの態度はよくないよ。どうしてなの?

それでまた私は、昨日の事を思い出してむっつり。

夫はそれ以後何も言いませんでした。
街を歩いている時に、私の大好きなコーチのお店を見つけたんです。

b0091689_1053222.jpg



夫 = ここに入ってみる?
私 = 別に。
そしてそのまま、またみんなで歩き出したんです。
すると今度は、バナナリパブリックのお店。

夫 = ここに入ってみる?
私 = 別に。
とは言ったものの、中に入ってみたら、もうすでに割引になっているのに、さらにすべてが50%引き。
これは凄い!

高校生の子たちと私は、すぐに商品に見入りました。

夫は、「僕は服はいらない。」と言い、ファッションに興味のない四男も、「いらない。」と言い。
結局服を見たのは、私、三男、長女だけ。
その中で、私は教会に着ていく服を何着も試着して、手に持っていました。
長女 = お母さん、こんなに買うの?
母 = うん、教会に来ていく冬の服が少ないもの。
長女 = いいの?こんなに買えるの?
母 = 良いの。だいぶ割引だもの。
長女 = お父さんは良いっていうかしら。
母 = もちろん良いって言うわよ。だからこのお店に私を連れてきたんだもの。

三男、長女、私で9着購入し、総額約55.000円の物が、1.5000円でゲット。

バナナリパブリックを出て、ランチを食べようとレストランの前に立った時に。

私 = 昨日は、態度が悪くってごめんね。
夫 = (にんまり)

その後、私がどうして腹を立てたのか話をしました。
夫も納得。
そこで知ったんですが、夫自身、夫のスマッシュボールが私の膝に当たったということを知らなかったらしいんです。
夫は、スマッシュをした後、すぐにボールを拾いに行って、私に当たったかどうかもわからなかった様子。


やっぱり、小さなこともきちんと話し合わないといけませんね。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。






人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。




[PR]
by chieko-2 | 2016-10-20 10:53 | 家族 | Comments(2)
Commented by ちばゆう。 at 2016-10-20 23:28 x
膝は、大丈夫ですか?
でも、ついついふふふ。
ご主人とちえちゃんの会話が、とっても仲良しなのが伝わってきて、笑顔になってしまいます。
小さな事を話し合う事、私も賛成です!
Commented by chieko-2 at 2016-10-21 21:29
** ちばゆうちゃん
いつも私のブログに遊びに来てくれて、コメントをどうもありがとう。
コメントをもらうと本当にうれしいんだよね。

ひざはその日のうちによくなりました。
というか、その日は怒りで膝が痛いなんて考えもしかなったわ。
でもさ、何回も言ったかもしれないけれど、時々思うのよ。
どうして夫は私と結婚をしたんだろうってね。神様が彼の眼を半分隠されて、私の半分しか見えなかったからだろうってね。
ちばゆうちゃんも、ちばゆうちゃんのすべてを受け入れてくれる彼に感謝だね。


<< Anniversary 帰り道 >>