四男の試合


人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。






今朝起きたら、マイナスの世界。
本当に寒くなりました。

金曜日のお昼から、サウスキャロライナに行ってきました。
三男と下の子たちは、義兄夫婦に預かってもらう如く、義兄の努める大学に連れて行きました。
義兄は大学の先生。

義兄の車はミニバンではないので、三男は助手席に、そしてほかの子たち4人は後ろの席に座って義兄の家へ。

夫と四男、そして私はサッカーの試合会場の近くのホテル。
土曜日の試合。
第1試合、引き分け。
第2試合、3-1で勝ち。

日曜日の試合。
第1試合、1-0で勝ち。

四男達のブラケットでは、四男達のチームが勝ちました。

そして12時半から、もう一つのブラケットとの決勝戦。

相手チームは1コ歳下のチーム。
でも、四男たちのコーチは、ほかのチームのコーチに行き、四男のチームにはプレイヤーのお母さんがコーチになって座っています。
「あれぇ~、早く本当のコーチに来てほしいよぉ~! と私と夫。
この相手チームはとても訓練され、ポジションもしっかりと踏まえ、ボールを失うこともなくパスをしっかりとできたんです。

なんか、四男のチームは1ゴールされたら、あきらめて走りもしない。
動きが違うから、力の差を感じるのはわかるけれど、あきらめないでよぉ~!

諦めずに走っているのは四男だけ。

四男の話では、相手チームのコーチは「ゼッケン5番に気を付けろ!」と言っただけで、後は何にも助言をしなかったとか。
助言をしなくてもこのチームは、自分の役目は何をするかしっかりとしつけられていましたもの。
ちなみに、ゼッケン5番は四男の背番号。

結局3-0で負けました。
優勝トロフィーは、1つだけで、勿論相手チーム。
四男たちは、「決勝戦、上位2チーム」の札をもらっただけ。

この相手チームの動きを、四男たちのコーチに見て欲しかったなぁ。
コーチで学ぶことがだいぶ違いますものね。

試合後、憤慨していたのは四男。
1点入れられただけで、すぐに諦めて走りもしないってどういうこと!!

諦めずに最後まで走った四男に拍手。

これでサッカーのシーズンは終わりです。
でも、2か月後には学校のサッカーシーズン。
それまで、自主トレーニングで、走りこんだり、ボールドリブルの練習です。
外は寒いけれど、次女(中学校のサッカーチーム)と一緒に頑張ってね。








子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村応援のクリックをお願いします。




[PR]
by chieko-2 | 2016-11-22 00:13 | スポーツ | Comments(0)


<< Dentist 薬 >>