スクールバス停で

人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。



小学生の子供たちは、毎朝スクールバス亭で、バスを待つんです。
バスは6時50分にきます。だから6時40分くらいから子供たちが集まり、全員集まると6人だったのですが、新しい人が引っ越してきたので今では10人くらいの子供たちの集まり。
朝が早いので、あまり大きな声を出さないように気をつけます。
子供たちは朝来た順に、カバンを置いて遊びます。
スクールバスが来ると、置いたカバンの順にバスに乗ります。
ある朝、うちの五男がその新しく来た子のお兄ちゃんの方の場所を取ってあげたんです。
そしたら、妹の方が大泣き。
その鳴き声は、100m以上離れたところまで聞こえます。
親はその場にはおらず、子供たちだけ。
急ぎ足でそこへ行くと、その女の子(小学校2年生くらい)は、一人離れて座り大泣きをしていました。
私は、「そんなに大きな声で泣くと、ほかの人に迷惑がかかるでしょう。ご近所さんはまだ寝ているのよ。」と言うと、その子の鳴き声は小さくなりました。

親たちも来て、子供たちはバスで学校に向かいました。
その後です。
その大泣きをした子の母親が、「誰か、素晴らしい小児精神セラピを知らない?」と聞いたんです。
そこにいたお母さん方は、いろいろ小児精神セラピの話をしていました。
そのお母さんが帰ってから、その場にいたお母さん方の話は、やっぱり小児精神セラピの話。

そんな子供のセラピなんて行って効果があるんでしょうか?
小児精神セラピがあるという事は、効果があると信じて通う人もいるってことですよね。

その子はわがままで、自己中心な考えしかないんです。
自分の気に入らないことがあると、大泣きをする。
多分その子の親は、「自分の事ばかり考えずにほかの人の事も考えてあげなさい。」なんて教えたことがないのでしょう。
もう小学校2年生なんだから、「ほかの人の事も、考えてあげようね。」と言うと理解できるはずです。
そんな大切なことを教えない親。
残念です。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-09-04 21:19 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(4)
Commented by ゆきこ at 2018-09-06 10:10 x
こんにちは。次男君や5男君のことが気になって、たまにブログを読ませて頂いています。

今回のその子は何か発達障害とか抱えているのかもしれませんね。ただの我が儘かもしれませんが。外から見ても分からないこともあるものです。
でもその子のお母さんが立ち話風でセラピーのことを話すと言うことは、あまり真剣に助けを探している感じもしませんね。
でも人のことをお笑いなどと言って、ご自分のブログに書くことも立派なこととは思えません。残念だと書くなら、直接そのお母さんとお話されてみてはいかがですか?
Commented by chieko-2 at 2018-09-06 21:18
** ゆきこさん
こんにちは。コメントをありがとうございます。
そうですね。あなたたの言われる通り、お笑いではないですね。
近頃の親は、ADDとか、自分の子供のしつけの足りないことを棚に上げて、なにかと病名をつける人が多いかと思えます。この子は精神的な疾患があるからしょうがないと言い訳をしているのにすぎません。
もちろん重度の障害のお方もいらっしゃるでしょう。その子のご両親は、本当にご苦労をされておられると知っています。
うちの子たち、4人がADDと診断されました。
しかし私は、お薬などに頼らず、しつけをしました。
いくらADDがあろうとも、その場の状況を自分で判断する力を持たないと人間としてよくないと判断したからです。
躾はすべてその親の判断です。
そのお母さんから相談を受けるのであれば、きちんとお話をします。
しかし相談をされていない人に私から話すことはしません。
コメントをありがとうございました。

ps。あなたはお子さんがおありですか? ちょっと気になってぇ。
Commented by ゆきこ at 2018-09-07 07:34 x
そうですね、相談されてもいないのに子どものことについて話はできないですよね。すみません。

病名を付けるのは医師やカウンセラーであって、親ではないと思います。躾と疾患があることは別に考えて行った方がいいと思います。

ちえこさんがおっしゃっているように、躾は大事です。躾をしないことはこどもをダメにしてしまうことだと思います。愛情が足りていない、結局は強い愛情を持って子どもに接していないことだと思います。

私にも子どもがおります

子どもの同級生で問題がある子がいました。それにもかかわらず親が何もしない人たちのようでした。実際にはその子の親とは話していませんが、先生と話した時にそんな話を聞きました。
子どもに問題があるなら、担任や学校カウンセラーに助けを求めればいいのにと思ったのですが、その親は学校からの電話も出なくなってしまったそうです。

子どもが小さな時はまだ送り迎えをしていたので、その子の様子もたまに見たりしていましたし、その子の描いた絵を見たときは、年齢より幼いように感じました。その時になんとなく発達面で遅れがあるのだろうかと思ったのです。他人が見て何か気付いても、親の場合近すぎて受け入れられないこともあるのでしょうか。

私には宗教がありません。なのでちえこさんのように強い信念がありません。医療も信じることも体の力もそれぞれお互いに影響するかとは思いますが、一つだけの力ではないと思います。もし今回のお話の子が疾患があるなら、躾も大事ですが、親の躾を非難するだけの話ではないのではと、余計なお世話でそう思ってしまいました。

そうは言っても他人様のこと、私にはただ私の子どもの同級生のように、適切なケアを受けないままで育ってほしくないなと思うのです。それだけです。

長々とすみませんでした。
Commented by chieko-2 at 2018-09-07 11:56
** ゆきこさん
やっぱり問題のある子は、親も愛情を示していない子が多いいのでしょうか。
お子さんがおられるのであれば御存知だと思いますが、きちんとした能力を持っていても、親からの無視(ニグレット)が続くと、精神的成長が止まったりすると聞いたことがあります。
「親のしつけの批判」
私は、もしその親が子供に対して不平不満を言う事に対し批判感を感じます。
それほど不平不満を言うのであれば、自分自身がきちんと躾をすればいいのではと考えるからです。
悪いのは子供のせいではありません、親がしっかりと躾をして教えてあげないからだと信じるからです。
ゆきこさん、コメントを本当にありがとうございました。


<< 四男の女友達 四男の女友達 >>