長男への意見

うちの長男は、子供達のリーダーとして親から見ても良くやってくれています。
彼の言う事は間違いが少なく、ほかの兄弟達ともめ事が起きても彼が正しいときが99%です。

先日の事です。
次男はダイニングの窓辺の席で宿題をしていました。
私は夕食を作っていたのですが、いきなり
やめろよ!!
と言う言葉が飛び込んできました。

彼らに目を向けると、長男は次男のそばにいて、二人でにらんでいました。

私 = 長男、こっちに来てくれない。
長男 = 次男が、、、、。

私 = こっちに来てってお母さんは言ったよ。
長男 = (その場を離れ、リビングに行く。)

私 = 次男は宿題をしているから、邪魔をしないでね。
長男 = 違うんだ、次男が。。。

私 = お母さんは何も聞きたくないよ。
長男 = どうして次男と口論になったのか、僕は説明ができないの?

私 = そう。説明しなくともいいよ。次男のそばに行かないでね。
長男 = どうして説明できないの。お母さんにもわかってもらえる事だよ。

私 = いいえ、説明はいりません。
長男 = (ブスッとして、ソファーに座る。)

私 = あなたは子供達の中で、いつも正しい行いをしているって知っているよ。
でも、いつも正しいからって言って、飲み込む事を学ばないとダメだよね。
いつも自分の正しさを主張する事は良くないんだよ。
お母さんにあった事を話してきかそう
4ヶ月の赤ちゃんがうちに来た時に、市役所のケースワーカーから電話があって、「彼の服を120ドル分くらい買える。」って言ってくれたのを知っているよね。
お母さんは彼女の指定した『トイズラス』に行って、彼の服をかごに入れて、市役所の「買い物係」(里子の服などを買う管理をする)の人が家まで持って来てくれているのを待っていたんだよね。
「買い物係」の人と何回も連絡し合ったんだけれども、「買い物係」の人は、お母さんが選んだ服を見つける事ができなかったんだよね。
数時間後に、二人とも違うお店の事を言っているって気づいて、その買い物係の人は、その日に赤ちゃんの服を持ってうちにくる事ができなかったんだよ。

もちろん、その買い物係の人には、『子供のケースワーカーが、そこのトイズラスって教えてくれたから、、、。本当にごめんなさい。』って謝ったわよ。
買い物係の人は『あなたのせいじゃないわよ。間違った場所を言ったのが間違いだったんだものね。』って言ってくれたわ。

次の日、子供達のケースワーカーから電話があって、
「私が今日赤ちゃんの服を持って行くわ。あなたは間違ったお店に行ったものね。」って言われたのよ。

子供達のケースワーカーが「あそこのトイズラスに行ってください。」と言わないと、市役所管理の里子の買い物なんか、何処でするのか私が知っているはずがない。

お母さんは「あなたがあそこのトイズラスって言ったじゃない。あなたが指定しないと、私が市役所指定のお店を知っているはずがないでしょう。」って言ったと思う。

長男 = (無言で聞く)

私 = お母さんは何も言わなかったんだよ。『あら、、、そう。』と言っただけだよ。
自分が正しいとはっきりとわかっていても、飲み込む事が大切な時もあるんだよ。
あなたはいつも正しいし、お父さんもお母さんもあなたの言う事は誰よりも信用しているけれど、そうなると飲み込む事は、なかなか学べないよね。
この飲み込む事は、自然にできる事ではないんだよ。少しずつ学ばないといけない。
お母さんは小さい時に、その事を学ばしてはもらえなかったから、いつでも自分が正しいと主張する人間に育ったのよ。

あなたには、その飲み込む事をしっかりと学んで欲しいのよ。

長男、お母さんは長男の事を本当に愛しているのよ。


その時長男は黙っていました。

10分くらいしてから私の所に来て。

長男 = お母さん、僕の態度が悪くってごめんね。
私 = お母さんは本当に長男の事を愛しているのよ。素晴らしい人間になって欲しいのよ。
と言って、長男とハグをしました。

長男は、「わかっている。」とだけ答えました。





人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-30 08:48 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(9)
Commented at 2007-04-30 14:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chieko-2 at 2007-04-30 19:47
** 鍵コメさん
お仕置きは親だけができる事です。
「兄弟ではお仕置きはできない。」と子供達にはっきりと言っています。
「だって言う事を聞かないんだもの。」と言った時には、
「自分の子供ができた時に、自分の子供にお仕置きをしてね。
あなたの兄弟は私の子供だから、私がお仕置きをする。あなたは親ではないんだから。
あなたの兄弟が言う事を聞かなかった時には、私に報告をしてね。
私がどうするか判断するから、私は親だから。」
とキチンと言ってください。
それは彼女にだけ言うのではなく、ほかのお子さんもいらっしゃる時に言ってください。
そうすれば、ほかのお子さんも「お姉ちゃんは、お仕置きができない。」と知る事ができます。
そう言ったのにも関わらず、お姉ちゃんがお母さんの代わりにお仕置きをした時には、「親の言う事を聞かなかった。」と言う事になります。
つまりお姉ちゃんがお仕置きを受ける事になります。
うちの子供達、特に長男はしっかりとベビーシッターをしてくれますが、したの子達が言う事を聞かなかった時には、私に報告をしてくれ、私達が帰って来てからお仕置きをします。
Commented by chieko-2 at 2007-04-30 19:48
** 鍵コメさん(第2)
お仕置きは親だけの特権です。
親だからお仕置きができるのです。
それは、親以上に自分の子供の事を愛していてくれる人が何処にいるでしょう。
愛しているからこそ、立派な大人になって欲しいからこそです。
鍵コメさん、応援しています。
Commented by sayaka. at 2007-05-01 09:33 x
おー
なかなかレベルの高いことを
長男は学んでいるんだね。

人生そんなこと、あるよね
(そんなコトばかりの方が多いかもね)
でも、何が大切か、誰がみているのか。
私もよく、考えさせられます。

人はその人の行いをみるが、
主はその人の心をみる。

からね。本当に大切なこと。
そう考えたら、なんか、くだらないことに
自分は執着してたなって思ったりする。

飲み込むことって言うのはそういうことにも
繋がるんだろうね。


チエちゃんのその人に対しての行動も、
長男くんの行動も、主はみててくださるんだね。
それって やっぱり感謝だよね。

私も心がいつも主に向いている人でいたい。
Commented by chieko-2 at 2007-05-01 09:39
**  さやか
>人はその人の行いをみるが、
>主はその人の心をみる。

本当にそうだよね。
隠れた所で観ていてくださる主に、誠実でありたいよね。
そして、どんな時でも主を見上げていたいよね。
Commented by ゆみりん at 2007-05-02 02:35 x
すごっく心にズキっ・・・。
私もいかに自分が正しいかいつも主張してしまいます。
そう、さやかちゃんが言うように、心を、隠れたところを
見てくださるイエス様に誠実であれば、他のひとに
それを見せびらかすこともないのですよね。
そうしたいと思うということは、私の心の焦点が
イエス様ではなくて、他にある、間違ったところにあるって
いうことなのですよね。

また心新たにさせられました。
Commented by ゆうこ at 2007-05-02 10:37 x
コメントではお久しぶりです^^

自分の正しさを主張することを
控えることが大事なときもありますよね

千絵子さんや、長男くんみたいに
はっきり自分の思いや考えを言うことが出来る人は
正しさを主張しない大切さも
理解してできるようになるだろうなぁと思います


私は、小さい頃から飲み込んでばかりだったので
今、主張したい気持ちが溢れ出てしまい- -;;;
引っ込めすぎはよくないですね・・・
私も練習中です^^;

長男くんが、千絵子さんの話をよく聞いて、納得できたのは
普段から、千絵子さんご夫婦が長男くんを愛し、認めていることが
長男くんによく伝わっていたからだと思います

お母さんや、お父さん、そして神さまは分かっていますもんね^^
見えないところで理解してくださっている神さまがいてくださることは本当に感謝ですし
イエスさまも自分の正しさを主張せず、十字架にかかってくださったんですもんね^^
Commented by たあこ at 2007-05-03 01:07 x
私、千絵子さんみたいに『あら、、、そう。』っていえる自信がないなぁ・・・。

私は小さい頃に自分の意見をまったく言わせてもらえなかったので、今は逆に自分の意見をハッキリいってしまいすぎるところがあります。

「自分は悪くない」
って思うとつい意見が・・・。

でもグッとこらえる時も必要なんですよね。
それができて“大人”のような気がします。
Commented by chieko-2 at 2007-05-03 12:40
** ゆみりん
>私もいかに自分が正しいかいつも主張してしまいます。
ゆみりん、私なんかしょっちゅうですよ。
特に家族に対してです。絶対に私が勝ちたいのです。
やっぱり、祈りと聖書勉強をしないと、これはなかなか直せないのでしょうか。
相手の間違いを言うにしても、色々な言い方がありますものね。
イエス様の様に、愛を持った言葉を使いたいです。

**  ゆうこさん
ゆう子さんは色々な体験をされましたものね。
飲み込まないといけない状況になってしまった。と言う感じですよね。
今は、きちんと気持ちを伝えられる素敵なご主人がいらっしゃる事に感謝ですね。
>見えないところで理解してくださっている神さまがいてくださることは本当に感謝ですし
>イエスさまも自分の正しさを主張せず、十字架にかかってくださったんですもんね^^
本当にそうですよね。何も主張せずに、、、。
感謝ですよね。

**  たあこさん
私は年だけとって少しも「大人」になり切れていません。
時々、長男の方が大人ではないか??と思うくらいです。
人間はきっと死ぬまで学ばなければならないのでしょうねぇ。


<< 電話 学校面接 >>