「里子君の妹」の話し合い

火曜日に、裁判所の一室であった「里子君の妹」に付いての話し合いの事をお知らせしたいと思います。

先週の金曜日

市役所のローラに電話をしました。
ご存知の通り市役所の中でも色々な部署があり、彼女は「里親の家庭訪問」の仕事をしています。
2ヶ月に1回の割合で、それぞれの里親の家庭を訪問するのです。
* 彼女の事は、前記事の「驚き」の中のミクシー記事の所に載せています。

金曜日の電話。

ローラ = 会議には私の上司が行くと言っていたわ。
まぁ、話し合いと言っても私の上司は「絶対に賛成しない。」と言っていたから、全く期待しない方が良いわよ。
なにしろ、8人目だものね。
多すぎるもの!
8人もいると、将来何か困ったことも起こるでしょうに。
8人の子育ては大変よ!
まぁ、無理と思っていた方が良いわよ。

私 = 市役所の人たちは、8人と言う子供の人数だけで私達を判断しているわ。
うちに来てもらったら、私達の事も知れる。
子供達に会ったら、私達がどんな躾をしているのか知る事ができる。
私の家庭を見ずに、数字だけで判断するなんて。
それに、「将来困ったことが起こる」と言うけれど、それは一人っ子でも、2−3人の子供でも起こる事だと思うわ。
ローラ、貴女は私の味方なの?それても敵なの?

ローラ = どちらでもなく中間かなぁ。


私 = 市役所の中では、あなたが私の家庭を訪問し、私の子供達に会っているんだから、貴女の上司に、貴女が私の家庭で見た事をきちんと伝えて欲しいの。
子供達がどんな態度を取るか、家の様子も、きちんと伝えて欲しいの。
8人は本当に大きな数字だけれど、私達にはそれができると信じるわ。
8人の子供を育てる事は大変!と言うけれど、私達は少しも大変とは思わないわ。
それをしたいのよ。
貴女も私の子供達を見てそれを察して欲しいわ。
他の家庭と比較をして欲しいわ。
そして、きちんと伝えて欲しいの。

ローラ = 、、、分かったわ。私の上司に伝えるわ。


そして、会議の日(火曜日)

11人の人たちが会議場に集まりました。
私と夫、ヘロリー弁護士、里子君のケースワーカー(コートニィー)、その上司(パメラ)、ローラの上司、里子くんの妹を預かっている里親、生みの父親、子供が市役所に連れてこられた時その子をどの家庭に送るかと決める部署(スーザン)、里親協会の代表、そして会議を進める司会者の11人です。

何だかドキドキでした。
何を言われるだろうか、やっぱり8人目 と言うことを強く言われるのだろうか。。と

皆が座ったらすぐに、2枚の推薦状(小児科の先生、セラピスト)を皆に配りました。

まず最初に、ローラの上司が「何人の子供がいるの?」と聞いてきました。
すると司会者は、「その前にきちんと自己紹介をしましょうよ。」と言い、その場の雰囲気を和めてくれました。

その司会者は、私が最初に里親になった時に会った事のある人でした。
会議が始まる前に、前に一度会った事を話し、私の家にも来てくれた事を伝えました。
彼女も私の事を覚えてくれていました。(感謝

へロリー弁護士 = 千絵子の家庭を訪問したけれど、子供達の躾も良く、もう一人家庭に置くスペースも十分にあったわ。小児科の先生、又セラピストの推薦状にも書いてある通り、この里子君の妹は千絵子の家に送るべきだと信じます。

ローラの上司 = 家庭がしっかりしていて、子供の躾も素晴らしい事はローラから良く聞いています。

私達 = (えっ?! 私達に反対していると言っていたのに、ローラがちゃんと伝えてくれたんだ。感謝)

スーザン = 私達は最初から、千絵子の所に送ろうと言っていたけれど、私達の上司が「駄目」と言ったんだものねぇ。兄弟は同じ所におかなきゃ駄目よ。


。。。。。話し合い(略)。。。


もう一人の里親 = 千絵子の家は今7人もいるんだから子供が多すぎるわ。私は3人しかいないし。
それに、兄弟として週に1回2時間くらいずつ会ったら良いわよ。

ヘロリー弁護士 = いくら兄弟として週に2時間くらい会っても、同じ屋根のしたで一緒に暮らすのとは大きな違いがあります。

ケースワーカーの上司(パメラ) = 生みのお父さん、貴方はどう思うの?

生みの父親 = 私は、やっぱり子供達は同じ家で育ててもらった方が良いです。兄弟そろっていた方が。


その里親さんをのぞいて、全員一致で里子君の妹を私の所に移す事に決まりました。
でも、その話し合いの結果をスーザンの上司に持って行かないといけません。
彼女がどういうかです。

スーザンの上司は、里子をどの家庭に送るか決めるのですが、なんと、今までの上司は先週一杯で他の街に転勤になったそうです。
*その人が大反対をしていたのです。
そして、今新しい人が任免になって他の街から来たそうです。

ある人は、その新しい人は、この街に前いた人で「子供の事を一番に考える人だ」と教えてくださいました。
その人が「駄目だ。」と言えば、又1からのやり直しになる様です。

火曜日に話し合いがありましたが、まだ市役所からは何にも連絡がありません。

主の御技を待つのみです。
どうか続けてお祈りを御願いします。




人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2008-04-04 09:16 | 全能の主 | Comments(4)
Commented by miki at 2008-04-05 13:25 x
驚きました!
同じ両親から3人目が生まれたということですか?
3人年子ですか?
chiekoさんのところに来てくれるといいですね。
うちもchiekoさんのところの躾を見習わなくては。うちの状況を見せたら駄目と言われそうです。
Commented by chieko-2 at 2008-04-06 01:59
** みきさん
そうなんですよ。
年子の3人兄弟なんですよ。
早くうちに来て欲しいです。
新生児の1ヶ月って、沢山成長しますものね。
小さな成長も見逃したくありませんもの。
Commented by お気楽ママ at 2008-04-08 17:21 x
みんな基本的なところでは一致してるようですね。
愛情という面ではね。
後は、祈るのみです。
Commented by chieko-2 at 2008-04-09 03:52
** お気楽ママさん
そうなんですよぉ〜。
やっぱり兄弟は一緒の方が良いですものね。
でも、まだ連絡が来ないのです。
もう1週間にもなるのに。
「日本の役所仕事はのろい」と言いますが、決断をするのに何日必要なのでしょう。
仕事をしているのかしら?なんて思ってしまいますよ。
P国も役所仕事はそうですか?


<< 里子君の妹 話し合い >>