2018年 10月 04日 ( 1 )

長女

人気blogランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



先日、長女(17歳)が部活から帰って来た時の話です。

母 = お帰り。
長女 = ただいま。ちょっと着替えてくる。
と、そこまではよかったのですが、ちょっと彼女の様子がおかしかったんです。

母は、「ちょっと待って。」と言ったのに、長女はそのまま通り過ぎようとしました。
母は、長女の腕をつかみました。

母 = 何かあったでしょう。どうしたの?
そういうと、長女はべそをかきました。そして、涙がぽろぽろ。

話を聞くと。
今日の部活で、コーチがグループを分けたんだそうです。
長女は、女の子5人グループ。
長女が先頭になって走ろうとしたら、その女の子たちが、「ちょっと長女、あなたが先頭にならないでよ!」「そうよ。私が先頭になる。」
長女は、「私が先頭で走らないと遅くなるんじゃないの?」と言うと、「遅くなっても良いわよ。」「そうよ。あなたが先頭で走ると、私達が大変だもの!」との事で、長女は一番後ろで走ったんだそうです。

走り終わってから控室に行こうとすると、一人の子が「長女、コーチが呼んでいるよ。」との事。
コーチの前に行ったら。
「なんだ長女! お前をあのグループに入れたのは、お前が彼女たちをリードするために入れたのに、どうして一番後ろなんかを走るんだ! お前をリーダーと考えていたのに何事!」

長女は、一緒に走る子たちから文句を言われたと告げたのですが、コーチは怒っていたそうです。

母は長女をずっと抱きしめて彼女の話を聞いていました。
長女なんて私よりも背が高いのに。

母 = 次に彼女たちと一緒に走るときには、「私がリーダーになって走る。これはコーチが決めたこと。文句があるんだったらコーチに直接言って。」と言えばいいわ。そしてそのまま、「さ、行くわよ。」って走ればいい。彼女たちがあなたについてこれなかったら、それはそれで彼女たちの責任。あなたはあなたのするべきことをすればいいわ。

長女 = うん、わかった。(と言いながら涙を拭いていました。)

その後すぐにコーチにテキスト(電話番号にメールが打てる)
「コーチ、今日はリーダーとしての務めを果たせなくってごめんなさい。次回はきっと果たします。」
コーチからは、「分かった。」と返事がありました。


長女 = お母さんは凄いね。私の顔で分かったの?
母 = 当たり前じゃないの? 私はあなたの母よ。ね、話をすると気分が落ち着くでしょ。
長女 = うん、なんかすっきりした。
母 = これからも、何かあったら一人で抱え込んだらいけないわよ。お母さんはここにいるからきちんと話してね。
長女 = わかった。

それから長女はいつもの長女になりました。
思春期の子達、大人からすると何ともないことでも、彼らにとっては重大な問題。
長女も、どんな時にでも親を頼りにし、いろいろなことを話してほしいです。






子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-10-04 06:16 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(2)