人気ブログランキング |

五男の検査

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。



今朝は、朝7時45分の予約で、子供病院に行きました。
五男の検査です。

1か月ほど前に、1年検査にいつも行くファミリードクターの所に行った時に、検査を勧められたんです。
私は、CTスキャンをするのだろうと思っていたら、呼吸力のみ。
なんで???って感じです。
彼の肺に、というよりも、肋骨がふさがり、うまく息ができないのでしょうか?
CTスキャンはしないのでしょうかと、かかりつけの医者にメールをして聞いてみるつもりです。

b0091689_00123351.jpg

b0091689_00123321.jpg

b0091689_00123393.jpg

b0091689_00123327.jpg




子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。



Sent from my iPhone
# by chieko-2 | 2019-07-24 05:12 | 五男の病 | Comments(0)

長男達の結婚生活

人気blogランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



彼らは本当に結婚生活を楽しんでいます。
この週末も、友達と湖に遊びに行ったとか。
b0091689_20551745.jpg

b0091689_20551773.jpg

昨日、ちょっと長男と話をすることがあって、そこ1時間くらい話をしていたんですが。
電話を切るときに、「ちょっとお嫁ちゃんを一人にしすぎたから、もう電話を切るね。」
と言ったんです。

なんか、お嫁ちゃんを大切にしているんだんぁって感じて、嬉しくなりました。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



Sent from my iPhone
# by chieko-2 | 2019-07-23 07:55 | 長男夫婦 | Comments(0)

四男の宣教旅行

土曜日の12時過ぎに四男から電話があり、教会に迎えに来てくれと。
夫が迎えに行きました。
土曜日に1泊し、日曜日にはまた同じ所へ宣教旅行に行きました。

でも、なんか四男の様子が今一。
やっぱり私の祈りが足りないのでしょう。
どうぞ、私と一緒にお祈りください。

# by chieko-2 | 2019-07-22 08:56 | 全能の主 | Comments(0)

Hiking

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。



夫は新しい仕事が来週から始まるので、火曜日まで仕事をして、長い週末。
そこで、家族ハイキング。
三男と四男は宣教旅行に行っていて、子供はほんの4人。

約10キロを歩きました。
もちろん五男も一緒。
五男は左足を曲げれないので、やっぱりほかの子達に遅れてしまいます。
私は五男と一緒に歩きました。
登坂は、右足を先に出して左足を引きずる感じで登れるのですが、下り坂は別。
曲がらない左足を先に出して、その左足を軸にして降りて行かないといけません。
歩いている時も、時々小石や木の根っこに引っかかるときがあったんです。
私たちであれば、ちょっと引っかかっても立ち直れるのですが、左足の曲がらない五男は大変です。
感謝なことに、五男は一回も転ばないで歩けました。
汗をいっぱい書きました。
本当に楽しい時を持てたことに感謝です。

b0091689_21393845.jpg

こんな石の坂を登ったり下りたり。
b0091689_21393857.jpg

b0091689_21393856.jpg

これって石のトンネルです。
b0091689_21393886.jpg

ここはちゃんと階段になっているので歩きやすいのですが、こんなな所はここだけでした。
あとは、石が組み合ったようなところを上りました。
夫が五男の先に言ったり、私が五男の先に言ったりして、彼の補助。
b0091689_21393825.jpg




子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。




Sent from my iPhone
# by chieko-2 | 2019-07-20 21:39 | Comments(0)

主の光

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。



四男は教会でいじめられていました。
子供たちからではありません。
大人からです。
よく中高生のキャンプや旅行に付いてくれる人からです。

そのMは、みんなの前で四男を馬鹿にして笑ったり、怒鳴ったり、四男だけに仕事を与えたりしたようです。
例えば、宣教旅行に行ってバス移動の時は、四男だけが学生たち全員のバッグをバスに乗せる係。
ほかの子たちは、いつもソファーに座って携帯で遊んでいたそうです。

宣教旅行先のあるお店で、Mが四男に、「もう行くから早く来い!」と言ったそうな。
ほかの子たちはまだお店の中で品物を見ている。「ほかの子たちはまだ買い物の途中です。僕も行っていいですか?」というと。
「なにぃ~。お前は俺に議論を仕掛けるのか?!」と怒鳴られた。

四男の信仰を買われ、中高生の牧師からよくグループリーダーに抜擢されます。
しかし、そのMがいつも馬鹿にして、みんなの前で四男を笑うので、グループの子たちは誰も四男の言うことを聞こうとはしません。
などなど、例題を出せばきりがありません。
だから四男は、教会の中高生の集いや宣教旅行には、極度に参加拒否をしていました。
うちの子たちは、目上の人に絶対に反抗的な言動をしないので、Mも良い様にうちの子達を顎で使っていたのでしょう。

しかし、今四男は宣教旅行に行っています。
なんと2週間もの宣教旅行です。
ノースキャロライナのある町で、ホームレスの人とのかかわり、また貧しい人々の家の修理などなどです。
全部で3週間あるのですが、1週間ごとに行く人々が変わります。
四男はそれに2週間参加すると言ったんです。
昨日の記事に載せましたが、四男の中で何かが吹っ切れたようなんです。

この日曜日のことです。
私は教会でMを見かけたら、この夏の宣教旅行に行くのか聞き、もし彼が四男の行く宣教旅行に行くと言ったら、
うちの四男も宣教旅行に行くんだけれど、うちの四男を絶対にいじめないでね。まず四男と同じ空間に行かないでくれる!
あなたが四男にしたことはすべて知っているわ。
あなたは四男よりもずっと年上で3人も子供がいるんだから、それなりの言動をしてね。
と言うつもりでした。
でも、幸か不幸かMには会いませんでした。

教会が終わってから四男が言ったんです。
「Mと話をした。
Mに言ったんだ。
あなたが、この何年もの間、僕にしたことをすべて許します。」

母は、「えっ? で、Mはなんて言ったの?」と聞くと。
「別に何も。」と。

まだまだ霊の戦いが続きます。
四男が今行っている宣教旅行で、素晴らしい時を持たされることを祈ります。




子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。




# by chieko-2 | 2019-07-17 02:12 | 全能の主 | Comments(0)

四男

人気blogランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



五男の病院検査のために、サンフランシスコに行った時に四男が言ったんです。
「僕は軍隊に入りたい。
軍隊の一番前線部隊に入って、イラクかアフガニスタンに行きたい。」

「あなたは死にたいの?」と聞くと。

僕が死ぬと、国のために母さん達のために死ぬんだから、国や母さんたちを守ることになる。

でもその考えは、彼自身で考えたことではありません。ある人の影響です。
その影響を与えた人は、学校を退学になり、私にも面と向かってうそをつき、四男にも私たちにうそを言うように促した人。
四男と同じ年の女の子です。

「そんな人を信じるのではない。軍隊に入るのは君の考えだが、動機がおかしい。」

と、家族会議を何回もしました。

その女の子の家にも行き、「うちの四男と連絡をしてくれるな。」と言いに行きました。
いろいろな方法で、その子と連絡ができないようにしたんですが、網をくぐって連絡を取り合っていました。
最後には、四男の携帯を取り上げました。(もっと早くするべきでした)

四男は自殺志願があるのだろうか?
と考え、祈りのお願いをこのブログに載せました。

全くの悪魔の支配下にあった私たち。
私も、三男に電話をかけ、「呪いの魂を持った子!」と、三男を怒鳴ったそうです。
その電話をかけたのは、夕方の5時半。
次の朝6時ごろ、夫がその話を私にしたのですが全く身に覚えがない。
携帯電話の歴史を見てみると、確かに私から三男に電話をかけ、3分ほど話をしています。
怒鳴ったこと、ましては、三男に電話をかけたことさえ覚えていませんでした。
ここ月半ほどそうでした。
そして、四男の様子もここ3-4か月ほどおかしな感じでした。

これは悪魔の仕業と祈りました。

ある日、夕食の支度をしていたら、四男が私のそばに来て、私の肩を抱き、「母さん、話がある。」とそのまま私を四男の部屋に連れて行きました。
そこで、四男のしようとしていたことを話してくれました。
四男は、この8月から行く短大でテストを受け、その足で軍隊に入る手続きをせんと、軍隊申し込みオフィスに車を走らせたそうです。
テストは実際にあったのですが、でも’私たちへのカモフラージュ。目的は軍隊。
軍隊オフィスの人の話では、軍隊に入るまでの2か月間、食費やホテル代すべてを軍隊が出してくれるとのこと。
おまけに、携帯電話も軍が出してくれるから、君は何ひとつ持たずに、身一つで来て申し込みをすればいいと言われたそうです。
その申し込みをするには、高校の卒業証書とソーシャルセキュリティーカードを持ってくれば、その場で軍隊にはいれるとのこと。
一度軍隊にサインをしたら、5年間は軍隊から出れません。
おまけに彼は、戦争最前線部隊に志願をしていました。
もう二度と母さんたちに自分のしようとすることに、とやかく言われることはない。
僕は軍隊に入りたいんだ。二度とこの家族とも会わない。このまま死んでもいい。

そう思いながら、軍隊申し込みオフィスに車を走らせたそうです。

でも運転をしている時に、どっと悲しみに襲われて、僕は家族を失うんだ!と痛感したそうな。
すると涙がとめどもなく流れ、僕は一体何をしているんだろう! 何を考えているんだ!と、引き返したとか。
この家を出て行き軍隊に入ろうと、バッグに服や身の回りの物を入れ準備をしていたようです。それも見せてくれました。

四男は涙をぽろぽろ流しながら、彼の心を話してくれました。
私は主イエス様が、四男を引き留めてくださり、四男を守って下さったのだと、賛美の祈りをしました。
そして、また誘惑に襲われるかもしれないからとソーシャルセキュリティーカードを私に渡しました。
四男は、軍隊申し込みオフィスからもらった色々な物を全部チリ箱に押し込みました。

僕は何を考えていたんだろう。
こんなに家族を愛しているのに、自分から家族を失おうとしていたんだ。

四男は、何かしらすっきりとした様子でした。

それからです、今までの四男が返ってきました。
この3-4か月、うその大嫌いな四男自身が嘘をついたり、自分の部屋にずっとこもっていたのに、その日以降一階のリビングで家族と過ごすことが多くなりました。
よく話もするようになりました。


今回の事はすべて私が悪かったんです。
私は主イエス様から愛されていると知っています。
しかし、私は主イエス様を前ほど愛してはいませんでした。
前のように聖書を読んだり、祈りをしたりがほとんどなくなっていました。
主イエス様は、愛する私を彼のもとに引き戻すために、四男を使われたのだと信じます。
「千絵子、これでも私との時間を持たないのか。」と言われたような気がします。

私の信仰はまんざらでもないと過信していました。
でも悪魔に心を奪われていました。
悪魔を受け入れる如く、四男を誘惑した子に対しての怒りや、四男の心配をしていたんです。
三男に怒鳴りの電話をしたことさえ覚えていない。悪魔を易々受け入れるほど心にスキがあったんです。

今回の事で、
祈りは1回で終わりではない。
もっと子供たちのことを祈り、また自分自身ももっと主イエス様に近づく様に努力を怠たってはいけない。
と痛感させられました。

四男の携帯はまだ私が持っています。
四男も携帯を返してとは言いません。ましては、「電気通信(コンピューターなど)すべて取ってもらってもいい。」とさえ言っています。彼自身も、「人間の力は弱い。主イエス様にあってこそ強くあれる。」と痛感したと信じます。

全てをコントロールしておられる愛の神様、主イエス様を賛美し感謝します。
でも、まだまだ戦いは続きそうです。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。





# by chieko-2 | 2019-07-16 02:09 | 全能の主 | Comments(0)

夫の仕事

人気blogランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



なんだか忙しくって、このことをお話ししていませんでした。
実は、日本から帰ってきて、夫が仕事に出た月曜日。
夫の会社から、夫にメールがあったそうです。
夫のしていたプロジェクトが終わったので、25日付で夫は解雇になるというお知らせ。
アメリカの会社ってそんなことがあるんです。
夫はこの会社に、大学院を出てからずっと働いていました。
その間も、何回も夫のしていたプロジェクトが終わり、次のプロジェクトに移っていったんです。
感謝なことに、今まで次々と次のプロジェクトに移ることができたんです。
でも今回ばかりは次のプロジェクトがない。
会社内で転勤をすれば、次のプロジェクトもあるのでしょうが、転勤はしたくない。
もちろん今までも、何回も転勤のお誘いがあったんですが、すべて断ってきたんです。
7月25日で夫の仕事がなくなる。
でも感謝なことに、まったく心配をしませんでした。
主イエス様のご計画で、こんなに沢山の子供たちを与えてくださった。
そんな神様が私たちを路頭に迷わすようなことは絶対にされないと信じられたからです。
私はいつものようにテニスをし、夫はいつものように仕事に行っていました。
もちろんその間、夫は数か所に履歴書を出したとか。
そして面接も数回。
そして感謝なことに、一つの会社に再就職することに決まりました。
年収は下がるのですが、その分年休をくれと要望したら、この会社のできる限りの年休をくれたそうです。
今までの会社は、年休が3週間で、1週間は無給で休みをもらっていました。計4週間。
でも、新しい会社は、年休を4週間半くれるとのこと。
そして、1日10時間労働で、毎週金曜日がお休み。

一番下の子が大学を出るのにあと10年。
そしてその後の10年は、私たちの老後の為の貯金。
あと20年は仕事がほしいなぁと思う私たち夫婦です。
でも、それも神様のご計画。
その間に、主イエス様の再臨があるかもしれませんしね。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。




# by chieko-2 | 2019-07-14 22:14 | 全能の主 | Comments(0)

また腹痛

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。



今朝、9時からのブロックタイム(テニス)に向けて、準備をしていたんです。
すると激怒な腹痛。
すぐに二階の自分の部屋のバスルームに行ったんですが、いつの間にか気を失って、気が付いたらバスルームの床に寝ていました。
あと10分で9時。
テニス友に、腹痛で遅れることを知らせて、車を走らせたんです。
でも、そこ8分くらい運転をしたら、手足がジンジンとしびれだしたんです。
そして気がフーッと遠くなったんです。
これは高速道路上で気を失って事故を起こすかもしれないと考え、高速道路前のベーグル屋さんの駐車場に止めて、四男に電話。

私 = テニスラケットを持って、ベーグル屋さんに来て。
四男 = なんで、テニスラケットが必要なの?
私 = もう9時を過ぎているから、サブなんて見つからないから、君に私の代わりをしてもらおうと考えてさ。
四男 = えっ?!僕?! 長くテニスをしていないから、僕のテニスはさび付いているよ。
私 = いいの、いいの。おばちゃんテニスだから、君のさび付いたテニスで十分。

9時半にテニスコートに着きました。
みんな、「千絵子、大丈夫?!」と。感謝なことです。
私のコートに入り、四男をプレイメイトに紹介し、私は椅子に座ってぐってり。
プレイメイトたちは、「そんな状態だったら、私たちのコートをキャンセルをしてもよかったのよ。」

ブロックタイムを終えて家路へ。
四男は、「おばちゃんテニスだったから、ボールをソフトに打つのが難しかった。」と。
四男本当にありがとう。

私がぐったりと椅子に座っていたら、隣のコートからテニス友が数人来て。
ねぇ、あなた日本から帰ってきてから、体が本調子じゃないわよえ。ちゃんと精密検査をしたの?
外国から帰ってきたら、ちゃんと精密検査をしないと、何か病気にかかっているかもしれないわよ。
お願いだから、私と約束をしてくれない。
月曜日までに回復しなかったら、絶対に病院に行くって!

私は、帰国してから1年検診に行って、血の検査もしてもらったことを知らせました。
するとほかのテニス友が。

血液検査に出てこないこともあるわよ。私もそうだったから。やっぱりきちんと病院に行ったほうが良いわよ。

そして、私のそばにいた四男に向かって。
テニス友 = お母さんが、ちゃんと病院に行くようにしてね。
四男 = うぅ~ん、ちょっとそれは約束できません。母さんは病院に行かないもの。
テニス友 = だと思ったわ。 (私を見て)約束して、絶対に病院に行って。
私 = うん、月曜日までに調子が戻らなかったら、必ず病院に行く。約束する。
テニス友 = きっとよ!

と言って、私たちのそばを離れていきました。

なんか、そんなに言ってもらえて本当に感謝です。

私の父は胃癌をしたし、母の弟、叔父も胃癌でした。
だから、私は胃癌の筋をダブルで受けついているようです。
でも大丈夫です。
たまにはおなかを壊すこともあるでしょう。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。







# by chieko-2 | 2019-07-12 01:08 | 私の事 | Comments(0)

Friend’s house

人気blogランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。


友達の家に招待されました。
たしか、彼女の家は180つぼほどとか。
あれ、写真を撮ってる私の影が。。
b0091689_03133300.jpg




b0091689_03133358.jpg

玄関を入って、奥がリビングルーム。
b0091689_03133343.jpg

b0091689_03133360.jpg

玄関を入って右側がダイニングルーム。
b0091689_03133357.jpg

左側は、地下に下りる階段。
奥がバスルームと書斎。
b0091689_03133392.jpg

キッチン、奥がブレックファーストエリア。
b0091689_03133368.jpg

車庫に行く通り。
車庫に行くだけなのに、そんなにおしゃれなの?!
b0091689_03133326.jpg

地下のリビングルーム。
地下には確か3つのベットルームがあったみたいです。
b0091689_03133391.jpg

この部屋は、家の中にあるシェルター。
なんと200キロ近い大きな金庫がありました。
そして、壁は35センチ以上の厚い壁。
竜巻でも何があっても大丈夫!と言っていました。
b0091689_03133346.jpg




子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。


Sent from my iPhone
# by chieko-2 | 2019-07-11 03:13 | アメリカの家 | Comments(0)

祈りのリクエスト

どうぞ四男の事を覚えて祈ってください。
彼は性格的に、あまり自分の心の中のことを話しません。
彼がいつも、主イエス様や家族から愛されていることを忘れないよに。
頭ではわかっていても、心が折れるときもあります。
そんな時に、主イエス様の愛が彼を包み込んでくれますように。

# by chieko-2 | 2019-07-10 01:32 | 全能の主 | Comments(0)