カテゴリ:子育て,子供の意見、しつけ( 151 )

長女

人気blogランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



先日、長女(17歳)が部活から帰って来た時の話です。

母 = お帰り。
長女 = ただいま。ちょっと着替えてくる。
と、そこまではよかったのですが、ちょっと彼女の様子がおかしかったんです。

母は、「ちょっと待って。」と言ったのに、長女はそのまま通り過ぎようとしました。
母は、長女の腕をつかみました。

母 = 何かあったでしょう。どうしたの?
そういうと、長女はべそをかきました。そして、涙がぽろぽろ。

話を聞くと。
今日の部活で、コーチがグループを分けたんだそうです。
長女は、女の子5人グループ。
長女が先頭になって走ろうとしたら、その女の子たちが、「ちょっと長女、あなたが先頭にならないでよ!」「そうよ。私が先頭になる。」
長女は、「私が先頭で走らないと遅くなるんじゃないの?」と言うと、「遅くなっても良いわよ。」「そうよ。あなたが先頭で走ると、私達が大変だもの!」との事で、長女は一番後ろで走ったんだそうです。

走り終わってから控室に行こうとすると、一人の子が「長女、コーチが呼んでいるよ。」との事。
コーチの前に行ったら。
「なんだ長女! お前をあのグループに入れたのは、お前が彼女たちをリードするために入れたのに、どうして一番後ろなんかを走るんだ! お前をリーダーと考えていたのに何事!」

長女は、一緒に走る子たちから文句を言われたと告げたのですが、コーチは怒っていたそうです。

母は長女をずっと抱きしめて彼女の話を聞いていました。
長女なんて私よりも背が高いのに。

母 = 次に彼女たちと一緒に走るときには、「私がリーダーになって走る。これはコーチが決めたこと。文句があるんだったらコーチに直接言って。」と言えばいいわ。そしてそのまま、「さ、行くわよ。」って走ればいい。彼女たちがあなたについてこれなかったら、それはそれで彼女たちの責任。あなたはあなたのするべきことをすればいいわ。

長女 = うん、わかった。(と言いながら涙を拭いていました。)

その後すぐにコーチにテキスト(電話番号にメールが打てる)
「コーチ、今日はリーダーとしての務めを果たせなくってごめんなさい。次回はきっと果たします。」
コーチからは、「分かった。」と返事がありました。


長女 = お母さんは凄いね。私の顔で分かったの?
母 = 当たり前じゃないの? 私はあなたの母よ。ね、話をすると気分が落ち着くでしょ。
長女 = うん、なんかすっきりした。
母 = これからも、何かあったら一人で抱え込んだらいけないわよ。お母さんはここにいるからきちんと話してね。
長女 = わかった。

それから長女はいつもの長女になりました。
思春期の子達、大人からすると何ともないことでも、彼らにとっては重大な問題。
長女も、どんな時にでも親を頼りにし、いろいろなことを話してほしいです。






子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-10-04 06:16 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(2)

うちの子達

人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。



うちの男の子たちは、三男19歳、四男18歳です。
三男は家から20分くらいかかるところの短大に通いつつ、夕方の5時からはバイトに出ています。
三男は学校が終わってバイトに行く間、母と話をすることがよくあります。
先日も1時間以上話をしました。
彼の今置かれている立場、女友達との事、バイトのことなどなど話が尽きませんでした。
三男との話が一段落したら、2時半に四男が帰ってきます。
四男は朝7時からの授業を取っているので、普通の学生よりも1時間早く終わり、フットボール部の練習が始まるまで家に帰ってきて、おなかを満たしてから部活に行きます。
先日は雨で、「僕は今日は部活に行かない。」と言った四男。
母との会話が弾み、2時間以上話し込んでしまいました。
小学生がスクールバスで帰ってくる3時半ごろ、「小雨が降っているから、傘をさしてお迎えに行かなきゃ。」と思いつつも、四男との話に区切りがつかず、そのまま話し込んでいました。
小学生たち = 母さん、小雨が降っているのにどうしてお迎えに来なかったの?!
と怒られたのですが、「ごめんねぇ。」と言い、それでも四男と話し込んでいました。
彼も、学校でのこと、部活のこと、女友達との事などなど、話が尽きませんでした。

お嫁ちゃんは今、デトロイトに出張に行っています。
「ちょっと忙しいの?」とテキスト(電話番号にメールが打てる)を送ると、「話したいの?」と返信。
「うん、ちょっとね。」と返信すると、すぐに電話がかかってきました。
そしてお嫁ちゃんと約1時間話し込みました。
長男は長男で、母に電話をかけてくれ、彼とも長電話。

私は主に感謝をしました。
18歳、19歳の男の子が、母に自分の人生や悩みを話してくれることです。
自分の人生の道しるべの助言を母に求めてくれているんです。
お嫁ちゃんも長男も自分達のことを話をしてくれます。
こんなに感謝なことがあるでしょうか。
すべて主イエス様のおかげです。
もちろんたまにはお互いにイラつくときもあります。
イラついても、お互いに分かり合おうと努力をします。それが家族です。
主イエス様を頼るものは、神様から裏切られません。
主イエス様に栄光あれ!




子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-09-28 08:21 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(0)

四男の女友達

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。



昨日の続きです。

母は、「Rちゃんはお金持ちのお嬢さんだから、普通の生活とかの感覚が分からないんじゃないの。」
と四男に話しました。
四男は、「どうなんだろぉ~。」と。

彼女が何か四男の車の中に忘れ物をしたと電話があり、すぐに持って行ってあげました。
その時に、「僕は、君のご両親のような裕福な生活はさせてあげられない。」と言ったら、「こんな生活はしなくても良いわ。あなたがホームレスでもいい。ただ私だけを愛してくれるなら。」と答えたとか。

十代の恋ですよね。

でも彼女はエンジニア(工学系)に進むので、彼女だけのお給料で十分です。
それに、責任感の強い四男が、仕事をせずにグータラな生活をするはずもありません。
四男は彼女が、「私だけを愛してくれればいい。」つまり、そばにいてくれるだけで良いと言ってくれたのがかなり嬉しかったようです。
しかも、四男の行く大学に行きたいとの事。
彼女は賢いので、多くの大学から「特待生として来てください。」と言われているそうな。

夫と私は四男のことで話し合い。
四男にとって初めての事。どう対処をしていいものかと。
結論で言うと、やっぱり高校生の時には男女交際禁止と判断しました。
高校生の時には、「やっぱり勉学に励み、きちんとした目標をもち、大学に進まないといけない。」と考えたんです。
その旨を四男に伝えました。

四男は、「分かった。」と。

そして彼女に返事をしたそうです。

Rちゃん = そうかぁ、交際はできないのかぁ。
四男 = でも、君は僕の一番の友達だよ。
Rちゃん = 一番の友達って?
四男 = 親友はいつも何をする。
Rちゃん = そうかぁ! いつも一緒にいるよね。
四男 = うん、そうさ。


その夜四男からの質問。
友達Rとどのようなお付き合いをするべきか?

四男 = うちに連れてきてもいいの?
母 = どんどん連れてきてほしいわ。彼女のことを知りたいもの。
四男 = 彼女の家に遊びに行ってもいいの?
母 = どんどん遊びに行って、ご両親たちにもっともっとあなたのことを知ってもらわないとね。
四男 = Rの祖父母さん達は、僕に会う前にもう僕のことを気に入ってくれていたみたい。
母’ = えっ? どうして?
四男 = 先日のフットボールの試合(←リンクに飛べます)の時に、僕はインタビューを受けたでしょう。あの時のインタビューが新聞に出ていて、それを読まれたみたい。それがすごく気に入られたみたいなんだ。
母 = そうかぁ。君は自分が蹴ってゴールを決めたことは言わずに、主イエス様を絶賛していたものね。やっぱり主イエス様を賛美すると、みている人は見ているのね。

四男 = 男女交際はしないって、どういうことなの?
母 = 二人っきりにならないって事よ。映画であれ、なんであれ、二人でするのではなく大勢の友達と一緒に行動するって事。
四男 = わかった。好きでいいのかなぁ。
母 = 好きでいいよぉ。いい子なんでしょ。
四男 = うん。

ということで、四男の女の親友(現時点)の話です。
四男は18歳なのに、自分のことを包み隠さず、すべてを相談してくれることに感謝です。







子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-09-08 01:27 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(0)

四男の女友達

人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



うちの四男は、素晴らしい女友達がいることを前にお話ししましたが、その中の一人の子のことです。

実は、そのいつも四男を励ましてくれる一人の女の子が、四男に「交際をしてください。」と言ってきたそうです。
四男は、その子が四男を好きなことをずっと前から気づいていたと言います。
そして彼女とはずっと良い友達だったんです。

先週のいつだったか忘れましたが、四男はその女の子Rのうちに呼ばれて遊びに行ったそうです。
その女の子のうちには、裏庭に結構大きなプールがあったんだそうです。
ご近所の友達も一緒にプールで遊びまくったとか。

帰るときに、靴を履いていると、リビングから声が聞こえてきたそうです。
ご両親と、祖父母さんと彼女の声。

Rの祖父母さん = 彼は素晴らしい子だ。とっても気にいった。
Rの母 = あの子じゃない。あの子がうちのRに決められた子じゃないの?
Rの父 = うぅ~ん。。。
Rの母 = 彼に告白をしたの?
Rの彼女 = うんした。でも、高校生の時には男女交際禁止なんだって。それにまだ返事はもらっていない。
Rの母 = あなただったら、お付き合いをしてくれるかもよ。
Rの父 = どうかなぁ。付き合わないんじゃないの。

四男は、どうしていいかわからずに、ここにいるよと言う様に物音を立てて、「じゃぁ、ありがとうございました。帰ります。」と言ったそうな。

その週の土曜日の午後は、またそのご家族からボート乗りに誘われたんです。
そのお宅。3台(ボートはなんと数えるかわかりません)もボートがあるんだそうです。
ご両親に1台。お兄さんに1台、そして彼女に1台。おっと、あと祖父母さんに!台。
Rちゃんは、ボートの免許を持っていて自分のボートを持っているんです。
まだ高校4年生(日本の高3)なのに。すごいなぁ~!

四男に、「で、君はどうなの?彼女が好きなの?」
四男は、「好きだよ。本当にいい子なんだ。学年でもトップクラスだしね。」

そうかぁ。。。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。





人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-09-07 01:25 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(0)

スクールバス停で

人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。



小学生の子供たちは、毎朝スクールバス亭で、バスを待つんです。
バスは6時50分にきます。だから6時40分くらいから子供たちが集まり、全員集まると6人だったのですが、新しい人が引っ越してきたので今では10人くらいの子供たちの集まり。
朝が早いので、あまり大きな声を出さないように気をつけます。
子供たちは朝来た順に、カバンを置いて遊びます。
スクールバスが来ると、置いたカバンの順にバスに乗ります。
ある朝、うちの五男がその新しく来た子のお兄ちゃんの方の場所を取ってあげたんです。
そしたら、妹の方が大泣き。
その鳴き声は、100m以上離れたところまで聞こえます。
親はその場にはおらず、子供たちだけ。
急ぎ足でそこへ行くと、その女の子(小学校2年生くらい)は、一人離れて座り大泣きをしていました。
私は、「そんなに大きな声で泣くと、ほかの人に迷惑がかかるでしょう。ご近所さんはまだ寝ているのよ。」と言うと、その子の鳴き声は小さくなりました。

親たちも来て、子供たちはバスで学校に向かいました。
その後です。
その大泣きをした子の母親が、「誰か、素晴らしい小児精神セラピを知らない?」と聞いたんです。
そこにいたお母さん方は、いろいろ小児精神セラピの話をしていました。
そのお母さんが帰ってから、その場にいたお母さん方の話は、やっぱり小児精神セラピの話。

そんな子供のセラピなんて行って効果があるんでしょうか?
小児精神セラピがあるという事は、効果があると信じて通う人もいるってことですよね。

その子はわがままで、自己中心な考えしかないんです。
自分の気に入らないことがあると、大泣きをする。
多分その子の親は、「自分の事ばかり考えずにほかの人の事も考えてあげなさい。」なんて教えたことがないのでしょう。
もう小学校2年生なんだから、「ほかの人の事も、考えてあげようね。」と言うと理解できるはずです。
そんな大切なことを教えない親。
残念です。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-09-04 21:19 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(4)

四男の女友達

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。



四男は去年からフットボール部のキッカーをしています。
そして、去年から何人かの女の子たちから告白をされたとか。
特に、先日のフィールドゴールを決めてから、その数が増したと言います。

母 = 人気が出た時に近寄ってくる女の子じゃなくって、一番どん底の時に力になってくれていた女の子が良いわよ。
四男 = うん、3人の女の子の友達は、本当に僕を励ましてくれたんだ。
母 = 彼女たちはキリスト者?
四男 = それはわからない。ただの友達。
母 = そうかぁ。
四男 = いつも告白をされた時には、「僕の家の規則では、高校生の時には男女交際禁止だから。」って答えている。こんな規則があると、断る理由を考えなくっていいから本当に楽。
母 = それでみんな納得するの?
四男 = 一人の女の子は。「どうしてお付き合いできないの? お母さんに殺されるの?」って言ったよ。
母 = で、君はなんて答えたの?
四男 = 「うん、殺される。」って答えた。
母 = ハハハハハ。そうかぁ、君は母から殺されるのかぁ。

その四男、自分の部屋のドアを閉めて、長い間誰かと話をしていました。
彼の部屋の前を行き来した時に、「僕が君の後ろ盾になる。」と言っている声が聞こえました。
しかも、フットボール部の練習から帰ってきて、シャワーを浴びた後。夕食も食べていません。
四男の電話が終わり、階下に降りてきて、夕食を食べながら話してくれました。
電話の相手は、クラスメイトの女の子Aでした。(私はその子を知りません)

Aは野球部の子とお付き合いをしていましたが、お別れをしたようです。
その分かれた相手は、Aに腹を立て、「Aは軽い女ですぐ寝る。」とみんなに言いふらしたようです。
Aは傷ついて、「もう誰も友達がいなくなる。」と言ったとか。
四男は、Aの友達Bに、「彼女は本当に野球部の子とセックスをしたの?」と聞いたら、「絶対にそんなことはない。キスだけよ。セックスをしたら、絶対に私に話すはず。」その友達BはAの友達で、週末は朝から晩までそのAの家に遊びに行っているとの事。
四男は、「心配しなくてもいいよ。君は真実を知っているんだから、言いたい奴らには言わせておけば良いよ。」とAに話したとか。
そして今回の電話は。
Aの友達Cが、「Aと四男は付き合うべき。」とみんなに言いふらしているそうな。「四男は、高校生の時は恋人を作らない。」とみんな知っているので、その子だけやけになっているんだそうです。
母は、「そんな子の事なんて無視すればいいじゃない。」と言ったのですが、Bの言うことを聞かないと言ってAに意地悪をして、Aのことをあることないこと言いふらすんだそうです。それでAはCとの仲をどうしようかと考えているとの事。
私達も高校生の時には、こんなに幼稚だったのでしょうか。でも、その子にとっては大きな問題です。

母 = その子は彼女のお母さんと親しくないの?いろいろな悩みとか問題とか話せていないの?
四男 = うん、彼女にはお兄ちゃんと弟がいるんだけれど、上二人はかまってもらえていないみたい。
母 = そうかぁ、お母さんにちゃんと話ができないんじゃ、その子も辛いわねぇ。
でも、自分の悪口を言うような子は友達でも何でもないわ。Cを見かけた時には「元気?」って手を振るくらいはしてもいいけれど、それ以上の話なんてしなくても良いわよ。
四男 = 僕もそういった。彼女には幼馴染の二人の男の友達もいる。その男友達に嫌われないかと心配しているんだ。
母 = CのAに対する悪口を信じて、Aと付き合わないような子たちは、それだけのものよ。
四男 = 僕はどんな悪口を言われても平気だけれど、やっぱり女の子は大変みたい。
母 = うん、女の子は大変かも。
四男 = この前も学食堂で、Cが大きな声で、「四男は**よ!」って言ったけれど、みんな無視していた。AはAで、「Aは僕のタイプじゃないからってCに言えばいい。」なんて言ったりした。
母 = Aは君のタイプなの?
四男 = そんなこと全然考えたことないよ。友達だからさ。そのAには、「僕が後ろ盾をしてあげるから、ほかの人の事なんて気にしなくてもいいよ。」って言ったんだ。

母 = その子はキリスト者?
四男 = わからない。「食事の前とかに祈る?」って聞いたら、「祈らない。」って言った。教会も、前は行っていたけれど、彼女のお母さんの好きな牧師が亡くなってからは教会に行っていないんだって。
母 = そうかぁ。主イエス様を伝える伝道の場を神様が与えてくださっているのかもね。
四男 = うん、そうかも。でも、イエス様の話も徐々にだよ。
母 = そうだね。






子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。




[PR]
by chieko-2 | 2018-08-30 23:21 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(0)

親の勲章

にほんブログ村応援のクリックをお願いします。



先日教会で、あるお方から言われました。

そのお方は、中高生のグループの指導をよくされておられるお方です。
彼はお医者さんで、ご自分にも4人のお子さんがおられます。
上のお子さんはもう結婚をされ、お孫さんもいらっしゃいます。
下のお子さんは、確か17歳で大学1年生。
アメリカは飛び級があるので、それができるのでしょう。

さて、そのお方が、教会が終わった後に言われたんです。

千絵子、君の子たちは本当に素晴らしい子たちだよ。
どんな仕事も、だれも見ていなくても誠実にこなす。
そして、仕事をするばかりではない。
一人でいる子や、初めて来た子たちに気づき、必ず声掛けをしている。
ただ声をかけるだけでなく、その子と友達になりたいと努力をする。
大人の言うこともしっかりと聞き、そして守る。
教会の誰がチームリーダー(大人)になっても、君の子たちがチームに入っていると、みんな大喜びをする。
こんな子たちを育ててくれてありがとう。

教会から家に帰って昼食をしている時に、そのお方から言われたことを家族に話しました。

四男 = どういたしまして。お母さん良かったね。僕たちに感謝だね。
母 = は? 何を言っているの? 君はよその家で育てられても、今の君のように育ったと思っているの?
三男 = そうだよ。ありがとう母さんだよ。

母 = そう言えば、長男も高校生の時に言ったことがあった。
長男 = 母さん、僕に感謝をしてね。
他の子たちは、親に対して本当にひどい言い方をしているんだよ。親を怒鳴るんだよ。
僕は母さんたちを怒鳴ったことはない。そんな僕に感謝をしてね。

母 = あら、その君の友達も母さんが育てても、そんな親を怒鳴る子になると思うの? 君だって、ほかの人に育てられたら親を怒鳴る子に育ったって思うわよ。
長男 = あれ? そうだね。ハハハ。。



前にも話したかもしれませんが、自分のしつけがどれくらいうまくいっているかは、他人の人が自分の子供たちに対していかに思っているかです。
自分の親や親せきの人たちでなく、全くの他人がです。
それが自分の子育てのバロメーター!
だから、全くの他人から自分の子供のことを褒められるというのは、何よりもの素晴らしい勲章です。




子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-04-24 03:04 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(8)

長女


人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



うちの子供たちは、毎週違う役割があります。
役割というか、仕事です。
だから私は、ここ10年以上、掃除機一つかけたこともないし、トイレ掃除もしたことがありません。

長女の今週の仕事は、外回りとホコリ拭くき。
外回りの仕事の一つとして、猫のトイレ掃除が入っています。
子供たちは毎朝学校に行く前に、猫のトイレ掃除をしてから出かけます。
朝するのは、夕方から夜は何かと忙しくてできないことが多いので、朝出がけにするようになっているみたいです。

長女が朝ご飯を食べている時にも、服を着替えている時にも、「ちゃんと猫のトイレ掃除をしてよ。」と言ったんです。
でも、なかなか長女は始めません。

長女が二階に上がって学校に行く準備をしている時に、階下から「ちゃんと猫のトイレ掃除をしてよ!」と叫んだんです。
とすぐにうちの三男が、「なんでそんな風に言うんだ! それはよくない!」って言うのが聞こえたんです。
母 = 長女が何か言ったの?
三男 = (階段を下りてきて) 「この家なんて大っ嫌い!」って言ったんだ。

そこで怒りに燃えた母。すぐに長女を呼んで。
母 = あなた、この家に毎月いくら入れているの?食事も電気もシャワーも電話もタダで使えているなんて思ってはいないでしょうね。そんなにこの家が嫌いであれば、いつでも出ていってもらっても構わないわ。ちゃんと仕事を探して、しっかりとしたアパートに住んで、しっかりと自立をしてね。そこ20万円くらいもらったって、きちんとしたアパートなんかには住めないわよ。

長女は黙っていました。
母 = あの悪態、暴言にはお仕置きが必要ね。
と、朝からお仕置き。なんか久しぶりに長女にお仕置きをした感じです。

長女は三男と一緒に自動車通学です。同じ陸上部で帰る時間も同じだからです。
四男は、帰る時間が違うので、彼一人で自動車通学です。
三男はいつも長女を待っていないといけません。
家を出る時間が、7時40分だったのが、45分になり、50分になり、8時になるときもあります。
学校は8時半から始まって、8時に出た時には8時15分ごろに学校に着くようですが、たまに高校に行くスクールバスの後を運転するのは本当に大変だと三男は言います。スクールバスは、子供たちを拾わないといけないので、学校に着くまでに何回も何回も停まるんです。
人に迷惑をかけないように、7時45分には家を出れるように準備をしてもらいたいです。
そのことも、今夜しっかりと長女に話します。
そして、明日の朝の態度を観察します。




子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。





人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-04-20 02:58 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(15)

人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。





うちの五男。
スクールバスの中で、悪い言葉を使ったとか。
五男に詳しく聞いてみました。

三女も一緒にバスに乗っていたんですが、何かの指遊びをしていたんだそうです。
そして、小指の話をして、一人の子Aが「小指は中国では、F**の意味なんだよ。」と言ったとか。
そこで五男も「F**だって。」と言ったとか。
それを聞いていた、近所に住んでいる女の子(彼女のお兄ちゃんがうちの五男をセメントに押し倒した)が、五男が悪い言葉を使ったとほかの子に伝え、そのほかの子がスクールバスの運転手さんに伝えたとか。

家に帰ってから。
母 = 本当にその言葉を使ったの?
五男 = 、、、。
母 = ちゃんと言わないとわからないわよ。本当に言ったの?
五男 = (コクリとうなずく)

母 = 今回が一回だけではないわよね。前にも使ったことがあるんでしょ。でないと、簡単にFなんて言葉は出てこないもの。
五男 = うん。

母 = 誰と遊んでいる時に使ったの? ご近所のB?それともC?
五男 = 違う。

母 = まさか。君の友達のAじゃないわよね。
五男 = 、、、。
母 = Aなの?
五男 = (うなずく)
 
母 = Aと遊んでいる時に、Aが使ったから五男も使ったの?じゃぁ、Aと遊んでいる時に、何回も使ったんじゃないの?
五男 = うん。
母 = 悪い言葉を使うと、なんか大きくなったみたいな気分になるわよね。でも、悪い言葉は悪い言葉よ。そんな汚い言葉で大きくなった気分なんて何にもならない。
五男 = 、、、。


そして次の日。
五男も一緒の時に、スクールバスを待っている時にAに聞いてみました。
Aは「しらない!今までも絶対に使ったことはない。」と言い切ります。君のお母さんには言わないから、私には正直に話してと言ってもでも。
五男に、「どうなの?」と聞くと、「分からない。。。。」と。母は、「五男を信じるから。」
その時には、そのままスクールバスに乗って学校に行きました。

五男が帰ってきてから、五男を抱きしめて。

母 = 一番の友達と思っていた子が、君の前で平気でうそをつくなんて嫌だよね。傷つくよね。
五男 = 、、、。

母 = 君はやっぱり友達Aを守ったんだよ。Aが嘘を言いきっていた時に、「それは嘘だ!Aは嘘をついている。」って言わなかったもの。
五男 = 、、、。
母 = でもやっぱり、傷つくよね。 母さんもそんな事があった。 その時は本当に傷ついた。
五男 = 、、、。
母 = どんな時にでも、キリスト者として生きていかなきゃいけない。Aが悪い言葉を使ったときに、「その言葉はよくない。」ってちゃんと言い切ったら、こんなことにはならなかったんだよ。
五男 = うん。
母 = 君が傷つくこともなかったんだよ。
五男 = うん。
母 = やっぱり、キリスト者はキリスト者として生きていかないとね。ほかの人の波に流されたらだめだよ。
五男 = 、、、うん。







子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては







人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



[PR]
by chieko-2 | 2017-10-05 23:57 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(3)

携帯電話

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村応援のクリックをお願いします。






夕食の片付けが終えたら、子供たちは週末でない限り、自分の部屋に行きます。
もちろん夕食の後片付けはうちの子たちが全部します。
私は夕食を食べたら、カプチーノのマグカップを持って、夫とソファーに座りテレビを見るんです。
その間に、子供たちは食器はもちろん、お鍋やフライパンも全て片付けてくれます。

週末は、片付けが終わったら映画タイム。
家族みんなで映画を見ます。
ときには2本見るときもあります。
小学生用のビデオ、そして高校生以上のビデオ。

平日は、片付けが終わったらそれぞれに部屋に行きます。
勉強をしたり、色々。

ある時長女が写真をテキスト(電話番号にメールが打てる)してくれたんです。
確か時間は9時前。
三男と四男の写真。
二人共携帯片手に見入っています。

勉強をするどころか、携帯でゲームをして遊んでいるんです。
すぐに夫に見せました。
「これは良くない。」と判断をして、
夕食が終わったら、携帯は両親の部屋に持っていくように。


と決めました。
充電をしないといけないので、携帯のコードも一緒に。

でもうちの子達、全く文句は言わないんです。
「良いよ。やっぱり携帯があるとついゲームをしちゃうもの。」とのこと。

そうなのよねぇ。
私も人のことは言えない。
ついゲームをしちゃうもの。





さて、金曜日から子供たちは春休みに入ります。
そこで、金曜日は朝から週末の掃除。
* うちの子達は、土曜日にそれぞれに係の掃除をするんです。
トイレ掃除と風呂場、家中の掃除機かけ、台所とリビングの掃除、棚拭きと外回りの掃除。
あと、下の小二人は、階段の掃除と洗濯室の掃除です。

毎週掃除をする所が交代で回ってくるんです。
その掃除を金曜日に済ませ、旅行の準備。
土曜日は朝の3時にフロリダに出発。
今回はマイアミの近くのハリウッドというところなんだそうです。
夫がすべて予約を入れてくれました。

確か13時間以上かかるところとか。
高速で13時間も!!
いつもであれば、夫がすべて運転をします。
でも、日本に帰る友達から、ミニバンを買ったんです。うちは今まで、10人乗りの大きなバンでしたが、子供が6人になったのでミニバンが欲しいねと話していたところに、友達のミニバン。
良いタイミングです。
これも主イエス様のお計らい。感謝。

このミニバンだったら、私でも運転できるし、三男や四男も。
みんなで交代で運転できます。

フロリダについたら、借りた家の写真なんて載せますね。
行ってきます。







子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。






人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2017-03-10 22:41 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(4)