<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

長男への意見

うちの長男は、子供達のリーダーとして親から見ても良くやってくれています。
彼の言う事は間違いが少なく、ほかの兄弟達ともめ事が起きても彼が正しいときが99%です。

先日の事です。
次男はダイニングの窓辺の席で宿題をしていました。
私は夕食を作っていたのですが、いきなり
やめろよ!!
と言う言葉が飛び込んできました。

彼らに目を向けると、長男は次男のそばにいて、二人でにらんでいました。

私 = 長男、こっちに来てくれない。
長男 = 次男が、、、、。

私 = こっちに来てってお母さんは言ったよ。
長男 = (その場を離れ、リビングに行く。)

私 = 次男は宿題をしているから、邪魔をしないでね。
長男 = 違うんだ、次男が。。。

私 = お母さんは何も聞きたくないよ。
長男 = どうして次男と口論になったのか、僕は説明ができないの?

私 = そう。説明しなくともいいよ。次男のそばに行かないでね。
長男 = どうして説明できないの。お母さんにもわかってもらえる事だよ。

私 = いいえ、説明はいりません。
長男 = (ブスッとして、ソファーに座る。)

私 = あなたは子供達の中で、いつも正しい行いをしているって知っているよ。
でも、いつも正しいからって言って、飲み込む事を学ばないとダメだよね。
いつも自分の正しさを主張する事は良くないんだよ。
お母さんにあった事を話してきかそう
4ヶ月の赤ちゃんがうちに来た時に、市役所のケースワーカーから電話があって、「彼の服を120ドル分くらい買える。」って言ってくれたのを知っているよね。
お母さんは彼女の指定した『トイズラス』に行って、彼の服をかごに入れて、市役所の「買い物係」(里子の服などを買う管理をする)の人が家まで持って来てくれているのを待っていたんだよね。
「買い物係」の人と何回も連絡し合ったんだけれども、「買い物係」の人は、お母さんが選んだ服を見つける事ができなかったんだよね。
数時間後に、二人とも違うお店の事を言っているって気づいて、その買い物係の人は、その日に赤ちゃんの服を持ってうちにくる事ができなかったんだよ。

もちろん、その買い物係の人には、『子供のケースワーカーが、そこのトイズラスって教えてくれたから、、、。本当にごめんなさい。』って謝ったわよ。
買い物係の人は『あなたのせいじゃないわよ。間違った場所を言ったのが間違いだったんだものね。』って言ってくれたわ。

次の日、子供達のケースワーカーから電話があって、
「私が今日赤ちゃんの服を持って行くわ。あなたは間違ったお店に行ったものね。」って言われたのよ。

子供達のケースワーカーが「あそこのトイズラスに行ってください。」と言わないと、市役所管理の里子の買い物なんか、何処でするのか私が知っているはずがない。

お母さんは「あなたがあそこのトイズラスって言ったじゃない。あなたが指定しないと、私が市役所指定のお店を知っているはずがないでしょう。」って言ったと思う。

長男 = (無言で聞く)

私 = お母さんは何も言わなかったんだよ。『あら、、、そう。』と言っただけだよ。
自分が正しいとはっきりとわかっていても、飲み込む事が大切な時もあるんだよ。
あなたはいつも正しいし、お父さんもお母さんもあなたの言う事は誰よりも信用しているけれど、そうなると飲み込む事は、なかなか学べないよね。
この飲み込む事は、自然にできる事ではないんだよ。少しずつ学ばないといけない。
お母さんは小さい時に、その事を学ばしてはもらえなかったから、いつでも自分が正しいと主張する人間に育ったのよ。

あなたには、その飲み込む事をしっかりと学んで欲しいのよ。

長男、お母さんは長男の事を本当に愛しているのよ。


その時長男は黙っていました。

10分くらいしてから私の所に来て。

長男 = お母さん、僕の態度が悪くってごめんね。
私 = お母さんは本当に長男の事を愛しているのよ。素晴らしい人間になって欲しいのよ。
と言って、長男とハグをしました。

長男は、「わかっている。」とだけ答えました。





人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-30 08:48 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(9)

学校面接

今年の8月9日から、新年度の学校が始まります。
長男は近くの公立高校へ行く事に決めています。
(アメリカは高校まで義務教育です。)

次男、三男、四男、娘は今までと違う学校に行く事に決めました。
その学校の面接が、金曜日の10時からでした。
夫も金曜日は休みなので、私、夫、子供4人でコンコード クリスチャン スクールと言う学校に行ってきました。
次男は夫と中学校の校長先生と面接、私と三男、四男、娘は小学校の校長先生と面接をしました。

前に、申し込み用紙を取りに行った時に、二人の先生とお会いできたので、緊くならずに会話ができました。

まず、男のお子さんがいるローリー(お隣さん)は、長男さんをそこの幼稚園に出されて、本当に満足していらっしゃいました。
彼女は、その学校の中学校に出している人と話をする機会があって話を聞いた所。
その方も本当に満足をしていらっしゃるとか。。。

校長先生と話をしていても、どの答えも満足のいく答えを頂きました。

小学校の校長先生 = 私は、親であり(中学8年生のお子さんがいらっしゃいます)、教師もしました(数学の先生をされていました)、そして今はまとめ役です。
全ての先生の事も良く知っています。
今回の面接は、あなたのお子さんにはどの先生が合うか検討する為でもあります。
それぞれの子供にあった先生を、きちんと選びたいと思っています。
また、この学校は良い学校と言われていますが、もっともっと伸ばして行きたいので、何か問題があったらすぐに言ってください。


う〜ん、早く学校に出したい!!!
何だか期待が大きくなってなりません。子供より私の方がワクワクです。

三男、四男、娘は今の学年を繰り返す予定です。
つまり、進級をせず同じ学年のやり直しです。
三男は、本読みの理解力が少し弱いのです。
四男は、本読みと算数。
娘は、お勉強より遊びがまだまだ好き。

アメリカは幼稚園から小学校扱いです。
だから、幼稚園から義務教育になるのです。

小学校の校長先生のお子さんも、幼稚園を重複されたと言われました。
校長先生 = 同じ学年を繰りかえさせたご両親で、『させなければ良かった。』という方にお会いした事はありません。みなさん、『繰りかえさせて良かった。』と言われます。
小さい時の1年は、無理をして上に上がり、困難に合うよりも、これからの人生に大きな飛躍を見せてくれる為です。


前にも書きましたが、アメリカは飛び級もありますが、同じ学年を繰り返す子供もいます。
そして、その事を「可哀想に、あそこのお子さんは、同じ学年を繰り返えされたんですってよ。」なんて言う人は全くいません。また、私の周りにも多くの子供達が、同じ学年を繰り返しています。
みんな、その子供にあったスピードでと信じているからです。
こんな環境で子育てができる事に感謝です。



学校の事務員さん
その学校には二人の事務員さんがいます。
初めて行った時も、数回尋ねて行った時にも、全くの無愛想でした。
笑って話しかけてくれる事もありません。

私の周りの人達に、「あそこの学校は良い学校かもしれないけれど、事務員さんが無愛想だよね。それに学園長(小学校、中学校の総合校長)さんも愛想がないよね。いつあっても笑いもしない。私にだけかしら?」と言うと、皆も全く同じ事だと言います。
私だけ感じているのではないのです。

もう少し笑いかけて話ができないものかしら?!!

なんて、ちょっと腹を立てていました。

でも、向こうがそうだからって、私も向こうと同じにならなくても良い。
向こうが無愛想でも、微笑んで話しかければ良い。
と気づきました。

そこで、総合校長先生にあった時も、事務員さんにあった時にも、彼らを見かけたら大きな声で「こんにちは、元気ですか?」と言う事に決めました。

今週の木曜日、聖書勉強の時、一人の事務員さんを見かけました。
私は手を降って「こんにちは、元気ですか?(Hello, How are you?)」と話しかけました。
彼女は笑いを返してくれました。

今回の面接の時には、その事務員さんは大きな笑みで私達を迎えてくれました。
そのことを夫に言うと、
人を批判するよりも、まず自分にできる事からしないとね。と一言。

これからは、もっと微笑みを持って人々と接していきます。(深〜く反省)





人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-28 20:53 | 学校 | Comments(8)

四男の夕食

今日は学校での美術祭。
私はその役員になっているので、朝から学校に缶詰でした。
おまけに娘が朝の4時に、咳をコンコンとしながら私達のベットに、、、。
そしてその咳が止まらない。
結局今朝は朝の4時から起きています。

お昼過ぎ、3時半頃、赤ちゃんを抱いてほんの15分くらいうたた寝をしただけです。
もうすっかり疲れてしまい、夕食はミートボールの照焼き煮、と野菜(トマト、ピーマン、セロリ)だけ。
私達は夕食を食べ終え、終わっていないのは三男、四男、だけ。
三男はちょっと気分が悪いと言って、ソファーに横になっています。

娘 = 私は三男よりずっと沢山残っていたのに、私の方が先に食べ終えたよ。

四男 = お母さん、僕に食べさせてくれない。そしたら早く食べ終わるのに。

母 = いいよ。こっちの席にくれば。(私の隣に座らす)

四男 =
三男に、『早く食べなさい!』って言わないといけないね。おっと、でも今は言わないでね。
三男が来て食べたら困るから。僕が食べ終わってから言ってね。

母 = いいよ。今は黙っておくよ。

四男はご飯だけ残っています。それも、醤油のかかったご飯。(彼は醤油ご飯が好きなのです。)

四男が食べ終えるや否や。。。「三男、早くご飯を食べなさい!」と言っていました。

三男は少し横になったら気分が良くなったと言って、また残った自分のご飯を食べていましたが、やっぱり食べきれずお片づけをしていました。
いつもにない事です。

三男が自分の食べた食器を片付けようとした時、いきなり台所の流しに走って来て、思いっきり吐きました。
やっぱり気分が悪かったのです。

今お腹に来る風邪がはやっています。多分彼もそれでしょう。
彼は今夜、二段ベットの上にはねず、床の上にスリーピングバッグをしいて寝ています。
おまけに、吐く時の為に、彼の枕元にはバケツも備えています。
明日学校はお休みかなぁ。

* 私は子供が「お母さん食べさせて。」と言えばいつでも食べさせてあげます。
甘やかしと思う方もいらっしゃる事でしょう。
親から食事を食べさせてもらうのは、小学校に入るとだんだんと言わなく(言えなく)なります。(もっと以前からの子供もいるでしょう)
それまでは、彼らに「食べさせて。」と言われたらいつでも食べさせてあげたいのです。

うちの家族は誰一人、「おかし〜い、甘えん坊。」とはやし立てる者は一人もいません。
以前の記事 だっこと同じ考えです。
←「抱っこ」をクリックしてくださると、前の記事が読めます。




人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-26 10:05 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(8)

レストランでの食事マナー

日曜日は次男の誕生日、うちの習慣は誕生日の子供が行くレストランを選ぶのです。
日曜日、教会の帰り道Calhounsというレストランに行きました。
「日曜日のお昼は教会帰りの人で混んでいるかも。」と思って行きましたが、感謝な事にすぐにすわれました。

お店のホステス(席に案内してくれる人)に、「9人のグループです。」と言い、席を作ってもらいました。

席ができて、ホステスのあとをゾロゾロと付いてテーブルに行くと、周りの人の視線を強く感じました。
多分、彼らは子供達の数を数えていたのでしょう。

自分達の欲しい物を頼み、食事が来る間は色々なパンの入ったバスケットが来ました。
勿論うちの子供達、ぺろりと食べておかわりをお願いしていました。

食べたり飲んだり、子供達と楽しく話をしている時も、やっぱり周りからの熱い視線。

下の子達が「トイレに行きたい。」と言った時には、面倒見の良い次男がすぐに連れて行ってくれ感謝です。

老夫婦の方が、私達のお向かいに座っていらっしゃいましたが、彼らもずっと私達を見つめていました。
彼らの食事が終わって帰る時に、

素晴らしい家族ですね。子供達のマナーの良い事に驚きましたよ。私達も食事中、この子供達一人一人を見ながら、楽しい食事ができましたよ。と言ってもらいました。

また、お店のマネージャ(店長さん)らしき方も来てくれ、「『本当に良いマナーの子供達』と周りの人達が言っていますよ。」と言ってくれました。感謝。

ウエイターに「今日は次男の誕生日なのですが、何かケーキでもありますか?」と聞くと。
大きなアイスクリームにチェリーとチョコレートを乗せて持って来てくれました。勿論ただ!!

スプーンは3本入っていました。

母 = 皆に分けてね。
次男 = 分けようとしているんだけれど、みんないらないって言うんだ。

母 = 娘、このアイスクリームを食べないの?
娘 = いらな〜い。何だか、、、いらな〜い。

皆に「一口ずつでも食べれば?」と言うと、本当に一口ずつ食べていました。
何で遠慮をしたのでしょ?

食事はおいしかったです。
子供達も「これからはもっと、このお店に食べに来ないといけないね。」などと言っていました。

おいおい、ここで食べるのは良いけれど、誰が支払いをしてくれるの?


 皆さんもご家庭でしていらっしゃると思いますが、うちのレストランでのマナー

* 席に着く時には、大きな声でおしゃべりをしたり、机や椅子をガチャガチャしながら座らない。
* 席に着いても大きな声で話さない。
* ウエイターの人に注文を頼む時には、その人の目を見て「〜を下さい。」とはっきりと言う。
* お水や飲み物、注文した物を持って来てくれた時にも、きちんとその人の目を見て「ありがとうございます。」と言う。
* 食事をしている時には、口を閉じてものを噛む。
* 話をしたい時にはきちんと飲み込んでから話をする。
* トイレなどに行く時には、静かに席を立ち、静かに歩いて行く。(大きな声で話をしない)

などなどです。


どこかに行った時に、「マナーが良いですね。」なんて言われると励みになりますよね。
感謝な事です。




人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-24 07:32 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(5)

長男の誕生会

4月22日は次男の、そして23日は長男の誕生日です。
彼らは11歳と14歳になります。

長男は彼の親友の一人(Taylor)の誕生日が、長男のそれの1週間前なので、合同誕生会をする様にその親友と話合いました。

テイラーの家族は私達と同じ教会に来ます。
感謝な事に、彼のお母さんが飲み物、ケーキ、ピザなど、誕生会に必要な物を全て準備してくれました。

勿論彼らの誕生会、題してアメリカンフットボール誕生会!

何しろ彼らはフットボールがしたくてならないのです。
招待状はテイラーが作ってくれ、中学校全員に配りました。
また、それぞれの友達にも配りました。

うちのご近所のジョン(高校4年生、日本では高校3年生になります)、そしてご近所のターミィー(高校2年生。日本では高校1年生)。

誕生会があった場所は、ディナー8の時食事に行ったキムの家です。
* キムをクリックしてもらうと、前の記事、彼女の家の写真が見れます。

でも、彼女の家まで結構遠いのです。高速を使って20分くらいかかります。
それでも、多くの子供達が来てくれました。

誕生会が始まる前、子供達は家の前庭にたむろしていました。
何で前庭でたむろしているの、裏庭で遊べば良いじゃない。
と聞くと、初めて来た人がどの家かわからないと思うから、家の前庭で遊んでいるんだよ。との事。
そこまで考えなかった母。。。

子供達が遊んでいるのを見ながら、キムと話をしていると、、、。
1台、また1台と車が止まりました。
キム = あれ〜、あの車助手席には誰ものっていないよ。
私 = うん、あれは長男の友達。高校生だから自分で運転して来たんじゃない。
キム = なんだか、彼らが父兄みたいだね。

皆が集まった所で、キムの住宅地の向かいの住宅地の広場に行きました。

、、、、、。何だかお向かいの住宅地の家の雰囲気が違う。。。高級住宅地!
(家の写真を撮り忘れました)

b0091689_19253476.jpgb0091689_1926120.jpg体育の先生から、チーム分けの布を借りて来て、長男のチームとテイラーのチームに分けての試合です。

腰に色つき布を下げているのが見えますか。
b0091689_19275596.jpg
広場の向こうに、湖とボートデッキが見えますか。
この住宅地にはボートデッキがあるのです。

すごすぎる!!!







人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-22 19:36 | 家族の出来事 | Comments(7)

娘の髪型

毎朝、娘が食事をしている時に私は娘の髪を三つ編みにします。(彼女の髪は腰くらいまでのびていました)
時には時間がなくって、髪をとく時に娘が「痛い!!」と声を上げる時もしばしばです。

娘に何回も、「ねぇ、髪を切ってみない?」と聞いても「いや!!」と言う答えが返って来ます。

「どうして髪を切りたくないの?」と聞くと
「だって、髪を切ったらプリンセスじゃなくなるもの。」との答えです。

何回も髪を切る様に勧めても、いつも答えは「いや!!」でした。

ところが一昨日の事です。

母 = ねぇ娘、髪をお母さんの様に切ってみない。肩くらいに切ったら、丁度お母さんの様になるよ。娘とお母さんと一緒になるよ。

と言ってみました。
娘は少し考えて。。。。

娘 = うん、お母さんみたいになる!

私はすかさずはさみを持ってこさせ、すぐに裏庭に行き、娘の髪を切りました。

b0091689_11415548.jpg
三つ編みを解いて、髪がくねくねになっている所を切ったのでなかなかうまく切れず、ドンドン切って行ったらちょっと短くなってしまいました。

まっ、いいか〜。仕方がないか。

と思いながら娘には
「あれ〜、何だかすごく可愛い。お母さんの髪型みたいになったね。」と言うと、本人は自慢顔

すぐにお風呂に入り余分な髪を洗い流しました。



長男と次男は「おかあさん、ちょっと短すぎたよ。肩くらいだったら良かったのに。」
彼らは長い髪の子が好きな事を発見!


三男と四男が、新しい髪型の娘の所に来て、、。
「あれ〜娘、髪を切ったの〜?」

娘 = 私を娘とは呼ばないで、これからは千絵子と呼んで!!

おいおい、、、そこまで気に入ってくれたの?

それから私の所にすり寄って来て、「私とお母さんは同じ。双子だよね。

いや〜、娘よありがとう。




人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-20 11:55 | Comments(12)

税金申告

今日は4月17日、税金深刻締め切りの日です。
アメリカはどんなに大きな会社に勤めていても、税金申告は自分でします。
もちろん、専門業者にしてもらう人もいますが、自分でするのが当たり前です。

今年は何かと忙しくって、申告が締め切り日までかかってしまいました。
もちろん、私がしたのではなく夫がしたのですけれどね。

法律も色々とあり、私達ではなかなかわからないのですが、その税金申告の助っ人は、TurboTaxという、コンピュータープログラムです。
これのお陰で、毎年何とか切り抜けています。

夫に、「日本では会社が全てしてくれるのに、どうしてアメリカでは個人個人でするの?」と聞いた所。。。
「自分でしないと信用できないからさ」と言う答え。
何かと自分でしてしまうアメリカ人。
水道管が詰まっても、テレビやコンピューターが壊れても、まず自分で直そうとするアメリカ人。
税金まで自分で申告です。

私は面倒くさいので、全て会社にしてもらった方が良いのですけれどね。



1歳半の赤ちゃん

彼女は靴が大好きです。
娘の靴は勿論、私の靴も大好きで、靴を見つけては履こうとします。

そして、スパゲティーも大好き。

b0091689_10238100.jpgb0091689_10233544.jpg




人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-18 10:26 | 家族の出来事 | Comments(7)

主イエス様の祝福

第1
去年の夏から今年にかけて、子供が増えたせいもあるのですが、全くジムに行っていません。
それと、大好きなチョコを毎日欠かさず食べているのと、食事の後のデザートを必ず食べています。
去年着ていたズボンが、5センチ程小さくなってしまったのです。
はっきり言って、太ったのです。

「教会にはいて行くズボンがないなぁ。」
なんて思っていたら、毎週木曜日の聖書勉強会(私の教会ではありません)の方が、「私がはいていたズボンや服だけれども、いらない?」なんて言ってくれました。
勿論頂きます!

彼女はすぐに、箱一杯に入った服を私のうちまで持って来てくれました。
開けてみると、私では買えないメーカーもの!
それも素敵なジャケットなども沢山入っていました。

第2
お隣さんは、私の聖書勉強をしている教会に行っています。
彼女は二人の男の子がいます。(6歳、3歳)
先日彼女が、「私の子供の服だけれど、あなたのうちの赤ちゃんに着てもらいたいと思って。」と沢山の服と真新しい靴を頂きました。
子供服と一緒にカーシート(日本ではチャイルドシートと言いますよね。たしか、、、)も頂きました。
うちも沢山のカーシートがあるのですが、何しろ古い!!
頂いたて、すぐにカーシートを入れ替えました。
* うちは5つのカーシートが必要なのです。

第3
その教会は、聖書勉強をする間、子供を預かってくれる所(教会内)にお金を払わないといけないのですが、私は教会のサポートがあって、払わなくても良い様に聖書勉強会の先生が計らってくれました。
「教会がサポートしてくれているのだろう。」とずっと思っていたら、その先生から、、、、。
「あなたの子供を預けるお金は、この聖書勉強会のグループの人達がお金を出し合ってしてくれているのよ。あなたも知りたいと思って。。。」と話してくれました。

「えっ、教会がサポートをしてくれているのではないの? この一緒に勉強をしている人達がお金を出し合ってくれているの? それも、私に一言も言わないで。。。。」

第4
聖書勉強会がある教会で、春のバザーがあるとの事。
これは子供服やオモチャなど、4000品以上の物が出されるとか。
是非行ってみようと思っていた矢先。
その教会から、ギフトカードを頂きました。
なんと200ドル!
金曜日の朝、夫と二人で教会バザーに出かけ、段ボール箱一杯に子供服を買い込みました。
また、赤ちゃんのエンターテーメントセンターも購入できました。
ギフトカードを持っていないと、絶対に買わない品です。

b0091689_2313191.jpgb0091689_2315854.jpg

主イエス様は私の必要な物をちゃんとご存知です。
「〜〜が必要です。どうぞ与えてください。」などとお祈りをする前から、既に与えてくださる様に準備をしてくださっていらっしゃいました。

主に感謝




人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-16 23:11 | 感謝 | Comments(7)

メキシコ料理 (手抜き料理)

今夜は何を作ろうか〜。
と悩んで冷蔵庫を開いてもさっぱり考えがまとまりません。
料理の苦手な私は、冷蔵庫の中をじっと見ていると、Tortilla(トティア)とチキンに目がいきました。

今日は手抜き料理(って、いつも手抜き料理なのですが)のFajita(ファヒタ)を作る事に決定。



b0091689_146526.jpgb0091689_1463986.jpg
b0091689_147066.jpg
チキンを炒めて、タマネギとピーマンを炒めて。

トティアの上に、チキン(細く切ったもの)、炒めた野菜、レタス、トマト、好みによって生のタマネギ、チーズ、ソーサ、サワークリームを乗せて頂きます。

いや〜、簡単ですぐにできたのに、子供達の大人気。




b0091689_156472.jpg
何よりも、料理の助っ人はこれです!!

これをチキンにたっぷりとふりかけて焼きます。

また、野菜を炒めた時にもふりかけました。

いや〜、これがなかったらおいしい味がでなかったでしょう。

何しろ私は料理が苦手な(できない)ので、こう言うスパイスは必需品です。







人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-13 02:00 | 料理 | Comments(8)

子供が怠慢な時

私の大好きなテレビ番組、The 700 Club を見ていたら、質問とお答えというのがありました。

これは、ある親の質問でした。

質問 = 私は2児の親です。子供達が物を感謝しないし(当たり前と思っている)、言う事を聞かないし、親に対しても態度が悪いのですが、どうしたら良いでしょう。

パットの答え = 
物を取り上げなさい!
そして、子供が欲しいと言ってもやたらと買ってあげない様に。
クリスマスや誕生日の時には、本一冊で十分。
一つの物で感謝ができる様にしなさい。それまで待ちなさい。
また、親に対して横柄な態度を取る時には、きちんとお仕置きをしなさい。
ひどい言い方や、口答えをするときもそうです。
親と子供と言う上下関係がきちんとできていないといけません。
そして、その上下関係をきちんと持つ様に務めてください。


アメリカのクリスチャンでも、躾のできていない人達が沢山います。
何でそんな事がわからないの?!
とあきれてしまいますが、わからない事をそのままにしておくよりも、わからない時には「わからないから教えて。」ときちんと知っている人に聞く事は本当に大切な事だと信じます。

長男が2年生の時の担任の先生が、私達に「どう躾をしたら良いの。」と聞いてくれました。
彼女は二人のお子さんがいました。

また私達も、「どうしたら良いだろう。」と迷うときなど、良くしつけのできているお母さんに聞きます。
それは、その子供と、子供と母親の対応を見て判断します。
ついこの間、私も子供達の学校のお母さんに、どうしたら良いか聞いたばかりです。

また、時々私の親友に聞きます。
「私の躾で間違っている所があったら是非教えてね。」と。
自分で「まっ、良いかぁ。」と思っていても、はたからは「間違い」と見られるときもあるからです。
でも、此れは本当にしっかりとした友情を持っていないと、なかなかできない事だと思います。

一番大切な事は。
親と子供と言う上下関係がしっかりとできている事だと信じます。

私達は子供とどんな小さなことでも話し合います。
子供達も私達を信用して、どんな事でも話をしてくれます。
でも、その信頼は「親と子供」と言う、きちんとした上下関係ができているからだと信じます。

子供達(特に長男と次男)は私達に対して、お父さんとお母さんは、僕たちの一生の親友 と言ってくれます。
この友情関係は、一気にできた物ではなく、「親と子供」と言う上下関係が成り立っているから存在すると信じます。

自分の子供はどんな時でも「いい子」と映りますが、本当にいい子かどうかを判断する目安は。
自分の親や親戚以外の人が、「あの子供達にまた会いたいなぁ。また遊びたいなぁ。」と思ったかどうかです。

どんな時でも、「またあの家族に会いたいなぁ。」と思われたいものですよね。




人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-04-12 01:06 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(9)