<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

養子

朝の8時50分に市の裁判所で市役所の里子養子係りの人と待ち合わせをしました。
私達の弁護士は9時に到着、弁護士と市の職員と、私達夫婦と里子の女の子と裁判官の部屋へ入りました。
(簡単な物なので、法廷には入らずに裁判官の部屋でありました。もちろん裁判官は何人もいるので、私達の裁判をしてくれる人の部屋です。)

養子の裁判は、もうすでに出来上がっていて、ここではただ裁判官が私達を親と認め、裁判官のハンコをもらうだけです。
でもやっぱり裁判の時のように、そこにいる人たち全員右手を上げて宣誓をしました。

裁判官の前で私達の弁護士が、
「今日からこの子があなたがたの実の子供になりますが、それを望んでいますか? 
この子にふさわしい家庭環境作りを努力しますか?‥‥」
といくつかの質問がありました。

次に弁護士が市役所職員の養子係りにいくつかの質問をしました。

写真撮影も入れてほんの15分で終わりました。


去年の6月に「主の戦いだから、安心していれば良い。」と主イエス様から啓示がありました。

この里子の裁判も数回ありました。

そして、最後の裁判で、彼女を養子にもらえる事になりました。


これで今日から里子ではなく、私達の次女になりました。
今までもずっと一緒にいたので何だかピンと来ないのですが、今からは何処に行くにも勝手に行動できます。
というのも、里子の時には義両親の所に行くにも、フロリダに行くのにも、市役所の許可が必要でした。
州内であれば良いのですが、州外に里子を連れて行く事は許可なしでは違法になるのです。

でも、まだ一人の里子がいるので、州外に出る時にはやはり市役所の許可が必要です。
早く彼も養子にもらいたいです。




人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。

ちなみに、、、、。
[PR]
by chieko-2 | 2007-11-28 03:45 | 家族 | Comments(9)

コンピューター

感謝祭の時に、義両親のいるノースキャロライナに行きました。

料理もおいしくって、本当に楽しかったのですが、写真をブログに載せられません。
なんでも、私のコンピューターが一杯で写真を載せるスペースがないとの事です。
これはちょっと私などではできないので夫にしてもらわないといけません。

せっかく感謝祭の記事を書くんだったら写真も載せたいので、感謝祭の記事は写真が載せれるようになってから書きます。


よろしかったら、去年の感謝祭の記事を読んでみてください。

一昨年の感謝祭の記事と四男の感謝祭のクラスパーティーの記事です。
[PR]
by chieko-2 | 2007-11-26 13:33 | その他 | Comments(2)

三男

先日三男の嘘についての記事を書きましたが、今日もそれにまつわる物です。

今朝、朝の2時半にけたたましく目覚ましが鳴りました。
夫が起きて時計を止めたのですが(枕元の時計ではない時計)、又10分後に同じ目覚ましが鳴りました。

朝6時半頃、重い体を起こしベットから洗面所へ。。。

夫はシャワーをあびて、ひげを剃っていました。

私 = も〜!!全く!!誰が目覚まし時計をさわったんだか!!

夫 = あぁ、、、うん。(ひげ剃りの途中)

私 = 絶対に三男の仕業よ。だって他の子は私達の持ち物にはさわらないもの!!

夫 = どうしてすぐに三男と決めつけるのかな?!!

私 = だって他の子は絶対にしないもの!!

夫 = 他の子達も僕たちのベットルールでビデオとか見るんじゃないの?

私 = 見たりするけれど、他の子達じゃないわよ。

夫 = どうしてすぐに三男と決めつけるのかな?!!

私 = 、、、、。(三男だって。)

夫 = 四男〜!!ちょっとここに来てくれない。昨日お父さん達のベットルームで遊んだんじゃないの?

四男 = うん、遊んだよ。娘も一緒に遊んだよ。

夫 = この目覚まし時計をさわらなかった?

四男 = う〜ぅん。さわっていないよ。

夫 = 娘〜! ちょっとこっちに来てくれない。この目覚まし時計をさわらなかった?

娘 = さわっていないよ。

夫 = 三男〜!この目覚まし時計にさわらなかった?
おっと、答える前に、自分のした事を良〜く考えてね。正直に言うんだよ。

私 = 愛は嘘をつかないんだよ。
嘘をつく事は『お前なんか愛していない!』ってことだからね。
お父さんとお母さんを愛している?


三男 = うん。(こっくりと首をたてに振る)

夫 = この時計をさわったの?このボタンをおしたの?

三男 = うん、さわった。

私 = やっぱりあなただったのね!今朝は夜中の2時半に起こされたのよ!!全くも〜!!
でも、正直に言えたね。偉かったね。
(ハグをしておでこにキス!)


朝の2時半に2回も目覚ましで起こされたのですが、三男が正直に自分のした事を言ってくれたので気分は最高でした。
感謝!!



明日(水曜日)から日曜日まで、夫の実家のノースキャロライナに行ってきます。
感謝祭で家族が集まるのです。
義母の作る、感謝祭のごちそうの写真も撮って来ますね。


* 感謝祭
カトリック教の弾圧に耐えかねたプロテスタントのクリスチャン達は、ヨーロッパからアメリカに渡って来た。
長い辛い船旅をし、自由の国に来たのだが、農業も良く分からず、厳しい冬を越えられない人達もいた。
そのなか、インディアン達が隠れて食料をもって来てくれたりした。
インディアン達に農業の仕方を教わり、初めての収穫をインディアン達と一緒に感謝して祝う祭り。




人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-11-21 13:21 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(4)

夫の仕事

夫は工学系の仕事をしています。
この会社に勤めて、18年くらいです。

アメリカの会社と言うのは、会社の中で一つのプロジェクトをくみ、それに会社からとか国から(夫は国の仕事もしているので)とか予算が出ます。
その予算内で仕事をします。
そのプロジェクトは3年だったり、5年だったり、10年だったりとまちまちです。
そして、プロジェクトが終わったら又他のプロジェクトに移動します。

今のプロジェクトは今月末で終わりです。(後約2週間)
プロジェクトが終わりになると、ほとんどの人が他のプロジェクト(州外だったりします)に移動をし、今は彼が一人で最終の締めをしています。

彼は他のプロジェクトに移動すると言っていましたが、行きたいプロジェクトに予算が出ないのだそうです。
彼の行きたいプロジェクトは一人の人がプロジェクトの計画をしていて、「予算がおりたらすぐにうちに来て!」と言われているのだそうですが、予算が出ない事にはどうしようもありません。

私 = 予算が出なかったらどうなるの?
夫 = そのプロジェクトには行けないってことだよね。

私 = そのプロジェクトには行けないってことになると、失業ってこと??
夫 = 他の州に転勤して行けば良いんだよね。

私 = 他の州に転勤はできないでしょうにぃ。まだ2人の里子の養子の裁判も終わっていないのに。
他の州に転勤になるってことは、この里子ちゃん達を州外に連れて行けないから、この子達はおいて転勤ってなるよぉ。ちょっとそれはできないね。

夫 = 転勤ってなると、テキサス州になるんだよね。
君はここに子供達といて、僕だけ転勤して、里子ちゃん達の養子が決まったら家族で引っ越しって形になるね。
でも、それはしたくないよね。7人の子供を一人で面倒を見るのは大変だもの。

私 = ヒステリーが毎日出るよね。

夫 = まぁ、今は会社も自分がどの部署にいるのか分からないから、解雇状を出したくとも出せないって事だな。
私 = えっ?!! 会社は、あなたが何処にいるのか知らないの?

夫 = ここの支社長なんかは知っているけれど、彼は解雇処分なんて出さないでしょ。
出るんだったら本社のサンフランシスコからだよ。
私 = そうか〜。

夫 = 解雇状が出てから、たしか40日はこの会社にいられるみたいだよ。
その間に他の会社を探せって事だし、あと、もしこの会社に残りたかったら他の州を探せってね。
私 = そうか〜。でもさぁ、ギリシャとかイギリスとかフランスとか、どこかヨーロッパには行けないの?

夫 = う〜ん、この会社はあるけれど僕の専門じゃないんだよね。
それに、サンフランシスコの本社が僕の居場所を知らないから、解雇状も何処に送って良いのか分からないっておかしいよね。ハハハ、、、、!!!
私 = ほんとだね。フフフ、、、!!


長男は私達の会話を目を点にして聞いていました。
彼らは大丈夫なんだろうか??と思って聞いていたのかもしれません。


里子を養子にするまでは州外に出たくない。それは里子ちゃん達を州から取り上げられるからです。
でも、州内には彼の仕事はなくなる。(そのプロジェクトの予算がでない限り)
さ〜て、神様はどうされるおつもりでしょう。

私達は主イエス様を信頼しているので、たとえ解雇になるかもしれないと思っても、里子の件があっても、何も心配はしていません。

全知全能の神、全宇宙を創られた神様は、事の起きる前にすべてをご存知だと知っているからです。
そして、私たちの神、主イエスキリスト様は愛の神様であり、私達のためにならない事はされないと知っています。

今までも同じ様な事が数えきれない程ありましたが、いつも私達の望む通りに計画してありました。
主イエス様のお陰で、どんな時にでも平安でいられる事に感謝です。





人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-11-20 04:17 | 家族の出来事 | Comments(4)

母の落ち込み

ずっと更新をしませんでした。
なんだか落ち込んでしまって。
もちろんコンピューターの調子もイマイチだったのですが、それよりも私の精神面。

なんだか子育てが重くのしかかって来てしまって。。。。。

これだけしているのに、何でわからないの?!! とか

あ〜、私なんていなくなりたい。。。 とか

そんな事を考えたりして、今の状況から逃げ出したくなったりして。。。



夫に言うと、
僕もこの状況から逃げたい時があるよ。全てが面倒くさくなってね。と言いました。

あの忍耐人の夫にもそんな時があるのです。
でも、かれは忍耐があるので、私のように表には出しません。

私は、一人で怒りまくり、ため息をつきまくり。。。

最後にはこんな母で良いのかしら、なんて思ってしまったり。


三男の事。
彼ははさみで何でも切りまくります。

☆里子の女の子用の可愛いウサギのついたミトンの手袋をはさみで切られた片方を見つけました。
誰がしたの? と聞いても「僕、知らないよ〜。」と全員が答えます。

☆食料品保存だなにあったチョコの袋、誰かが袋をはさみで切って何個か食べた後。
誰がしたの?と聞いても「僕、知らないよ〜。」と子供達全員が答えます。

☆2階の掃除機、つい先日新しいものを買ったばかり、それが壊れていました。
誰がしたの? と聞いても「僕、知らないよ〜。」と子供達全員が答えます。

掃除機は、さすがに真新しいものだったので怒りが止めやらず、三男と次男にお仕置きをしました。

もちろん、彼らは自分がしたとも言っていません。
でも、今までの歴史があるのです。
そして、三男は2階の掃除機をかけるかかりをしています。

三男はお仕置き受けた後に、必ずごめんなさい、僕がしたの。と言うのです。
でも、あの日はお仕置きをしても、僕はしていない。と言いはります。

そこで、次男にお仕置き。
彼もお仕置き受けた後にごめんなさい、僕がしたの。と言います。

この二人は「うそ」の常習者なのです。

二人をお仕置きをしても、二人とも僕はしていない。と言いはります。

私達はちょっと困り果て、様子を見る事にしました。


2−3日後
朝食の後、次男が悪さをしました。
私は腹が立ち、車で子供達を学校に送って行く時に、
「掃除機も、チョコも本当はあなたがしたんでしょ!!お母さんはそう思うわ!!」と言いました。

すると次男は涙をこぼしながら。
「お母さん、僕は自分自身を代えようとしているんだよ。それなのに、そんなに言うなんて。。。」と言いました。
ちょっとこれには驚きでした。
お仕置きを受けても泣きもしなかったのに、私の言葉で涙をポロポロこぼしました。

母 = 分かった。お母さんはあなたを信じるよ。

次男 = でも、お父さんは僕の事を信用してくれないんだよ。

母 = そうかもね。でも、それは何故か知らないの?
今までの事があるでしょ。この3−4年、あなたは何回お父さんに嘘をついたの?もう数えきれないでしょ。
それでもお父さんはあなたを信用していると、又嘘をつかれる。
お父さんは疲れるよ。そして、あなたに対する信用もなくなるよ。
人の信用を得ようとするには努力が必要なんだよ。
せっかく積み上げた信用も一回の嘘でまた谷底に落とされるんだよ。
あなたはこの3−4年の間嘘をつき続けたから、その間の倍6−8年かけて信用を取り戻さないとね。
でも、又嘘をつくとまた逆戻りだものね。

次男 = (涙を拭きながら) わかってる。


そして、学校から帰って来た三男が。
三男 = お母さん、お弁当袋の中の人参に気づかなかったんだ。
と言いました。
人参には気づかなくとも、2個入れた小さなチョコには気づき食べています。

母 = チョコには気づいたけれど、人参には気づかなかったんだぁ。
次男 = そうなんだ!

も〜、何でそんな嘘をつくかな。

何回聞いても三男は回りくどい答え方。
そして、「チョコには気づいても人参には全く気づかなかった。」と言い切ります。
その嘘で、三男が全ての悪い事をしたと気づきました。

夕方、夫が帰って来てからその事を話しました。

夫は三男と話をしていましたが、三男の受け答えがはっきりとしないし、どうにか回りくどく話をして、そこを通り抜けようとする努力?が伺えます。
何回聞いても回りくどい答え。
そして自分はしていないし、人参には気づかなかったと言いはります。

夫は三男と二階に上がって行きました。(お仕置きです)

一時してから夫がおりて来ました。

私 = で、、?

夫 = 彼は『嘘をついた。』と言ったよ。

私 = その他の事は。

夫 = 全部彼がしたって答えたよ。


今まではお仕置きをすれば、「自分が悪かった。」と謝っていたのに、お仕置きをしても自分がした事を認めず、『うそ』を通そうとする、と言う事に気づかされました。

母 = あなたの嘘のお陰で、次男はお仕置きを受けたんだよ。

三男 = ごめんなさい。(と、私を見て言う。)

母 = 私はお仕置きを受けてないわよ。

三男 = ごめんなさい。(次男を見て言う)

次男 = いいよ。


どんな時にも、どんな小さな事にも誠実になるように。

と、子供達にはいつも言っています。それでも、何回もなんかいも嘘をつかれます。
どんなに愛しても、必ず嘘をつき、少しも悪びれた節もなくふりまいます。

谷底へドンと落とされた感じです。

次男へ「お母さんは本当に疲れるよ。どう育てていいかわからなくなるよ。。。
どうしたら良いと思う。」と聞くと、「主イエス様に祈るしかないと思うよ。」との答え。

あの次男の答えです。
何回も嘘をついていた子の答えです。

三男に対しても少しは光が見える様です。
でも、、、、先は長〜いなぁ。。。


聖書
ルカ 16:10
小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、
小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。



お仕置きに関しては1回で聞く子をお読みください。


今はすっかり元気です
里子の母親の妊娠やらで、精神的にちょっと疲れていたのでしょう。
それに、里子の弟の病院通いもありますしね。
昨日は、里子達がお昼寝をしている時に、自分だけ(もちろん私一人しかいませんが)紅茶を入れて、日本からの羊羹を頂きました。
いや〜、美味しかったですよ。
久しぶり、本当に久しぶりにゆっくり味わったお茶でした。
やっぱり自分の時間をもつって大切なのですよね。
今日は、里子達のお昼寝の時に、しっかりとお祈りをする時間もできましたしね。
主に感謝です。



人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-11-16 02:04 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(13)

母の決断

私は良く子供達とレスリングをします。
特に長男とです。
この夏までは私の完全勝利でした。

長男は、私に良くレスリングを仕掛けます。
もちろん私も受けて立ちます。
(私は昔、クラムガと言うイスラエルの格闘技をしていたので、ちょっとは自信があるのです。)

先日も長男からレスリングを仕掛けられました。
もちろん私の事、彼と取っ組み合いになりました。

でも、フットボールチームに入ってから、毎日筋トレをしているので、なかなか手強くなって来ています。
彼ともみ合っていると、彼が私を持ち上げ、二人用のソファーの角に投げつけました。
その角で、耳の後ろを打った母。
も〜痛くって痛くって、大泣きをしてしまいました。

長男は「お母さん、ごめんね。」と言い、すぐに氷の入ったバッグを持って来てくれましたが、母は怒りの真っ最中。

母 = 何でソファーの角に投げるの!!痛いよ!!

長男 = ごめんね。角だとは思わなかったんだ。。。ごめんね。

母が泣いていると、子供達が集まって来てくれました。

四男 = (私の頭をさすり続ける)

次男 = (大きい方のソファーに座って、私を見つめている。)

娘 = あっ、お母さんの髪留めが壊れている〜。(娘はこの言葉を何回も言っていました。)

母 = (そんな髪留めよりも、お母さんの事を心配してよ。)

三男 = (その時は何故かいませんでした。何処にいたんだろ?)

長男は必死に氷を私の頭(耳の後ろ)にあてようとしてくれましたが、ルール違反だと怒っている母は、彼の方を見向きもしません。

長男 = このことをお父さんに言うの?。。。。

母 = (無言)



夫が帰って来てから

私 = 今日長男からルール違反をされたんだよ。

夫 = うん、彼が話してくれたよ。。。。

私 = 何でもっと心配してくれないの?!!

夫 = いや、、心配しているよ。頭の具合はどおぉ?

私 = も〜、少しも心配してくれていない!!(怒り気味、、


一時してから

私 = でもさぁ。普通のお母さんは14歳のフットボール選手とレスリングはしないかなぁ。

夫 = 普通、しないでしょ!!

私 = そうか〜。。

夫 = 彼はフットボールチームに入っているんだよ。
毎日ベンチリフト(仰向けに寝て、腕と胸肉の力だけであげる)で70キロ近くの物をあげているんだよ。
それに、色々な他の筋トレもしているんだよ。そんな子とレスリングをするかなぁ。
(あきれ顔で私を見つめる。。。)

私 = そうか〜。普通の母はしないか〜。

夫 = しない!!

私 = いくら昔クラムガをしていたって、今は全くその筋肉はなくなって脂肪かしているものねぇ。。。

夫 = 普通の母はしないよ。


でも、右の耳の後ろに大きなこぶができてとても痛く、それから4−5日右向きで寝れませんでした。


里子の弟の検査に行った時に、、、。
母 = 今日は検査をしに病院に行ったんだ。

長男 = えっ?!! やっぱり頭が痛いの?!!

母 = もう痛くって痛くって、脳に異常がないかなって思ってね。

長男 = えっ!!ごめんね、お母さん。。。大丈夫。

次男 = お母さんは里子の弟の検査にいったんだよ。

長男 = (胸を撫で下ろしながら)良かった〜。お母さんじゃなかったんだ。ちょっとびっくりさせないでよ!!



母の決断
もう彼とはレスリングはしません。





人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-11-09 22:23 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(12)

秋の買い物

先日、アジア食品のお店にお米を買いに行ったら、そのお店の並びに古着屋さんがありました。
何とそのお店の前に、白雪姫のドレスが。。。。。
b0091689_2245476.jpgb0091689_22452634.jpg
白雪姫なのに、何故かガラスの靴

透明なビニールの靴も着いて来ました。

これがなんと1000円!!

学校から帰って来たら、娘は毎日のようにそのドレスを着ています。


そして私も、、。
秋から冬にかけての靴がほしくってほしくって溜まらなかったのですが、それを中々言えない。。。

でも、Ross(良いメーカーが安くで売っている)と言うお店に行ったら、見つけました秋の靴
b0091689_22492266.jpg
この左側の靴、3ドル89セント

そして、右側の靴10ドル98セント

いや〜、税金を入れて2足で16ドルちょっと!!

2000円を大きく下回ります。

もう〜嬉しくなってその日は闊歩しながら歩きました。
[PR]
by chieko-2 | 2007-11-07 22:57 | 感謝 | Comments(9)

高一のフットボールチーム

家の長男は14歳で高校1年生です。
(小学校5年、中学校3年、高校4年制度です)
* アメリカは高校まで義務教育です。

彼はフットボールチームに入っていますが、1年生と4年生とは体力的に又体格的に大きく違うので、1年生は1年生のフットボールチームがあります。

b0091689_933178.jpg


彼はコーナーバックと言うポジションです。

ディフェンスで、相手側が投げたボールをレシーバーが受け取らないように阻止するポジションです。


フットボールの練習は学校が終わって(4時)から6時半までです。
だからいつも夫が迎えに行ってくれていますが、この前は次男が家にいたので、彼にベビーシッターをしてもらい、私も夫と一緒について行きました。

長男の1年生グループはまだ練習をしていました。

夫 = どれが長男だかわかるかい?

私 = ひょっとして、あの一番小さい子??

夫 = そうだよ。

そうなのです、長男は1年生のフットボールチームの中で、一番小さい子の次だと言います。

写真を見てくださいましたか?

うちの長男は165センチあります。
彼は「86」の番号をもらっています。

本当に小さいのです。
この小さい子が、こんなに大きな子達とフットボールをしているのです。

そして、彼は50人のチームメイトの中でスターターです。
* スタータ− = 正選手

長男 = 僕はいつ、他の友達のように大きくなれるんだろう?
私 = う〜ん、それはちょっと難しいんじゃないの。母を見なさい。(152センチ)
長男 = は〜。。。(深〜いため息

彼の高校は2−3人のカメラマンがいます。
だからいつも試合の時には沢山の写真を撮り、学校のウエブサイトに載せてくれます。
これもそのサイトからの物です。(感謝。

ちなみに、長男はこんなに小さいのに、インターセプトをした事もあります。
インターセプト = 相手側が投げたボールを相手側のレシーバーが取る前にボールを奪う。
その試合は勝ちました。(感謝


学校

私達は子供達が観る映画や、読む本は本当に気をつけています。
嫌らしい番組や、不道徳な物は絶対に見せません。

アメリカでは映画に年齢ランクがあります。
G = 小さな子供達が観れる。(幼児も観れる)
PG =  小さな子供が観れる。 (小学生)
PG13 = 13歳以下は親と一緒でないと観れない。(親の許可がないと見れない)
R = 大学生以上
もっと上があるでしょうが、私は知りません。

うちはPG13でも、私達が観てからでないと子供達には見せません。


でも、長男はお母さん、アメリカの高校は映画の R だよ。と言います。

学校では、セックスの話とか、汚い言葉とかが数秒ごとに飛び交うのだそうです。
まぁ、今まではホームスクール(自宅学習)をしていたのでそのギャップも大きい事でしょう。

母 = それで、友達がセックスの話とかしている時にはどうしているの。

長男 = 他の方をむくんだよ。聞かないようにしている。

母 = 他の方を見ながら、聞き耳を立てていたりして。

長男 = お母さん、それは「聞いている」って言うんだよ。

母 = あっ、そうか。失礼をしました。

長男 = フットボールの仲間も教会に行っているって言うけれど、汚い言葉を使ったりするんだよね。

母 = 汚い言葉やセックスの話をすると、自分が少し大人に見えてカッコいいとか思うんじゃないの?

長男 = そうだと思うよ。でも、近頃みんな気づいて来たみたいなんだ。僕が全く汚い言葉を使わないって。

母 = そうか〜。あなたの他に汚い言葉を使わない子はいないの?

長男 = いるよ。

母 = その子達が本当のクリスチャンかもね。教会に行っているだけじゃクリスチャンとは言えないものね。
やっぱり行動で判断できるものね。

長男 = でも、汚い言葉をあんまりいつも聞いているからつい使いたくなったりもするんだよ。

母 = そうだよね。私だって頭に浮かぶ時があるよ。
でも、1回使うと、2回使ってしまうし、そうなると汚い言葉を使う事に慣れてしまうものね。
だから、やっぱり1回目をしない方が良いと信じるよ。

長男 = 僕もそう思うんだ。


大学は色々な人達がいます。
長男が大学に入ってカルチャーショックを受ける前にこうやって高校で学ぶ事ができる事に感謝です。



人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2007-11-05 10:21 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(11)