<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

携帯電話

うちでの携帯電話の与え方は。
車を運転する様になってから。と決まっています。

車を運転すると、事故をしたり車が故障したりする可能性があるからです。
車を運転できる歳は、アメリカでは16歳からです。
つまり、うちでは高校2年生(日本では高校1年生)にならないと携帯電話はもらえない決まりです。

ここでも多くの子供達が携帯電話を持っています。
メールも、用事があってメールをするのではなく『今、何しているの?』と言うようなくだらないメール。
まぁ、子供達はそれが楽しいのでしょう。
携帯電話を買い与えようと思えば与えられます。でもそれは私たちの選択で買い与えていないのです。
子供の遊びのために携帯電話を買い与える必要はない!
 と言うのが私たちの考えです。


うちのご近所の女の子、彼女は小学校3年生なのですが、彼女はもっと早くから携帯を持って学校に通っていました。
スクールバスで帰って来て、バス停で降りた時に母親が車で迎えに来ていなかったら、親に電話をするんだそうです。
うちの子達、「歩いて帰って来なさい。」と母の言葉。

長男が中学校3年のとき、ご夫人と話をしていたら、そのご夫人のお子さん(長男より年下の女の子)から、
「え〜っ!!まだ携帯を持っていないの?!!」 と言われました。
私は、『そ!携帯なんていらないもの。』と長男が返事をする前に答えました。

長男が高校に入ると、携帯を持っていない子の方が珍しくなります。

長男 = お母さん、もうほとんどの子達が携帯を持っているんだよねぇ。
母 = そう。それは良かったわね。その人達に借りれるね。
長男 = 、、、、。

と言う会話もしました。

ある時、長男と同じ年の一人のフットボール部の子が、
その子 = おい長男、家に連絡をしないといけないから君の携帯電話をかして。
長男 = 僕も携帯を持っていないんだ。
その子 = ちょっとぉ〜、本当に家に電話をかけないといけないんだよね。貸してよ。
長男 = 本当に持っていないんだって。
その子 = も〜、貸してくれても良いのに。
と言って、その場を立ち去って行ったそうです。

母 = あら、うちだけではなく、うちと同じ考えを持っている親がいるのね。

長男が車を運転しだした時と同時に、一番安い携帯を与えました。
長男は飛び上がって喜んでいました。
しかし、メール打ち放題のプランには入らず、1ヶ月20ドル分だけメールが打てるプランに入りました。
だから長男は、彼の友達に用事がある時のみメールをしてね。と言いました。
たまに、『今何しているのぉ〜』と言うメールが来ると、すぐに『そんなメールは絶対にしないで!」と打ち返していました。
1ヶ月にメールの数が決まっていると、自分で計算をしながらメールを打たないといけません。
1ヶ月が終わる前にメール制限まで行ってしまった時には、家庭の電話で友達と連絡を取っていました。

またある時、クラスメイトの女の子から長男の携帯電話に留守電が入っていました。
長男はすぐさまその子に電話をしました。
その子の方も留守電だったみたいでしたが長男は。
用事があるんだったらまたかけ直してね。でもたいした用事でないのなら明日学校でね。と言っていました。


今は彼も高校4年生。
私と一緒のファミリープランに入っているので、メール限定なんて物のもなくメールも打ち放題です。
でも、『今何しているの?』なんてメールは全く打ちません。

新しい携帯電話をもらった長男を、ちらりと見ていた次男。

母 = 次男、あなたをファミリープランに入れると、月にたった5ドル払うだけなんだけれど、なんであなたに携帯電話を買い与えないか知っている?
次男 = 今までが悪だったから。

母 = もちろんそれもあるよ。でも、それだけではないのよ。
あなたは長男の様にいろいろな事を両親に話さないでしょう。
あなたは親から隠れて何かをする事が多いわよね。
隠れてするってことは、親はあなたが何をしているのか把握しきれないって事なのよ。
つまり信用性に欠けるってことよね。
いろいろな事をもっとオープンに話をして、もっとお互いに理解し合わないといけないのよ。
あなたの事をもっとしっかりと理解でき、あなたの事を100%信用できた時に携帯電話は与えられると思ってね。
それには、つまらない事でもいろいろな事をもっと親に話さないといけないって事なのよね。
その「親と話す事」で、信用性が生まれてくるのよ。
意味わかるわよね。


次男 = うん、わかった。


今次男に携帯電話を与えると、彼を失います。
親よりも友達を優先する様になり、ますます彼を把握できなくなります。
もっともっと次男と密な関係になった時が、彼が携帯電話をもらえる時です。
彼が大学に入る時かなぁ〜。。。



うちの子達は我慢ができます。
他の人も持っているから僕も欲しい!
なんて事は絶対に言いません。
「そんな他の人が持っていたって関係ないでしょ。」と言われるのが目に見えるからです。
たまに、『**ちゃんは☆☆を持っているんだって。』と子供達が言うと、『ほんと〜、凄いねぇ〜。』で終わらせます。


先日、四男の靴が壊れてしまいました。
『新しい靴を買わないといけないなぁ。』と思っていた矢先に、日本人のお方から茶色の靴でピンクのパンサーが刺繍してある靴を頂きました。
女の子が履いていた靴で、何でもメーカー物でひも靴なのですが、ひもが真ん中でなく斜めに入っているのです。

『あれ!これはかっこいいねぇ。これはピンクが入っているから長女がはくかなぁ。』
なんて言うと、側にいた四男。

四男 = これ、僕が欲しい!
母 = でも、ピンクが入っているよ。他の子達からなんか言われない。
四男 = 、、、、。う〜ん、どうかなぁ。でも、まぁ明日学校に履いて行ってみるよ。

と、四男が学校に履いて行くと。
学校の友達も『あ〜!!ピンクだ〜!女みたい〜!』なんて子は一人もいなかったそうです。
でも、彼のニックネームが「ピンクボーイ」になったそうです。
それでも全く気にしない四男です。

物がある事に感謝ができる子達に感謝です。





人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-29 03:13 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(7)

誕生会続き

4月は何かと誕生会が多いです。
うちの長男と次男の誕生日やら、私の友達、五男の友達やらと誕生会が沢山ありました。

五男の友達、ベンの誕生会
五男はなじめてクラスメイトの誕生会に呼ばれました。
誕生会があった場所は「チャッキーチーズ」と言う所。
沢山の子供用のゲームがある所です。
b0091689_1514440.jpgb0091689_1511286.jpg

ピザを食べて、誕生クッキーを食べて、乗り物にも沢山乗りました。
b0091689_15378.jpgb0091689_1532389.jpg


長男と次男の誕生会
4月22日は次男の、4月23日は長男の誕生日。
忙しくって誕生会をする暇がない。
というか、長男に「友達を呼んで誕生会をしようか?」と聞いたら、
彼の友達は、お互いに仲の悪い人もいるので、あの子を呼んでこの子を呼ばないとなるといけないので誕生会はしない方が良い!と言うのです。
それで、家族だけでの誕生会。
b0091689_201731.jpgプレゼントはそれぞれの日にあげたのですが、誕生ケーキは24日の土曜日に、二人一緒にお祝いしました。

ちゃんとろうそくもつけたのです。

長男が「僕と次男と2本のろうそくで良いよ。」と言うので、ろうそくも2本。
皆で歌を歌って、次男からろうそくを吹き消しました。

次男へのプレゼントはDVDが2本、本。
子供達の次男へのプレゼントは、スポーツパンツ、帽子。
長男から次男へのプレゼントは、なんとかと言うメーカー(ティーンの間で流行っているんだそうです)のTシャツと、ボタンダウンのシャツ。

次男の長男へのプレゼントはサングラス。車を運転したりする時に必要なのだそうです。
子供達の長男へのプレゼントは、チェックの半ズボン。
長男はチェックのズボンが欲しいと言っていたのです。高校生になるとファッションに気を使うみたいです。
そして私たちからの長男へのプレゼントは携帯電話!

携帯電話は彼が高校3年生(日本の高校2年生)の時に買って与えました。
もう1年以上経っています。
友達の携帯電話は、メールは撃ち放題、写真も撮れる、ビデオも撮れる、ネットにもつなげられるなどいろいろな装置が付いているそうです。
でも、うちの長男の携帯電話は、メール制限、電話で話す時にはスピーカーにしないと相手の声が聞こえない(はっきり言って壊れているんです)、などのとても遅れた機種。
長男 = みんな凄い携帯を持っていて、こんなに遅れた機種なんか持っていないんだよね。
母 = 携帯を持たせてもらっている事に感謝をしていないの?別に契約を解除しても良いんだけれど。
長男 = いえ!!これで十分です。ありがとうございます。
などと会話をしていました。
でもその携帯も、彼の誕生日の3日前に完全に壊れて使えなくなったのです。

近頃の携帯電話は、電話会社と契約をすると、携帯電話がただでもらえます。
安いファミリープランをしている電話会社を探し、長男の誕生日の2日前に買いに行きました。
ついでに私の携帯電話も代えました。
いつも私の携帯は20ドル(2千円)前後の物。
でも、今回は0を一つ付け足した200ドル(2万円)、長男の携帯は280ドル。
沢山の機能がついているのに、ただ。
まぁ、私はいろいろな機能がついていても使えこなせず、電話をかけたり受けるくらいですけれどね。
私の携帯は、6人の人を選んで、その人から電話がかかってくると色が変わるんですって。
長男のは、電話機を横に押すとキーボドが出て来て、メールが簡単に打てる。
b0091689_3113097.jpgb0091689_3114993.jpg

長男は大喜びで、「これで友達から写真メールやビデオメールが来ても見る事ができる!」と言っています。
私は写真を写す操作はわかったのですが、写真を消す操作がわからない。
長男に聞いたら「ここを出して、このボタンを押して〜〜〜。」と良〜く説明をしてくれます。
フムフム、説明書を読むよりもわかりやすい。
長男は、「今夜はこの携帯と一緒に寝るよ。」と言っていました。
もっと凄い機種もあるのでしょうが、私たちにはこれで十分です。

次男にも携帯を買おうと思えば買えました。
家族プランに入っていると、家族のメンバーが一人増えると、1ヶ月5ドルで追加できるのだそうです。
月にたった500円で高い携帯電話ももらえるのです。

でも、次男には携帯なし!
まだまだ彼は信頼度にかけますもの。





人気blogランキングへブログランキング・にほんブログ村へ応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-26 03:40 | 家族の出来事 | Comments(5)

五男の寝相

またまた更新が遅れてしまいました。
本当にごめんなさい。
なんだかここの所忙しいです。
もうすぐ(5月21日)学年末になるので学校の事やらいろいろ気が散るのです。
遊びに来てくださったお方、本当にごめんなさい。


五男の寝相という訳ではないのですが、五男をベットに入れても部屋から出てきました。
もちろん、「寝る時間だよ。」と言いお仕置き。
それ以後は全く姿を現さないので、しっかりとベットに寝たものと思いきや!!
見てください。
私たちのベットルームと彼の部屋の間の廊下に寝ていました。
b0091689_211508.jpgb0091689_213322.jpg

b0091689_2135191.jpg
しっかりとブランケットを抱いています。
まぁ廊下と言ってもカーペットがしいてあるので痛くなく眠れたのでしょう。

彼を抱き上げ、一時じっとだっこをしていました。
子供の寝顔は本当に可愛いものです。
いっぱい抱きしめて、いっぱいキスをしたのですが全くおきません。
だからもっと抱きしめてもっとキスをしました。


嬉しかった事

前にコメントを残してくださったお方のブログにお邪魔したら、叱り方としての記事がありました。
4人のお子さんがいらっしゃるそうですが、私のブログを読んで、育児関連の事は「頭に叩き込んで実践」されたそうです。
お仕置き棒はご主人のお手製。
この叱り方を実践すると同時に、子ども達へのスキンシップも意識して増されたそうです。

すると、子供達の態度がご主人も驚かれるほどに変わったそうです。

こんなに嬉しい事はありません。
私のブログを読むだけではなく、実際に実践されてその結果が良かった事を教えてくださいました。
ありがとうございました。


前にも書きましたが、子育てはピラミッド型でなければいけないと信じます。
子供が小さな時には、1から10まで小さな事もしっかりと躾ないといけません。
でも、少しずつ大きくなると、親が3を言うと5を悟る様になります。
またそうならなければ努力をして躾をしているかいがありません。
感謝な事に次男もその事は良く理解できる様になりました。

ある人は時期がくればわかる様になる。と言います。
どの時期が来るとわかる様になるのでしょうか?
学校に行って先生から教わるのでしょうか?
成人をして社会に出てからでしょうか?
私は、親として、教えるべき事はしっかりと教えないといつまでも学べないと信じます。


躾の記事の一部
子育てメッセージ
わがままモンスター
1回で聞く子




人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-23 03:18 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(2)

ヘヤーカット

うちの次女の髪が長くなって来て、それと同時に手入れも大変になってきました。
髪を切ろうよ?と、聞くと。
「いや!! 私はプリンセスだもの!!」とのお返事。。。。
あぁ〜、私が手入れをしないといけないのに。
朝起きたら、ぼさぼさの髪で起きて来て、彼女がご飯を食べている時に、私が髪をとかして三つ編みにしたりポニーテールにしたり。

夫に、
私 = 次女の髪を切りたいんだよね。
夫 = 「えぇ〜、長い方が可愛いのにぃ!!」
私 = そ。じゃぁ、あなたが毎朝彼女の髪の手入れをしてね。
夫  = おっとぉ〜。どうぞ髪を切ってください。

夫の了解は得たので、次は次女。

私 = ねぇ、髪を切ろうよ。
次女 = いや!!私はプリンセスなの!!
私 = そうだよね。プリンセスは髪が長いものなぁ。。。
でもさぁ、髪の短いプリンセスもいるよ。白雪姫やシンデレラや。それに、プリンセスが小さい時には皆髪が短いんだよ。
大きくなって、髪が長くなるんだよ。

次女 = そうなの?
私 = そう! 髪の長い4歳のプリンセスって、、、、見た事ないなぁ。

次女 = 大きくなってからかぁ。
私 = そうなのよ。小さい時には髪が短いのよ。 ね、髪を切ってみる?!!
次女 = そうかぁ。。。髪を切ってみようかなぁ。
私 = じゃ、早くこっちに来て!!

と言って、次女の髪を切りました。
それを見ていた長女も、「私も髪を切りたいなぁ〜♪♬」との事。
そぉお、早くこっちに来て!一緒に切りましょう。

と、二人の髪切りに成功!!!
b0091689_415294.jpgb0091689_4154451.jpg

前から見たらおかっぱ風で、後ろから見たらちょっとショート。

でも、次の日子供達が学校に行く時に、娘はジャケットの帽子を深々とかぶっていきます。

学校から帰って来た長女に。
母 = どうして、あんなにジャケットの帽子を深々かぶって行ったの?
長女 = うん、あのね。一緒にバスに乗る男の子の中に一人意地悪な子がいるのよ。
その子からあぁ〜!!男の子みたい!!って言われるんじゃないかって心配だったのよ。
でも、誰からも「男の子みたい。」って言われなかった。
よかった!

母 = ???そうかぁ、よかったね。でも、少しも男の子みたいじゃないのに。
長女 = うん。良かった。

次女は
次女 = ねぇ、髪がっすこし長くなったみたい。
母 = 今切ったばかりなのに、そんなにすぐに長くならないよ。
次女 = 少し長くなったみたい。またプリンセスになれる。
母 = 髪が短くてもあなたはお母さんのプリンセスよ。
次女 = フフフ。(大きな笑みを浮かべてハグ)

夏は暑いので、短い髪が最高!
髪の長かった長男もスッキリサッパリと長めの坊主頭にしました。

おまけ
髪が長かった頃の長男の写真と変わらない三女の笑顔。
b0091689_4274619.jpgb0091689_4282728.jpg





人気blogランキングへブログランキング・にほんブログ村へ応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-17 04:37 | こども | Comments(9)

友達ジーン

b0091689_8513439.jpg友達のジーンがロードアイランド州からここに来ています。
彼女はお孫さんも12人ほどいる人で、とても話しやすい人です。
なんでも、膝の手術に来たという事で、ここに3ヶ月くらいいるのです。

先週の土曜日に「今日会えない?!」と電話がありました。
3時半にコーヒー屋さん(有名なのに名前が出てきません。日本にもあるのに)で待ち合わせをして、2時間じっくりと話をしました。

キリスト者としての信仰の事、生き方、彼女とはどんな事でも意見が一致します。



信仰の事でちょっとイライラしている事があったので、彼女に話すと、これがまた100%私の考えと同じ。
もちろん家族は私の意見と同じですが、家族以外の人の意見も聞きたかったのです。
彼女の意見を聞けて、すっきりさっぱりできました。感謝です。


彼女は、子供達の事で苦労をされています。
特に娘さんの事で。。。

娘さんは結婚をしておられるのですが、それがジーンに全く知らされないまま結婚をしたのだそうです。
娘婿はキリスト者ではなく、子供が6人もいるのに働かないのだそうです。
* キリスト者として、自分の子供達はキリスト者と結婚して欲しいと願っているのです。

家系は娘さんがよその家の掃除などをして稼ぐのだそうです。

「家の頭なんだから、しっかりと働かないと。」と言うと、娘婿は怒って、ジーンは電話連絡もできなくなるのだそうです。
もちろん、娘さんは自分の夫の側に立ちます。
娘さんは、夫と一緒になって母親の悪口を言い、家族には誰にも会わせてもらえないそうです。
孫達も慕ってくれていたのに、今は悪口を言うそうです。
とても胸が痛いと言います。


ジーン = 娘は小学生の頃クリスチャンになったんだけれど、彼女の生き方はキリスト者とは言えないのよねぇ。
彼女を見ていると胸が痛いのよ。このまま主から離れたままだったらどうしようと思うのよ。

私 = 彼女は本当にクリスチャンになったの、悔い改めの祈りをして主イエス様に心に入ってもらう様に祈ったの?

ジーン = そうよ。そう祈ったのよ。

私 = だったら大丈夫よ。きっと主のもとへ帰ってくるわよ。

ジーン = でも、もう何年になるのかしら、教会にも行っていないし。(涙ぐむ)

私 = ジーン、あなたは私達の神様が偉大な神様で、全宇宙を6日間で作られたお方だって知っている?
私達の頭に何本の髪の毛があるかさえご存知だって知っている?
御子(主イエス様)を信じる者をとても愛してくださっているって知っている?

ジーン = そんな事は知っているわ。でも、、、。

私 = 覚えている? 聖書のローマ人への手紙の中にある言葉。
一度主の民に加えられた者は、どんな事があっても主から引き離せられないのよ。
主のご計画に期待しましょうよ。
今は離れている様に見えても、きっと主は導いてくださるのよ。
主は言われた事は必ずされるお方だもの。
主を信じましょうよ。

ジーン = そうね。主に期待しましょう!


ジーンと話をすると時間がいくらあってもたりません。
お店が閉まって、お店の前で夜中まで立ち話をした事もあります。
ジーンは私をいつも励ましてくれます。私の事を祈ってくれます。
家族のいない私に、「私が母親になってあげるから、いつでも何でも言ってね。」と言ってくれます。
こんなすばらしい友を与えてくださった主に感謝です。


ローマ人への手紙8;35〜39
35:私達を、キリストの愛から引き離すのは誰ですか。艱難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、つるぎですか。
36:「あなたのために、私たちは一日中、死に定められている。わたしたちはほふられる羊と見なされた。」
と書いてあるとおりです。

37:しかし、私たちは、私達を愛してくださった方によって、これら全てのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。
38: 私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今ある者も、後に来る者も、力ある者も、
39;高さも、深さも、その他どんな秘蔵物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離す事はできません。





人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-15 10:23 | 友達 | Comments(3)

夫の会社のパーティー

2週間ほど前に、夫の会社のパーティーがありました。
なんでも、10年、20年、25年〜〜〜〜〜定年。
の賞があるとかで、私の夫も今年で20周年記念として、招待されたのです。

始まるぎりぎりにやっとパーティー場のレストランへ到着。
もっと早くいきたかったのですが、子だくさんは何かと大変。
家を出ようとする時に、何かが起こるんですよね。

パーティー場では、ご夫人方は皆さん素敵なドレスをお召しで、男性はスーツを着ておられました。
私は、黒のドレスと夫はシャツにネクタイ。
も〜、夫は夏のブレザーを持っていないんですよ。
みんなスーツを着ているのに、夫だけシャツとネクタイ。。。。

ブレザーを買おうか?と聞いたら、「そんな1回だけのために買わなくていいよ。」ですって。

パーティー場の写真は、ちょっと気が引けて取りませんでしたが、今考えたらパーティー場の写真をとっても良かったのにと思えます。
席についてから、食事が来たときの写真は取りました。
お隣さんの食事まで取りました。

もちろん、まずはパンとサラダ。
そしてアプタイ(前菜)とお隣さんのチキンのソテー
b0091689_6262573.jpgb0091689_6271789.jpg

私のステーキと夫の照り焼きチキン(夫はもうほとんど食べてしまってます)
b0091689_6265095.jpgb0091689_6274263.jpg

飲み物は、赤ワインと白ワインなどがあって、お向かいの男性は『これは凄く良い白ワインだ。』と言っていました。
そんなにいうのであれば、私も味見を。。。
と少しだけ赤ワインと白ワインをグラスについてもらって飲みました。
いや〜、私にはちょっとわからないお味でした。

10周年記念から会社からのプレゼントがあります。
年数によっていろいろな物があって、いろいろと選べるのです。(もちろん1品だけですが)
男性用の品もあるのですが、夫は必ず私へのプレゼントを選んでくれます。
感謝な事です。

夫が10周年の時にもらった物は、銀と金の鎖の絡まったブレスレットでした。
1年もしないうちに壊れました。
20周年記念で会社から頂いたものは。。。真珠のネックレスです。

b0091689_881915.jpgb0091689_883323.jpg

25周年にはローレックスの時計もあるとか。
私には「元気で頑張ってね。」と言うしかありません。

会社に行って仕事をし、家に帰れば家事の手伝いや子供達の世話をしてくれる夫に心から感謝をしています。

でも、その感謝がいつも頭にありません。
あたりまえと考えているときが多いのです。
当たり前と思うよりも、もっと〜〜をしてくれても良いのに!
なんて考えたりもします。

もっと謙虚になり、感謝の心を持つ様にしなければいけません。
夫を与えてくださった主イエス様に感謝です。



人気blogランキングへブログランキング・にほんブログ村へ応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-13 08:33 | 感謝 | Comments(2)

春休みの子供達

春休みはフロリダで楽しいときを持てたのですが、もちろん子供達も1日中ずっと家にいるので、親との議論(反抗)もあります。

長男の反抗している時には、
あなたは、一人で生きているなんて思っているんじゃないでしょうね。
親の家に住んで、親が買った服を着て親の作った食事を食べ、ガソリン代も払ってもらった車に乗り、携帯電話も親に払ってもらっているんでしょう。
あなたは1円も家にお金を入れていないのよ。
あなたが一人でできる事なんて何にもないのよ。
きちんと自分の足で立ってから親に意見をしてね。
それまでは、あなたは親に意見ができないって思ってね!


と言うと、「その通りだね。」と言って納得します。

でも!!
うちの次男はそうはいきません。
私から言われると、頭では納得していても『ふん!それがどうした!』と言う態度を取るのが次男です。

フロリダで、次男がいなくなった事に気づき、ちょっと探してみると、二階にいました。
私が来た事に気づいたら、すぐに何かを隠したのです。

あなた、何をしているの?!!
と言うと、すぐにその場を離れようとしました。

母は、次男の隠している物を取り上げようと必死につかみかかりますが、次男は陸上部で、砲丸投げと円盤投げをしている力持ち、なかなか母の思う様にはいきません。

「お父さん!!すぐに来て!! 次男がぁ〜!!」と夫を呼びます。

その時、次男は片手で私を押しました。母は小さいのですぐに押し倒されてしまいました。

それでもめげない母、夫の来るまで次男に食い下がります。

夫は私の声を聞いて走って来てくれました。

夫から怒られて隠した物を見せてくれました。
。 



は?? 

カメラでした。


家族のカメラは私達が持って来たのですが、もう一つあったカメラを次男が自宅から持って来た様子。
隠す物かな!

次男は、写した物を全部消していました。

家の窓からや海岸で撮った写真です。可愛い子の写真でも写したのでしょうか。


隠すほどの物ではありません。

母 = あなたの心はとても薄汚れているわよ。
罪を犯したと思ったから消したんでしょ。
恥を知りなさい!!


次男 = お母さんから怒られると思って。。。

母 = 隠す方がよっぽど怒るわよ。
『おかあさん、可愛いこの写真を撮ったんだよ。』って見せてくれれば、怒る事なんてないのに。
心が汚いから、隠すんだよ。

次男は、涙をぽろぽろこぼし始めました。

母 = お母さんは、ティーンエイジャーがホルモンの変わり目で、特に異性に興味が出てくる事くらい良くわかっているつもりよ。
話せないこと自体が、あなたに罪悪感があるからよ。

次男 = 、、、うん。ごめん。



次の日。

母 = ちょっと次男。
次男 = はい、おかあさん。

母 = 昨日は不意をつかれて、片手で押し倒されたけれど。お母さんが本気を出せば、。
次男 = はい、おかあさん。僕なんてすぐに負けます。

母 = 、、、。わかっていれば良いのよ。お母さんが本気を出さなくってよかったって感謝をしてね。
次男 = はい、お母さん。わかっています。


次男は神妙な顔で私を見ています。
でも、そこまで話をしたら私は笑いこけてしまいました。


砲丸投げと円盤投げをしている次男に、小さな母が力で勝つはずがありません
次男もその事は十分に知っています。
次男が、『はい、お母さん。』と返事をしたのは、親に敬意を払っているからだと信じます。

春休みは毎日次男の反抗があり、毎日次男に意見をしましたが、少しずつ成長してくれている事に感謝です。
これも主イエス様の導きがないと考えられない事です。
主に感謝です。





人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-10 02:55 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(14)

宿泊したフロリダの家

アメリカでは、海の家や山の家を1週間ごとに借りて泊まったりします。
私達が宿泊した所の写真です。
玄関と一階のポーチ。
b0091689_2415340.jpgb0091689_2423736.jpg

キッチンとダイニング。
b0091689_2435950.jpgb0091689_2442740.jpg

キッチンとリビングルーム(キッチンの横がリビングです)。
b0091689_2444320.jpgb0091689_2471895.jpg

一階の二つのベットルーム。
b0091689_2481295.jpgb0091689_2483884.jpg

二階のベットルームとバスルーム。
b0091689_2492476.jpgb0091689_249473.jpg

二階のテラス。
b0091689_2504812.jpg
子供達が寝た後は、夫と二人で飲み物を持ち、このテラスから空を見ながら話をしました。

なんて書きたいのですが、そんな暇は全くありませんでした。
次回に期待します。





人気blogランキングへブログランキング・にほんブログ村へ応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-09 02:54 | アメリカの家 | Comments(4)

フロリダ旅行

一週間も更新しませんでした。
遊びに来てくださったお方、本当にごめんなさい。
子供達の春休みでフロリダに行ってきました。

フロリダに行く1日前、カレンさんからの差し入れがありました。
何と!!
フロリダに行く途中に食べてねと、12本のお寿司!!
b0091689_713852.jpgb0091689_7134479.jpg

中身は、梅干し、たくあん、ハムの3種類。それも、食べやすい様にちゃんと切ってありました。
約9〜10時間(約800キロ)の旅。
ただのトイレ休憩だけで一回も止まらずにいけました。
お米も沢山使ったでしょうに、時間もかかったでしょうに。
カレンさんの愛に感謝です。


フロリダでは

やはり海です。砂が本当に真っ白なのです。
子供達は網を使って小さな魚を捕まえていました。
b0091689_7181291.jpgb0091689_7175230.jpgb0091689_7191193.jpg

真ん中の写真は、ご近所のお嬢さんと知り合いになって子供達もよく遊びました。
何でも彼女の家族はテキサスから来たとの事。
お互いに良い時に来れて一緒に遊べた事に感謝です。
子供達がつついている透明な物は、クラゲです。
b0091689_7202615.jpgb0091689_720496.jpgb0091689_7211219.jpg

三女は2回目の海なのですが、足が砂につくと大泣きをします。
長女は、薮の中をご近所の子達と歩いて、なんだかアレルギーが出たようです。
彼女のホッベは2倍に腫れあがりました。
もちろん、顔と両腕と胸に湿疹がいっぱい。でも彼女だけで他の子達は大丈夫でした。
帰りの車の中では、運転は夫にまかせ私もしっかりと寝ました。
b0091689_7214940.jpgb0091689_7221425.jpgb0091689_7223589.jpg




人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
[PR]
by chieko-2 | 2010-04-06 07:42 | ヴァケーション | Comments(4)