人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

私の必要性

テニスチームに、「日本行きは中止になったよ。」と言うと。
えっ!!いつ日本に帰るの?!
もうアメリカには帰ってこないの?!!
などなどの質問。

「ヴァケーションで3−4週間帰るつもりだったんだけれど、中止になったんだよ。」

と言うと。

「もぉ〜、びっくりさせないでよ。日本に帰ってしまうのかって思ったわよ。心臓マヒを起こすかと思ったわよ。」

この言葉は、私のパートナー(いつも一緒に試合をする人)のローレンが言った。

「ふぅ〜ん。」と思ったが、何か悲しい物もあった。

「私がこのチームに必要とされるのは、チームの中でちょっとテニスがうまいから。チームの為に、チームが勝つ為に必要とされているだけなの?私が普通のテニスプレイヤーだったら、全く必要とはされないの。。」
と思った。
実際に、「一緒にお昼でも食べにいこう。」とか、「うちに遊びにおいでよ。」なんて一回も誘われた事などない。

今週末は州チャンピオンとして、南部大会がアラバマ州のモービル市である。
ここからそこまでは高速で約8時間ちょっと。
そこまでどうやっていくんだろ。
私は車の運転がいやだだし、一人では運転なんかしたくない。
誰かがのせていってくれるのだろうか?

6.5のチームキャプテンに「私も一緒に乗せてください。」と、テキストを打ったが全く連絡なし。
う〜ん、どうなるんだろ?


先週の水曜日、5.5のチームメイト(ジョーディー)にテニスクラブで合った。お互いにコートの開くのを待っている時に話をした。

私 = モービルまでどうやって行くの?
ジョーディー = その事を、昨日ローレン(私のパートナー)と話をしたのよね。あなたとローレンと私は一緒に車に乗って行くのよ。私が車を出して運転もするわ。でも、ウイットニーは1時にしか行けないからどうしようかと思っているのよね。一人では行かせたくないもの。

私 = あら、私はあなた達と一緒に行くの?
ジョーディー = そうよ。

私の知らない間に決まっていた。

金曜日にローレンに合ったら、ジョーディーはウイットニーと1時に出る予定。ローレンとアリソンと私は朝の8時半にでる予定。となったらしい。

何だか私の知らない間に、全て決まっていた。
なんだぁ〜、心配なんかする事ないんだ。
私を置き去りにされなかった事に感謝。

後でよく考えたら、私も一度も「一緒にお昼を食べに行こうよ。」とか誘った事なんかない。
まあ、子供がいつも一緒だからなかなか難しい。
チームメイトも子沢山と知っていて、私がいつも忙しい事も知っている。

意固地にならずに、もっと感謝をして生きよう。
たとえ、チームの中でちょっとテニスがうまいからだけで必要とされているのなら、その事に感謝を持とう。
健康な体を与えてくださっている主に感謝をしよう。




今週の木曜日、朝8時半にアラバマ州のモービル市に行きます。
勝ち進んだら、決勝戦は月曜日。
夫は木曜日に会社を休んで子供達の面倒を見てくれます。
金曜日は大学に行っている長男も春休みで帰って来、勝ち進んで決勝戦にでても、月曜日は長男がいてくれるので子供達の心配はありません。
全て神様のご計画。
一番良い時に南部大会を組んでくださいました。

木曜日の8時半から4泊5日家を空けます。
5.5と6.5の両チームで海辺沿いの大きな別荘を借りました。
7つのベットルームで5つのバスルームがある家だそうです。
全て計画性抜群のローレンのおかげです。

もっともっと感謝を持って生きます。



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
by chieko-2 | 2012-02-27 22:58 | 私の事 | Comments(4)

ねぼすけ

夫が「じゃぁ、行ってくるね。」と寝ている私のほほにキスをしてくれた。
彼が会社に行く前にはいつもしてくれる事。

「えっ?!今何時?今日は早朝会議でもあるの?」

と思って、タンスの上にあるデジタル時計を見てみた。

7時7分!!

もう小学校の子供達はとっくに学校に行くスクールバスの所に行っている。
家にいるのは、中学生と高校生。そして下の二人の子達。

ひぇ〜、ねぼすけをしてしまった!!!

もぉ〜、なんだかなぁ〜。。。

五男は昨日、38度ちょっとの熱があったが、今朝は元気に遊んでいる。感謝な事です。

今日は聖書勉強会の日だったけれど、五男の熱が気になって「欠席」のメールを聖書勉強会のリーダーにしていた。

きっと神様が、今日はきちんと家の事をしなさいという事だったのだろう。
掃除、洗濯、今日はちょっと頑張ってやってしまおう。
うちの場合、洗濯を1日しないと大変な事になる。
洗濯や乾燥は機会が全部してくれるから感謝なのだが、乾いた服をたたむのは私の仕事。

12時からは、チームのテニスの練習。
それまで主婦を頑張ります。

さて、洗濯機を回しながら掃除機をかけよう。




人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
by chieko-2 | 2012-02-23 22:54 | 私の事 | Comments(6)

親元はなれて

長男の大学生活を先日記事にした時に、ちょっと驚く事があったのでそれはまた後日。
としていたのですが、その驚く事を記事にしたいと思います。

高校生までは、親元で、親の監視下にあります。
日曜日は毎週教会に行く様に。
門限をきちんと守る様に。
友達関係で淫らな子達(道徳的に低い子達)と交際をしない様に。
などなど、親は子供の言動をしっかりと把握しないといけません。

うちの子達の事は、夫の方が良く知っています。
友達関係はもちろん、携帯電話のチックもします。
子供の携帯電話のチェックだなんてプライバシーの侵害!なんて言う人がいるでしょう。
私はそのお方に真っ向から反対です。

その携帯電話は誰が買ったの?携帯電話料金は毎月誰が払っているの?
そして何よりも、親に隠し事をすること自体が罪を犯しているからです。

昨日の教会で、高校をこの12月に卒業し、1月から長男の行っている大学に通っている子がいます。
* アメリカは早期卒業、早期入学もできるのです。

その母親と話をした時に、「あなたは何でも自分の子供の事を知っていると聞いたわ。」と私が言うと。「そうよ。良い事も悪い事も全て把握しているわ。私の子供ですもの。」との事。
その子は悪い友達と関係を持ったので、友達関係を代えたかったんだと長男は言います。
早期卒業をし、大学へ早期入学をする事は彼にとっても親にとっても良い選択だったのでしょう。
大学に行っても、フェイスブックやメールのチェックなど、親は欠かさずしているのだそうです。

うぅ〜ん、私にはできない。
何しろフェイスブック自体を持っていない。。。。

独り立ちをするまで、つまり自分で稼いで自分の足で立つまでは親の監視下に子供はいます。
親はその子供をプライバシーの侵害なんて言葉を恐れず、親とししっかりと把握するべきです。


しかし大学に行き、親の監視から離れた時に、その子の本性が発揮します。
親子関係がしっかりと保たれておらず、ただ束縛ばかりの子供は、大学に行くと親が言っていた事の反対をしたがります。
つまり親の言っていた事がうわべだけで、その子の心に根付いていなかった事になります。


前置きが長くなりました。
長男がスカイプで教えてくれた事です。

長男と同じ高校を一緒に卒業したM君。彼には25歳くらいのお兄さんCがいます。
Cはお酒を沢山買って、Mの寮に遊びにいきました。
一緒に飲んだり食べたり、と、そこまではまぁ良いのですが、大学の女の子を二人くらい呼んで、寮で飲み会をしたのだそうです。

そして、お酒が入っているので女の子と戯れ、sexまではしなかったそうですが、それに近い事までしたとか。
Mのルームメイトは高校からの恋人がいるので、その部屋から逃れ他の友達の部屋にいたそうです。

次の朝、Mは自慢げに昨夜の事を長男のルームメイトのショーンに話をしたとか。
長男もショーンも「どうしたら良いんだろう?!」と途方に暮れたとか。
二人で話し合い、すぐに教会の高校生の牧師やユース(学生部)を手伝ってくれた大人にテキストを送り、Mの事を祈ってもらう様に頼みました。
するとすぐに高校生の牧師から長男に電話があったそうです。
長男は、Mから直接話を聞いた訳ではないので、ショーンに電話を渡し、ショーンが聞いた事を全て話をしたとか。
高校生の牧師は「こういう事は親が知らないといけない。親に話をするから。」と言って電話を切ったとか。
Mの家族も私達と同じ教会に来ています。

Mの父親からすぐにショーンの所に電話がかかってきました。
父親は「君には全く関係ないし、ましてや君の事を怒ってなんかいない。君が聞いた事を少しも隠さずに話をして欲しい。」と言ったとか。
ショーンは怖かったけれど、全て隠さずに話をした。と言いました。

Mは親から怒られたそうですが、Mよりも兄のCがひどく叱られたそうです。
長男は、「本当に悲しい事だったんだよね。一緒に教会に通った仲間なのに。」と口をすぼめて言いました。

私達は子供を把握している。と確信をしていますが、私達の知らない事も多々あると知っています。
うちの場合は特に次男。

ただ全能の主イエス様に隠せ通せる事などないように。全て私達が知る事ができます様に。と祈るしかありません。



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
by chieko-2 | 2012-02-21 01:17 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(7)

I love you

子供達が学校に行っている間、下の子達二人でよく遊びます。
五男(5歳)三女(もうすぐ4歳)で、おままごとをしたり、本を読んだり、歌を歌ったり。

先日、二人を車に乗せている時の二人の会話です。

五男 = ねえねえ三女、I love you。
三女 = I love you too。

五男 = ねえねえ三女、I love you。
三女 = I love you too。

五男 = ねえねえ三女、I love you。
三女 = I love you too。もう何回も言わないでくれる?

五男 = ねえねえ三女、I love you。
三女 = I love you too。何回も言わないで!って言っているでしょ。

五男 = ねえねえ三女、I love you。
三女 = I love you too。何回も言わないで!って言っているでしょ。

五男 = ねえねえ三女、I love you。
三女 = I love you too。何回も言わないで!って言っているでしょ!!

五男 = ねえねえ三女、I love you。
三女 = (は〜、と深いため息、、、。) I love you too。

母は子供達の会話を聞いていて、クックックと笑いをこらえました。
うちの五男は私にも良く「マミー I love you。」と言ってくれます。

愛しているよ。とか、君の事を本当に感謝している。とか、君がいてくれて本当に良かった。とか、愛を表現する言葉は沢山あります。
心で思っているだけではなく、しっかりと言葉にして表現したいです。
勿論、この言葉は子供達だけにではなく、夫や妻へにも♪♬




人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
by chieko-2 | 2012-02-16 22:34 | Comments(8)

ヴァレンタインディーのお茶会パーティー

ヴァレンタインが殺された日、ヴァレンタインディー。

今年も、娘と父親のお茶会ダンスパーティーに夫と娘3人が参加しました。

私の夫はダンスが苦手、結婚式の時にも私とのダンスはありませんでした。
そんな夫も、娘の為なら仕方がありません。

今年も教会で娘とのダンスパーティーがあったのですが、教会に電話をして予約をするのをすっかり忘れた母。
「どうしよぉ〜、忘れちゃったよ。」と言うと、「大丈夫!」と夫。
夫が教会に電話をしてくれていました。感謝。

b0091689_2205875.jpgダンスパーティー用のドレスを着た娘達。

特に長女は、髪をカーラーでカールしました。
「私この髪型大好き、明日もしてね。」と長女。
とんでもないです。毎日なんてできません。
時間のかかりすぎ。

それに長女は自分でお化粧もしたんです。
彼女は肌が弱いので、ちょっとお化粧をするとすぐに肌にぶつぶつができます。
でもそこが女の子、やっぱりお化粧をしたいのです。

次女 = お父さん、そのズボンはお父さんにあっているよ。
父 = なんで?
次女 = だって、髪の色と同じだもの。

母 = そこまで白髪はないでしょ。ちょっと言いすぎだよ。
次女 = フフフ。。。

会場は教会堂で。
でもクラフトもあり、ダンスに疲れた子達はそこでいろいろな物を作ったりするんだそうです。
夫の話では、最初にYMCAの曲がかかり、三女と踊ったそうですが、三女は「お父さんだっこぉ〜。」と言い、彼女を抱いてYMCA。
「疲れたでしょ。」と言うと、「三女を抱いて片手だけで踊ったから大丈夫。」との事。
次女は、三女と父親のダンスに待ちくたびれてクラフトの所でずっと何かを作っていたとか。
父 = ねぇ次女、お父さんと踊ろうか?
次女 = いい、今これを作っているから。誰かと踊ってね。 (と1回も踊らず)

一番楽しんだのはやはり長女。
帰りの車の中で「お父さん、今日は本当に楽しかった。連れてきてくれてありがとう!」と夫に言ったとか。

やはり、せめて小学校の高学年にならないとダンスパーティーの楽しさは分からないのでしょう。


明日はヴァレンタインディー。

学校や幼稚園でもパーティーがあります。
子供用にもヴァレンタインカードがあります。
いろいろなキャラクターが小さなカードになっているのです。
たまにはカードに鉛筆やキャンディーを貼付けてカード交換をします。
もちろん、しっかりと**から**へと書く所も着いています
b0091689_22243518.jpgb0091689_22245481.jpg

一箱に16枚から32枚くらいカードが入っています。一クラス分用です。
私はいつもヴァレンタインディーが終わってから、来年用にと半額になった物を買い込むんですが、去年はなぜか買いませんでした。
去年の残りで足りるかなぁ。。。




人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
by chieko-2 | 2012-02-13 22:37 | 家族 | Comments(4)

三女

b0091689_5173261.jpgうちの三女です。

着ている服はスパーガールの衣装。
彼女はこの服が大好きで、幼稚園に行く時にも、私のテニスでジムに行く時にもこれを着ます。

母 = 何でこれだけ着るの?他にもあるでしょう。プリンセスのドレスとかぁ。
三女 = これが良いの!

と言う具合です。

ジムでテニスの後、子供達を預かってくれる所に迎えに行ったら、テニス仲間が。
テニス仲間 = あれ?!この子、千絵子の子なの? いやぁ〜、千絵子にそっくり。リトル千絵子だね!

私 = それって、喜んで良いんだよね。別にスーパーガールの衣装を着ているから「リトル千絵子」って言ってはいないんだよね。

それから三女は、「私をリトル千絵子と呼んで。」と言います。



久しぶりにスカイプをしました。
日本に帰ったみゆきちゃんとです。
日本での教会活動の事、学校の事、テニスの事、ピジョンフォージで買った服などを見せたり、などなどと話して、ふと

私 = ねぇ、今どれくらい話をしているの?1時間くらい?
みゆきちゃん = そんなぁ、1時間のはずはないですよぉ。今3時間5分経っています。

私 = ひぇ〜!! もう1時過ぎだぁ!
みゆきちゃん = 千絵ちゃん、何だか目が眠たそうですよ。

私 = うん、眠たい。明日(ってもう今日だけれど)3時間テニスをする予定なのよ。
みゆきちゃん = じゃ、もう寝てください。
私 = はい、寝ます。
みゆきちゃん = 次回はもっと早めに始めましょう。

しかし、スカイプって本当に良いですねぇ。
うちの両親が生きている時にスカイプがあったら、私も彼達ももっとお互いを身近に感じられたのになぁ。



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
by chieko-2 | 2012-02-09 05:40 | こども | Comments(6)

日本帰国!

今年の夏は、長男が日本に2ヶ月間行く予定でした。
日本に行く前に、どこかの日本の教会で活動ができたら、その教会に泊めてもらえたら、なんて甘い考えを持っていました。
そして、長男が日本に行くのであれば、私も一緒に日本に帰りたい!などと夢は大きくなっていきました。

しかし、長男はチアリーダー(応援団)に入れるかどうかの所で、もし入る事ができたら夏はチアリーダーの活動があるので日本帰国は無理!との事。

長男が帰らないのであれば、私一人でも、そして子供を二人つれて帰ろう!!と。

でも、USTAと言う大きなテニスの試合(トーナメント)があるんです。
3月から始まって、市のテニス大会があり、州のテニス大会 は、6月の中場。

そのUSTAトーナメントで、私は2つのチームに入っています。
2つのチームキャプテンに、「私、日本に帰りたいんだけれど、いつ頃に帰って良い?」と聞くと、二人とも「州大会が終わった6月の終わりだったら良いよ。」との事。

すぐに義姉に連絡。
私が帰っている間、他の子達を預かってもらう為です。
義姉はすぐに彼女の予定表をチェック。
彼女も忙しい人で、夏はすぐに予定が埋まるのです。
しか〜し!!
「千絵子!6月の最後の2週は何も入っていないわよ。あなたの為に開けるけれど!」との事。
「2週は私のために取っておいて!!」と、義姉を確保!!

私と一緒に帰るのは、前回一緒に帰った長女(長女に会いたい方もいらっしゃるのではと思い)と、まだ一度も日本に行った事のない四男。(もちろん下3人は行った事がありませんけれど)

さて、空港会社に連絡をしよう。

夫に「何日間、日本に滞在できる?」と聞くと「2日間」

うぅ〜ん、、、、行って帰るだけでその2日間はつぶれてしまうのかぁ。。。。

そんなぁ〜、2日のはずがないでしょ!
せっかく日本に帰るのであれば4週間はいたいよね。
ブログで知り合ったお方にも会いたいし、ミクシーで知り合ったお方や教会にも行ってみたい。
「日本帰国の際は是非ご連絡を!」と言ってくださっているお方もいらっしゃる。
4週間は絶対にいたいな!

他の子達は、義姉に2週間みてもらって、義両親に1週間、後の1週間は次男と三男がベビーシッターをしてくれるでしょ。
とワクワクしながらの計画。

空港会社に連絡をしようとしていた矢先。
会社から帰ってきた夫の顔が険しい。。。。

どうしたの?と聞いてみると。

うん、、、。言わないつもりだったけれど。。。

と話してくれたのが。
夫は、大きな会社から国の仕事をする為に使わされている人間(派遣員ですか?)
そこの上司が「9月には君の仕事がなくなると思う。君の仕事がなくなったらすぐに辞めてもらう。」との事。
まぁ、オバマさんのおかげで国の不況はひどいもの。(オバマさんは自分のヴァケーションは良く行くんですけれどね。)
夫の行っている国の職場でも、何でも今年の夏の初めには約2000人が解雇される予定だと。

去年からの続きで、夫の仕事も宙ぶらりんの状態でした。
今話に浮上しているのは、ヴァージニア州。

うぅ〜ん、どうなるんだろ。
もし転勤になって、引っ越しとなるといくら会社が出してくれると言っても100%は出してはくれない。
自己負担も大きいと聞く。
ヴァージニアはここに比べて物価も高く、同じくらいの大きさの家も5千万円以上はする
ヴァージニアに仕事があれば良いのですが、もしなかった場合は失業。。。

うぅ〜ん、その中での日本帰国代の50万円は大きいなぁ。

夫 = いいよ。帰ってくれば。楽しみにしていたんだから。

私 = 、、、。う〜ん。今年は辞めるわ。

夫 = 本当に? 本当に良いの?
私 = 良くはないわよ。すごく楽しみにしていたんだもの。でも、先の事がわからないのにお金を使うのはやっぱり良くないわよ。

夫 = うん。そうしてもらうと感謝だよ。


と言う訳で、 超楽しみにしていた日本帰国 は 中止 になりました。

はぁ〜、、、。深〜いため息。
でも、仕方がありません。

楽しみにしてくれていたみなさん。
本当にごめんなさい。
ここでご報告させて頂きます。(涙




人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
by chieko-2 | 2012-02-06 23:04 | 私の事 | Comments(9)

次女の救い(クリスチャンになった日)

2月2日、学校から帰ってきた次女(6歳)が私のそばにするすると近づいて来て、そっと言いました。

次女 = 私、クリスチャンになりたい。
母 = ???

次女 = (母を見つめる)
母 = クリスチャンになるってどんな事か知っているの?
次女 = うん、主イエス様の言われる事を聞く。

母 = まぁそれはそうだけれど。主イエス様がどんな事をこの地球でされたか知っているの?
次女 = 私達の罪の為に、十字架の上で死刑された。

母 = まぁそうなんだけれどね。でも、それがどんな意味か知っているの?
次女 = 、、、、、。

母 = 
人間は生まれる前から、わがままな気持ちが沢山あるのよ。
いつも自分中心で考えてしまう。人の事なんか考えないのよね。自分の思う通りにならないと腹を立てるのよ。
そして、生まれた時から、罪を一つ犯すと黒い玉が一個心の中に入るの。
例えば、お母さんの言う事を聞かなかったり、お父さんの言う事を聞かなかったり。兄弟や姉妹に意地悪な事をしたり言ったり、また学校のお友達にも意地悪なことを言ったり、先生に告げ口をしたりね。
ちょっと人の事をねたんだり、うらやんだり、嫌ったり、意地悪な考えを持ったりする事も罪になるんだよ。
次女の犯したその罪の一つ一つが、全部次女の心の中に黒い玉として入っているのよ。
そんな黒い玉なんかいらない!って思って、どこかに捨てにいきたいけれど、その黒い玉が罪を犯した人を覚えていて、どこかにおいてきてもいつの間にかまた心に入ってきているのよね。
そして、地球も宇宙も創られた神様が言われたの。
「1個でも黒い玉を持っている者は鞭で打たれてから地獄に行け!」ってね。
そうなると、誰が地獄に行かないですむ人がいると思う?
全員地獄行きなのよ。

神様は『それはかわいそうだ。』と思われて、天から神様のたった一人子をこの世に送られたのよ。
そのお方は、王様の所にでもなく、大金持ちの所でもなく、ただの貧しい大工さんの所に赤ちゃんとして生まれたの。
でも、その大工さんは大昔にいたダビデ王様の子孫だったの。

その神様の一人子は大きくなって、30歳までは大工さんをしていたけれど、30歳からは人々に神様の教えを教え始めたの。
そして、33歳の時に、十字架上で殺されたの。
彼は殺される前に、沢山鞭で打たれたの。そして、十字架の上で死ぬ時には、お母さんや、お父さん、長男、次男、長女、そして次女の罪の現れである黒い玉が彼をおおったのよ。
そして、主イエス様は体力がつきて息をする事ができず、窒息死をされたのよ。
主イエス様を信じる人の罪の現れ黒い玉は全部イエス様が取り去ってくださったの。

次女の罪の為に、次女の犯した罪の現れである黒い玉を体に付けて、十字架上で殺されたのよ。
クリスチャンになったら、罪の現れの黒い玉は全部十字架上の主イエス様が取ってくださったから、黒い玉なんて一個も心に中にないのよ。
だから神様は、主イエス様を信じる者は、もう自分の犯した罪のさばきにあったり地獄に行かなくて良い様にされたの。

あなたはそれをきちんと分かっているの?
主イエス様はあなたの為に、あなたの罪を償う為に十字架上で殺されてくださったのよ。

次女 = (コクンとうなづく)

母 = じゃぁ、一緒に祈りましょう。

そして、母と次女は手をつなぎ、次女の罪の悔い改めと主イエス様が次女の心に入ってくださる様に祈りました。
二人で祈った後、母は次女の背中に手を置き、次女の霊的な成長を祈りました。

母 = おめでとぉ〜!!あなたは今日からクリスチャンになったのよ。良かったねぇ〜!!ねぇねぇ、どんな気持ち。

次女 = 何だか暖かくなった。
母 = えっ?!どこが?
次女 = 背中が暖かい。

母 = それはお母さんが、あなたの背中に手を置いて祈ったからでしょ。
次女 = あぁ、そうかぁ。。。

長女 = 次女はいつも、『私もクリスチャンになりたい。』って言っていたのよ。だからいつも『お母さんに聞きなさい。』って言っていたの。
次女 = でも私、いつも忘れたのよ。

母 = そうかぁ、でも今日は覚えていてよかったね。
次女 = うん。

私はすぐに夫に電話をし、次女に渡しました。夫と話をする次女はニコニコ顔。



しかし!!
夕食を終え、お風呂に入って寝る前に、次女が私の所に来て言いました。

次女 = (目に涙をいっぱい溜めて)  私、、、、、。クリスチャンを辞める。。。
母 = どうしたの?

次女 = 私、罪を犯したもの。
母 = そうかぁ。罪を犯したのかぁ。。。

母 = お祈りをした?
次女 = ??? していない。

母 = 罪を犯したら、『**の罪を犯しました。どうぞ赦してください。』って祈るのよ。すると主イエス様が『全部赦します♬♪』ってニコニコ顔で言われるのよ。
次女 = そうかぁ。。。

それを聞いて、次女は安心しベットに入りました。

その事を夫に話すと。
夫 = そう言えば。お風呂に入った後に三女と口論をして、次女が三女の顔を引っ掻いたんだよ。いつもの様にお仕置きをしたんだけれど、いつも以上に大泣きをして、ずっと抱いていたんだけれどなかなか泣き止まなかったんだよ。何でだろ?と思っていたんだ。

私 = 罪の深さが彼女の心に刺さったのね。聖霊様が次女の心に入られた証拠ね。

母は両手を上げて主に感謝をしました。
うちの子達で、これほど罪を深く感じる子供はいませんでした。
次女が霊的(精神的)に成長し、主イエス様の働き人として、主イエス様に使ってもらえる日がきっとあります様に。



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
by chieko-2 | 2012-02-04 04:24 | 全能の主 | Comments(5)

長男の大学生活

先々週の月曜日は国民の祝日だったので、長男の所へ家族全員で行ってきました。
長男 = えっ、本当に来るの?何時くらいに来るの。友達との約束もあるんだよねぇ。。。
なんて言いましたが、押し掛けました。

高速で、1時間半かかって長男の大学へ。
大学内を家族で歩こうと思っていたのに、雨。。。

車を大学内の駐車場に止め。長男の学生寮へ。
彼の学生寮の近くにも駐車場があったのですが、駐車券を持っていない人は駐車できないとの事。
肌寒い小雨の中をゾロゾロと家族全員歩きます。

彼の部屋は二人部屋。
家から持ってきた冷蔵庫と電子レンジが部屋の真ん中の窓辺にあり、両側にベット。その横に勉強机。
でも長男は部屋では滅多に勉強はせず、大学の図書館でするのだそうです。
もちろん、大学内はどこも冷暖房完備。(当たり前の事ですね。)
長男の部屋でちょっと暖まり、子供達が長男の物をあちこち触りまくり、3人ほどの子供達が長男のベットにごろんと横になりながら、いろいろな事を話します。

長男が、「近くに鉄道博物館があるんだ。昔駅だった所だよ。」と言って連れて行ってくれました。
汽車の中の座席に座れたりするとの事で、楽しみにしていた子供達、残念ながら日曜日と月曜日はお休み。。。。
b0091689_3115292.jpgb0091689_315166.jpg

しかし結構楽しんでいました。
b0091689_31557100.jpgb0091689_3153956.jpgb0091689_3174859.jpg

b0091689_3192544.jpg
お昼ご飯は1時ごろ。
もちろん家族全員すわれる場所がなくて、隣同士の席に。

食事をしているときも、長男の友達からテキストが来ます。
フットボールをして遊ぼ、ラケットボールをしに行こう、バスケをしよう。などなど。。

私達家族は、長男を残して3時過ぎに帰途へ。

夫 = 今回は泣かないね。
私 = 長男が出て行くんじゃなくって、私が彼から離れるから大丈夫かなぁ。

次男 = お母さん、僕はこの街の大学に行くから。それに、大学寮には住まないで家から大学に通うから寂しくないよ。(ニコニコ
母 = 、、、、。あ、ありがとう。。。

大学1年の時こそ大学寮に住まないとみんなから取り残されます。
大学1年のみんな誰も知らない時にこそ、友達を沢山作れるのです。
しかし、次男の思いやりに感謝です。


昨夜も長男とスカイプで話をしたのですが、ちょっと驚く事が。。。
それはまた次回に。




人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。
by chieko-2 | 2012-02-03 03:36 | こども | Comments(5)