<   2018年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

四男の女友達

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。



四男は去年からフットボール部のキッカーをしています。
そして、去年から何人かの女の子たちから告白をされたとか。
特に、先日のフィールドゴールを決めてから、その数が増したと言います。

母 = 人気が出た時に近寄ってくる女の子じゃなくって、一番どん底の時に力になってくれていた女の子が良いわよ。
四男 = うん、3人の女の子の友達は、本当に僕を励ましてくれたんだ。
母 = 彼女たちはキリスト者?
四男 = それはわからない。ただの友達。
母 = そうかぁ。
四男 = いつも告白をされた時には、「僕の家の規則では、高校生の時には男女交際禁止だから。」って答えている。こんな規則があると、断る理由を考えなくっていいから本当に楽。
母 = それでみんな納得するの?
四男 = 一人の女の子は。「どうしてお付き合いできないの? お母さんに殺されるの?」って言ったよ。
母 = で、君はなんて答えたの?
四男 = 「うん、殺される。」って答えた。
母 = ハハハハハ。そうかぁ、君は母から殺されるのかぁ。

その四男、自分の部屋のドアを閉めて、長い間誰かと話をしていました。
彼の部屋の前を行き来した時に、「僕が君の後ろ盾になる。」と言っている声が聞こえました。
しかも、フットボール部の練習から帰ってきて、シャワーを浴びた後。夕食も食べていません。
四男の電話が終わり、階下に降りてきて、夕食を食べながら話してくれました。
電話の相手は、クラスメイトの女の子Aでした。(私はその子を知りません)

Aは野球部の子とお付き合いをしていましたが、お別れをしたようです。
その分かれた相手は、Aに腹を立て、「Aは軽い女ですぐ寝る。」とみんなに言いふらしたようです。
Aは傷ついて、「もう誰も友達がいなくなる。」と言ったとか。
四男は、Aの友達Bに、「彼女は本当に野球部の子とセックスをしたの?」と聞いたら、「絶対にそんなことはない。キスだけよ。セックスをしたら、絶対に私に話すはず。」その友達BはAの友達で、週末は朝から晩までそのAの家に遊びに行っているとの事。
四男は、「心配しなくてもいいよ。君は真実を知っているんだから、言いたい奴らには言わせておけば良いよ。」とAに話したとか。
そして今回の電話は。
Aの友達Cが、「Aと四男は付き合うべき。」とみんなに言いふらしているそうな。「四男は、高校生の時は恋人を作らない。」とみんな知っているので、その子だけやけになっているんだそうです。
母は、「そんな子の事なんて無視すればいいじゃない。」と言ったのですが、Bの言うことを聞かないと言ってAに意地悪をして、Aのことをあることないこと言いふらすんだそうです。それでAはCとの仲をどうしようかと考えているとの事。
私達も高校生の時には、こんなに幼稚だったのでしょうか。でも、その子にとっては大きな問題です。

母 = その子は彼女のお母さんと親しくないの?いろいろな悩みとか問題とか話せていないの?
四男 = うん、彼女にはお兄ちゃんと弟がいるんだけれど、上二人はかまってもらえていないみたい。
母 = そうかぁ、お母さんにちゃんと話ができないんじゃ、その子も辛いわねぇ。
でも、自分の悪口を言うような子は友達でも何でもないわ。Cを見かけた時には「元気?」って手を振るくらいはしてもいいけれど、それ以上の話なんてしなくても良いわよ。
四男 = 僕もそういった。彼女には幼馴染の二人の男の友達もいる。その男友達に嫌われないかと心配しているんだ。
母 = CのAに対する悪口を信じて、Aと付き合わないような子たちは、それだけのものよ。
四男 = 僕はどんな悪口を言われても平気だけれど、やっぱり女の子は大変みたい。
母 = うん、女の子は大変かも。
四男 = この前も学食堂で、Cが大きな声で、「四男は**よ!」って言ったけれど、みんな無視していた。AはAで、「Aは僕のタイプじゃないからってCに言えばいい。」なんて言ったりした。
母 = Aは君のタイプなの?
四男 = そんなこと全然考えたことないよ。友達だからさ。そのAには、「僕が後ろ盾をしてあげるから、ほかの人の事なんて気にしなくてもいいよ。」って言ったんだ。

母 = その子はキリスト者?
四男 = わからない。「食事の前とかに祈る?」って聞いたら、「祈らない。」って言った。教会も、前は行っていたけれど、彼女のお母さんの好きな牧師が亡くなってからは教会に行っていないんだって。
母 = そうかぁ。主イエス様を伝える伝道の場を神様が与えてくださっているのかもね。
四男 = うん、そうかも。でも、イエス様の話も徐々にだよ。
母 = そうだね。






子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。




[PR]
by chieko-2 | 2018-08-30 23:21 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(0)

四男の秘密

人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



四男は朝7時からの授業を取っているので、6時半に家を出ていきます。
長女は同じ高校で、今年から校区が代わってスクールバスも来なくなったので、四男と一緒に6時半には出ていかないといけません。
長女の授業は8時半からなので、朝早く学校に行っても、自分の授業が始まるまで学食堂で友達と話をしたりしているみたいです。

四男は朝が早いので、その分早く帰ってきます。
2時半には帰ってきて、軽い食事をとり、3時15分ごろにはフットボールの練習の為にまた学校に向かいます。
今日ももう軽い食事をした後に学校に向かいました。

その時の四男との会話です。


四男 = 母さんには言わなかったんだけれど、僕はフットボール部を辞めるつもりだったんだ。
母 = 先日長男と話をした後も辞めるつもりだったの?(←クリックをするとリンクに飛びます)
四男 = うん。
母 = あの時に、「もうちょっと頑張ろう。」と思ったんじゃないの?
四男 = 「こんなに一生懸命にしていても、コーチ陣からはいつも意地悪をされバカにされる。もうこんな思いはしたくない。」って考えたんだ。でも、あの話し合いの後の月曜日、いつものように練習に行ったんだ。「今日だけ練習に行って、もう辞めよう。」って判断したんだ。

母 = そうだったの。

四男 = 長男が、「お前にはタレント(素質)がある!」って声を詰まらせながら話してくれたけれど、もう耐えきれないって考えたんだ。
練習が終わって帰ってきて、シャワーを浴びている時も辞めようと考えていた。その時のことだ。
「you will get the next game!(次の試合では絶対に勝てる!)
って何故か大きな声で言ったんだ。僕は自分の声をしっかりと聞いた。
僕が自分で言ったんだけれど、僕はそんなことを言おうなんてサラサラ思ってなんかいなかった。勝手に言葉が出たんだ。
僕は、「えっ?何?なんでそんなことを言ったんだろう?」って思ってあたりを見回したんだ。もちろん誰もいるはずがない。
その時に、「次の試合だけ。もう1回だけ頑張ってみよう。」って思ったんだ。
その次の試合が、この前の金曜日の試合だった。

母 = 神様ってすごいねぇ。神様のご計画のもと、君を励ましてくださったんだね。

四男 = インタビューの時に、「月曜日には辞めるつもりでした。」って言ったらおかしかったよね。


そして、これも四男がポツリと言ったことです。
「母さん、キッカーの自殺が多いって知っていた?」と。

家族とのつながり、特に主イエス様とのつながりがないと、辛いことも一人で抱え込んでしまうのでしょう。
キッカーなんて、ゴールを決めて当たり前って扱われていますものね。
特に四男のフットボール部にはキッカーのコーチがいないので、だれも四男の気持ちを分かってくれる人なんかいませんもの。

辛いことがあるけれど、あと3か月はなんとかこのチームで頑張ってほしいです。
それに、辛いことがあったら、いつでも母に話をしてほしいです。

主イエス様が四男を守ってくださいますように。アーメン






子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。





人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村応援のクリックをお願いします。








[PR]
by chieko-2 | 2018-08-28 05:13 | 全能の主 | Comments(0)

Football game

人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。



四男は、今のチームで頑張ると決断をしました。

そして、四男の試合が先週の金曜日にありました。
相手校は、この10年間勝ったことのない高校です。
去年は、フィールドゴールだけの得点で。3-6で負けました。
四男の蹴ったボールだけ得点を得たんです。
* フィールドゴールは1回3点獲得する。

去年は四男の高校で試合でしたが、今年は相手校での試合でした。
私達は、試合の始まる約1時間半前にはスタンドに座っていました。

最初に四男の高校H校がタッチダウンで6点。
四男のPATは、ブロックを受け失敗。
なんでブロッカーがちゃんとブロックをしないのかな?!
と憤慨する母。

H校は2回目のタッチダウンで12得点。
前回のタッチダウンでPATが取れなかったために、四男のキックはせず2得点をする作戦。
しかしそれは失敗に終わり、12得点のまま。

第3クオーターで、37ヤードのフィールドゴールを決めるチャンス。
四男は50ヤードは軽く決められるのに、失敗。
四男は肩を落としてベンチへ帰ります。
* ベンチと言ってもフットボールの場合、ベンチはなく立ったまま。

四男のチームメイト全員、ボールのある方に行ってチームを応援しているのに、四男は一人のチームメイトと離れて立っています。
なんか彼の後ろ姿がとても寂しそうでした。
やっぱり37ヤードを決められなかったのが痛かったです。
b0091689_10231971.jpg

そうこうするうちに、相手校がタッチダウン。
相手校のPATはポールにあたって失敗。
まだ12対6.
あと2分ちょっとしかないと言う時に、相手校はどんどんボールを進めてきました。
残り1分を切った時に相手校のタッチダウンで12対12。
相手校がPATを決めれば試合は決まったも同然。負けてしまいます。
しかし、四男の高校はそのPATを阻止。
ディフェンスのラインマンが走り込み、PATをブロック。

その時の四男は、ベンチでジャンプしながら大喜びしていました。

相手高校のキックオフ。
四男のチームのキックリターンは、60ヤードは走って相手校の陣地に。
残り時間は20秒ほど。
何とかファーストダウンを決めて残り30ヤード。
残り時間7秒。

やっぱり四男のコーチはちょっとおかしいんです。
ちょっとボールを進めて、キッカーのキックできるポジションに持っていくのが普通です。
しかし、四男のコーチは2回もタッチダウンをするごとくボールをエンドゾーンに投げたんです。
2回とも失敗で時間切れのゲーム終了。

四男の高校の応援席は大きなブーイング!!
とそこへ、相手チームの反則で黄色のフラッグ!!

試合の時計は0を示しています。
あと1回だけのチャンス。

コーチはタイムアウトを示し、キッカーの四男を呼びます。
第3クオーターと同じ37ヤードのフィールドゴールです。
フィールドに入る前に、四男はフォールダー(ボールを抑える子)と祈っていました。
四男はフィールドに入り、ボールが置かれるだろうという場所から、キックのために走り出すところまで歩いて距離を測ります。
H高校の観客の歓声度は最大限になりました。

ボールがスナップされてフォールダーのもとへ。
ボールがスナップされると同時に、四男は蹴るがごとく走り出します。
四男の蹴ったボールは、ゴールの真ん中を通り抜けました。
すると、キャー!!という大きな歓声。
それと同時に、チームメイトたちは四男に駆け寄ります。
「おい四男、ヘルメットを脱げ!」
そして四男を彼らの肩に乗せ、歓声を上げながら歩きました。
b0091689_10231967.jpg

私はすぐに手を天に挙げ、全知全能の神様に感謝の祈りを捧げました。


試合が終わり、選手全員控室に帰った後も、四男は3-4人の記者からインタビューを受けていました。
多分ラジオ実況中継のインタビューもあったようです。
b0091689_10232040.jpg


今朝の新聞の四男へのインタビューでは、
記者 = 先にミスをしたので、緊張はしませんでしたか。
四男 = 少しも緊張はしませんでした。神様は自分に力を貸してくださると確信していました。
と出ていました。

万軍の神であられるお方のご計画は素晴らしいです。
全て綿密に計算がされています。
もし四男がPATを決める時に、ブロッカーがきちんとブロックをしていて、四男がPATを決めていたり、第3クオーターで37ヤードのフィールドゴールを決めていたら、勝っても四男の価値など全く認められずに普通の勝利とされていたことでしょう。
第3クオーターのミスで、四男は「もっとしっかりとしなければ。」と奮い立たせてくださったのかもしれません。
または、ノータイムのフィールゴールを決めるための練習をさせてくださったのかもしれません。

このノータイムのフィールドゴールで、四男もきっと自信が持てたと確信しています。

私達が自分のことを計画するよりも、もっと素晴らしい計画を立ててくださる主イエス様に感謝します。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。





Sent from my iPhone

[PR]
by chieko-2 | 2018-08-27 10:23 | 全能の主 | Comments(4)

四男の判断

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。



先々週のフットボールゲームの後です。
先週の月曜日に四男が練習に行くと、ほとんどのコーチが四男を指さして笑ったそうな。
四男がコーチたちの方を見ると、パッと立ち上がって何事もなかったように振る舞うんだそうです。

四男がスペシャルコーチに、「僕はきちんとしたスナッパーが欲しいです。チームの中の30人はどのポジションにも使われない、彼らの中からスナッパーを選びたい。そしていつもそのスナッパーと練習をしたい。」
でもスペシャルコーチは、「もうスナッパーはいる!ほかのスナッパーなんていらない。」と言ったとの事。
F高校は5人もロングスナッパーがいるのに、H高校はたったの一人、おまけにそのロングスナッパーはほかのポジションも兼ねている。
おまけにすぺっしゃるコーチは、「もう俺に話しかけるな!!」と四男を怒鳴ったそうな。

四男は帰ってきてから、「こんなチームでプレイはしたくない。」とぽつんとつぶやきました。

母は、「主イエス様に祈ってから決めたらいいわ。母さんは君の判断に100%任せるわ。辞めたいんだったら辞めれば良い。」

そのことを長男に話しました。
長男は、両親と四男と一緒に話がしたいとの事。

夜の8時、電話をスピーカーにして家族4人で話をしました。

なんか長い間四人で話をしました。
長男 = なんだそれぐらいの侮辱で辞めるとか言い出すなんて! 甘すぎる!
と長男は数回言いました。
母は腹が立って。
母 = 君は四男の立場が分かっていない。ほかの誰よりもうまくできるのに、それをコーチに認めてもらえないどころかバカにされる。彼のせいで失敗をしたのでないことも四男のせいにされる。

長男は長い間沈黙をしていました。

長男 = 母さんは、僕が高校生の時にどんなに辛いことがあったかもう覚えていないんだろうね。僕も他の誰よりも自分のポジションはまくできた。でもコーチは決して僕を使わなかった。フットボールを愛する気持ちを取り上げてくださいと何回祈ったかわからない。でも主イエス様はその気持ちを取り上げてはくださらなかった。本当に辛かった。。。。。
どうのこうの言われても、四男は使われているじゃない。四男を必要とされているじゃないか。それを自分から辞めるなんて。。。。

長男は声を詰まらせながら話しました。
母は長い間沈黙。 家族全員で沈黙。

母 = 覚えているわよ。あんな辛い思いは二度としたくない。
と言うと、涙が流れてきました。

母 = 四男。君は使われているだけずっと祝福を受けているんだよ。
四男 = 、、、うん。


その夜、寝る前に夫と祈りました。

主イエス様、万軍の神様、全宇宙を動かしておられるお方。あなたの御名を感謝し賛美します。
私は今怒りがあります。あなたに対してです。
四男の試合の前から、ずっと祈りました。
四男に力を与えてください。長男の時のようなつらい思いはしたくありません。
あなたが全宇宙を動かしておられる、偉大な力をお持ちであるお方だから、すべてのことはあなたの判断で動かされています。
どうぞ四男を長男と同じ辛い立場に追い込まないでくださいと祈ったではないですか。
でも今の四男は、長男の時と同じような立場です。
あなたは私の祈りを聞いてくださると信じておました。
今四男は本当に辛い時を通されています。
あなたは何を彼に学ばせたいのですか?
こんな辛い時を通らないと学べないことなのでしょうか。
四男は、これからのことをどうするべきか判断をします。
どうぞ彼が間違った判断をしないように、彼を導いてください。


(この話し合いは、先週の事です)





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。






[PR]
by chieko-2 | 2018-08-26 10:18 | 家族 | Comments(0)

四男のフットボールゲーム

人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



四男は、練習試合があり、本試合は先週の木曜日にありました。
テレビ中継でした。
相手校は、去年の第1試合で負けたチームです。

試合は7時からだったのですが、雷を伴う雨。
雷が光ったら、その日勝った時点から30分待たないといけない決まりです。
夫と私はスタンドに座っていたんですが、「全員、後者に避難するように。」と放送があり、全員校舎に避難。

そして1時間後に試合が始まりました。

ふたを開けてみて本当にがっかり。
四案の高校のフットボールチームは、本当に弱い!
ボールを真ん中まで持ってこれない。何なのこれは!!
四男は、50ヤードのフィールドゴールを決められるのに、全く使われない。
パントも、70やっヤードできるのに、使われない。
使われるのは、そこ30ヤード程パントをする、QBも兼ねる子。

4クォーターに入ってから、四男がパントに入ってきました。
やっと四男が使われると思って、ワクワクしていました。

すると。
スナッパー(ボールを後ろに投げる子)のスナップが悪くって、ボールは四男の足元の30センチ前に落ちました。
四男は慌ててボールを拾い上げようとします。
一人の相手側の子が、スナップと同時に四男にとびかかってきます。
ブロッカーは全く何もせず!
一人のブロッカーは、その相手側の子を見もせず。
四男の前にいるブロッカーは、動きもせず相手側の子を見つめています。
四男は足元に落ちたボールを拾ったら、すぐに相手側の子にタックルされてしまいました。

四男がベンチに帰ると、ヘッドコーチをはじめ、多くのコーチ陣から怒鳴られていました。
これって四男のミスなの?
四男を責める前に、スナッパーのミスは、二人のブロッカーのミスは?!

でも、これが四男の高校のフットボールチームのコーチ陣です。
学校が大きいから、予算もたくさんあるはず。
素晴らしいコーチを雇えるのに、素晴らしいコーチは、水泳部と陸上部のコーチだけ。
サッカーコーチなんて、全米トップのコーチがいたのに、いつも優勝をしていたのに、そのコーチをほかの学校に手放してしまったし。
運動競技会のボス、つまり教頭先生が仕事をしていないか、スポーツなんて全く気にならないんでしょうね。
それって、運動競技会長って言えるの?!

四男がいつも練習を共にしていたF学校では、5人のスナッパーがおり、1月からずっと練習を重ねていました。
四男のH高校は、運動神経の優れた子を、色々なポジションに使っているだけ。
四男のチームのスナッパーは、コーナーバックもレシーバーもする子。
四男がスナッパーの子に、「練習をしようよ。」と言うと、「僕はコーナーバックとレシーバーの練習をしたいから。」と言って断るそうな。

長~い3か月の高校フットボールのシーズンです。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。





人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村応援のクリックをお願いします。




[PR]
by chieko-2 | 2018-08-22 21:52 | スポーツ | Comments(0)

手の甲

人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。



先日、五男が朝食を食べている途中の出来事です。
パンを食べていたんですが、ジャムか何かが五男の手の甲に着いたんです。

五男 = あれ、なめれない。
母 = 何をなめれないの。

五男はしぐさをして見せてくれました。
手の甲に着いたジャム。
なめようとしても手の甲が口元に届かなくなっていました。

それほど右腕が硬直しているのでしょう。

五男を見つめていると、何気なくナプキンで手の甲を拭きました。
それから何気なしに朝食を食べ続けました。

今の五男。
右手は食事をする時と何かを書く時に使えますが、服を着る時や靴下をはく時には左手でしています。
でも彼の心は元気です。

明るい五男に感謝です。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。





[PR]
by chieko-2 | 2018-08-21 08:37 | 五男の病 | Comments(2)

Summer game

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。




先々週、子供たちの夏休み最後の企画として、ナーブガン大会があったんです。
場所は教会。
ナーブガンというのは、スポンジの堅い長細い玉を詰めて、ガンで撃ちあうんです。
これは女の子たちのみ参加できる日でした。
b0091689_1038354.jpg


参加したのは、中高生のみ。
三女も参加したかったのですが、彼女は4年生なので再来年からです。
b0091689_1038363.jpg


教会の廊下を使って、二組に分かれてのガンファイト。
もちろん机やいすを使って隠れたりもします。
b0091689_1038334.jpg

b0091689_1038365.jpg

帰って来た長女と次女は、「とっても楽しかった!又したしたい!」との事。

もちろんみんなで遊んだ後は、聖書勉強。
笑いと学習の場を与えてくれる、中高生のワーカーたちに感謝です。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。



Sent from my iPhone
[PR]
by chieko-2 | 2018-08-16 10:38 | 教会 | Comments(0)

Football game at the university

人気blogランキングへ
にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。



なんだか長い間更新をしませんでした。
写真をブログに送ったんですが、うまく受けられていなかったみたいです。

さて、四男のフットボールの試合が先週の金曜日にありました。
ほんの1クオーターの試合です。

キックオフも、パントもせずに、たたPATのみです。
* PAT タッチダウンをした時にキックをしてゴールを決める。

b0091689_10261042.jpg

b0091689_10261013.jpg

試合後に四男に話を聞くと。
「フィールドでは全く練習はできなかったので上がってしまった。」と。
どうして上がってしまったのかと聞いたら。
「ご近所の J・Hさんがこのフィールドで蹴ったんだって思ったら体が震えた。」との事。
あんまり体が震えるのを見て、ホールダーの子(ボールセットする子)が
「おい四男。落ち着け。」と何度も言ったそうな。
ボールは左に折れらんですが、何とかスコアを決められました。
感謝です。

この木曜日は、本試合の始まりです。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。





人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村応援のクリックをお願いします。




Sent from my iPhone
[PR]
by chieko-2 | 2018-08-15 10:26 | スポーツ | Comments(0)

四男の キックコーチ

人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。




四男はキックキャンプが終わって数日後に、学校のフットボールチームの練習試合があったんです。
四男は、キックオフとフィールゴールは蹴ったんですが、パントはさせてもらえなかったと。
試合中、コーチに歩み寄り、「どうして僕にパントをさせないんですか?」と聞いたら、「チームと練習をしていないし、四男がどれくらい蹴れるかわからないから。」との事。
確かに、四男はチームと練習はしていません。
それは、四男のチーム、H高校にはキックコーチがいないからです。

四男は、F高校のフットボールチームに混ざって練習に参加させてもらっているんです。
F高校は,コーチ陣に力を入れていて、二人もキックコーチがいるからです。
F高校のヘッドコーチ(監督)が、「どうしてH高校の生徒を教えているんだ!」とキックコーチを怒鳴ったとか。
F高校のキックコーチは、「四男は、うちのキッカーたちに刺激を与えてくれるからです。」と答えたとか。
そこで、F高校のヘッドコーチが、「おい、キックオフを見せてくれ。」と。
そして次は、「おい、フィールドゴールを見せてくれ。」と。キックコーチは、「四男、50フィートのフィールドゴールをしろ。」と。
四男は、フットボールを蹴りました。
「おい、パントを見せてくれ。」
すかさずキックコーチが、「パントは木曜日です。彼のパントが見たかったら木曜日に来てください。」と。
ヘッドコーチが四男の方を見据え、「パントを見せてくれ。」
四男は、「パントの練習は木曜日です。木曜日にお見せします。」

そんな環境でコーチをしてもらえるなんて良いですよねぇ。
四男は何度も、「F高校でボールを蹴ってくれないか。」とキックコーチから懇願されました。
しかし、四年生(日本の高3)ですもの。
2年生(日本の高1)か3年生(日本の高2)だったら考えもあるでしょうが、4年生ではねぇ。
もう卒業ですもの。
そんな時に高校を代えたくないですよね。(前にも言ったかもしれませんが)

さて、話がそれましたが。
もちろんH高校でも、コーチたちの前で何度もボールを蹴って見せました。
H高校のコーチ陣は、四男のパフォームに本当に興奮をしたそうです。
それなのに、四男を練習試合で使わない。

スペシャルコーチ(キックオフなどのコーチ)がボールをネットに蹴って、「ほらキックはこうやるんだよ。俺の方が J・Hよりもよく蹴れる。」
J・Hとは、うちのご近所さんで、四男にボールの蹴り方を指導してくれたお方です。そして彼は、この街の大学が全米フットボール大会で優勝した時の大学のキッカーでした。

四男は憤慨し。
僕のご近所さんの J・Hさんのことを持ち出さないでください。それに、そんなにあなたがうまく蹴れるのであれば、あなたがフィールドに出てボールを蹴ればいいでしょう。

スペシャルコーチは、「なにおぉ~!!」と怒鳴りながら四男につかみかかろうとしたそうです。
四男は、「僕に触らないでください。あなたから触られたくない! 今日の僕の仕事は終わりました。もう蹴りません。」と言ってヘルメットを脱いでベンチに座ったとか。

なんか凄いでしょう。うちの四男です。
長男は絶対にそんなことはしません。
主イエス様が君の上に置かれた権威に逆らってはいけないと教えたからです。
でも長男は、「もっと自分の意見を言えばよかった。」と今は後悔をしているそうな。
四男にももちろんそう教えました。
だから私達には絶対に逆らいません。
でも四男には恐れがないんです。自分が正しいと思ったことは、必ず意見をするんです。
私は、四男は宣教師に向いていると昔から思っていました。
恐れないで自分の意見をはっきりと言えるからです。

四男はむっつりとして家に帰ってきて(9時半過ぎ)、夕食を食べ始めました。
そしたら四男の電話音。

四男は電話を取り、すぐにどこかに行ってしまいました。
階下にいたんだから、ゲストルームかなと思ったんですが、そこにもいない。でも話し声は聞こえてくるんです。
どこにいるんだろう?

どこからかしらと思ったら、五男の部屋のバスルーム。
母は、つい四男の声に聞き入ってしまいました。

四男 = わざわざ電話をかけてくださったことを感謝します。ありがとうございます。
と何回も言っていたような。
四男は長い間話をしていました。
四男が階下に降りてきてから、いろいろと聞いてみました。
電話をかけてくれたのは、チームメイトからかしらと思っていたら、なんとスペシャルコーチからでした。
今日あったことを謝るために電話をくれたんです。

スペシャルコーチが、「ごめん。」と言ってくれた時、うちの四男はなんと言ったか想像できますか?

四男 = 謝ってくださってありがとうございます。でも、うちの家族のルールでは、ただ「ごめん」というだけでは誠意がないと判断されるんです。相手に謝るときには、自分が何をしてどう相手を傷つけたかということを話し、それに対して謝るんです。

スペシャルコーチは、彼がしたことを長々と話、そしてそのことに対して謝ってくれたそうです。

大の大人が、四男ごときの高校生に、電話をして謝ってくれたことは凄いことですよね。謙虚さがないとできません。

でも、私達親の考えでは、ヘッドコーチの命令だと思うんです。ヘッドコーチの力って絶対ですもの。
練習試合で四男を使わなかったのもヘッドコーチの考え。

長男の時もそうでしたもの。本当に傷つきました。
三男がフットボール部に入って、レシーバーをしたいと言った時には大反対。
絶対にあのヘッドコーチから傷つけられると言って、チームには入らせませんでした。
でも、四男をフットボール部のキッカーに入れるようにと強く勧めたのは長男です。
四男は強い脚力がある。キッカーは、他のフットボール部員とは離れて練習するから大丈夫と言ったんです。
確かにそうです。
フットボールシーズンが終わった冬から夏休みが終わるまで、ずっとF高校のコーチの下で練習しました。

今日の金曜日は、この大学のフットボールフィールドでジャンボリーと言う練習試合があります。
約8試合あります。どれもクオーターの試合です。
四男の高校はその8試合目。
帰るのは夜中になるかもです。





子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。


赤ちゃんや幼児期の子育ては



人気blogランキングへにほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ    応援のクリックをお願いします。




[PR]
by chieko-2 | 2018-08-10 23:08 | スポーツ | Comments(0)

The Shopping Mall

人気blogランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ  にほんブログ村応援のクリックをお願いします。


下の子たちとモールに行きました。
なんか久しぶりのモール。(1年以上)
子供達とあちらこちら見ながら歩き回り、疲れたので早めのお昼。
b0091689_20465797.jpg



これは私が頼んだ、照り焼きチキン。
「次回は絶対にこれを頼もう!」と言った三女。
私は食べきれずに、半分は次女に食べてもらいました。
次女はタコベル、五男はチックフレー。
b0091689_20465814.jpg



歩いていたら、「アン テーラー」のお店。
お高いのでスルーしようとしたら次女が、「母さん、セールをしているよ。」と。
中に入ってみると、お店の中はほとんど空っぽ。
セールをして値引きがしてあるのにさらに60%引き。
あれぇ~、極安。
しかし、もうほとんど服はないけれど探してみました。

なんと、ワンピース、スカート、そしてカーディガンを見つけました。
アンテーラーなのに、この3着全部で約80ドル(8千円)
アンテーラーなんて、友達のお下がりを2着持っているくらいです。

店員さんに聞いてみると、「モールと話が合わないのでここを出ていくんです。」とのこと。
そうですよねぇ、つぶれるはずがない。
アンテーラーですもの。
セールに気づいてくれた次女、そして良いものを買えて感謝です!
b0091689_20465835.jpg




子供の躾に関しては
上の子の嫉妬
だだこねマン   (この中にもリンク先がついているので、そこも観てください。)
ピラミッド型子育て
子育てメッセージ 
始めてのお仕置き(お答え編)  
子育てお答え編
次男へのお仕置き
などを観てください。

赤ちゃんや幼児期の子育ては下のリンク「子育て」を見てください。







人気blogランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村  応援のクリックをお願いします。




Sent from my iPhone
[PR]
by chieko-2 | 2018-08-08 20:46 | 家族 | Comments(0)