プレゼントの買い物

火曜日は自宅学習日(ホームスクールデー)なので、長男のバスケットシューズを買いに、お店に行きました。
長男が行かないといけないので、6人の子供を全員連れて行きました。

先々週から、バスケットシーズンが始まり、練習に頑張っています。
* アメリカは一つのスポーツを1年中するのではなく、その時のシーズンによってスポーツも変わります。
例えば、秋はフットボール、冬はバスケとかです。

昨日夫から、「娘のクリスマスプレゼントを買って来てね。」と言われていたので、それも兼ねて、Kohls(コールズ)へ。

長男の足はドンドン大きくなっています。
去年のバスケットシューズが履けない、、、まだほんの1シーズンしか履いていないのに。
で、去年の長男のバスケットシューズは次男が喜んで履いています。
Nikeのシューズが安売りをしていました。
でも、長男の好きなのがなかったようで、Reebok(リーボック)のバスケットシューズを29ドルで購入しました。感謝。
日本だったらとてつもなくお高いのでしょうが、アメリカに住んで安い物が買える事に感謝です。

靴を持って、オモチャ売り場に行きました。
もちろん娘のプレゼントを探しにです。

彼女は「わぁ〜、これが良い!!」と見る物を全て手に取っていました。
その中の2個を選んで、会計をするのですが、娘に見つからない様にするのがこつです。

長男に、「娘にどんなのが良いか、彼女の話を聞いてあげていてね。その間にお勘定を済ませるから。」と頼み。

赤ちゃんが乗っている乳母車をおして、次男と会計へ。
会計が終わったら、次男にオモチャ売り場にいる子達を読んで来てもらいました。

何と娘は大泣きをしながらやって来ます。
娘 = 長男は、私の欲しいのを買ってくれなかった〜!!
欲しいのがあったのに、『さぁ、お母さんが呼んでいるから帰ろう。』なんて言うんだもの〜!!
私には何にもクリスマスのプレゼントはないの?
私には何にもないの? 皆のプレゼントはあるのに〜!!

* クリスマスツリーの下に、プレゼントを置いているので、誰の分があるのか分かるみたいです。

大泣きをしている娘を抱っこして、「心配しなくとも、娘にもちゃんとプレゼントは買ったよ。」と言いましたが、「あそこのお店に私の好きなのがあったのに〜。長男が、『さぁ、行こう』って言うんだもの。」と言って、なかなか泣き止みませんでした。

娘は、やっと車の所まで来て落ち着いた様です。

娘のその有様をみて、長男と次男は目くばせをして笑っていました。
なんだか彼らも、親になった心境なのでしょうか。

* うちの子達にはサンタクロースの事は話していません。
その訳は去年の記事にも載せました。

クリスマスは私たちの神様、主イエス様の誕生日です。
だから、もらう事より人に与える事の素晴らしさも学んで欲しいのです。
子供達は、お小遣いをためて、兄弟たちにクリスマスプレゼントを買います。
クリスマスの朝、自分の贈ったプレゼントを開けた時の喜ぶ顔を見る事が、彼らも本当に嬉しい様です。




以下、去年の記事です。

サンタクロース 

うちではサンタクロースは全くしません。
つまりサンタクロースがいるなんて事は子供達に言いません。

何故かと言うと、、、

夫が子供(5歳くらい)の時の事です。
彼の両親はサンタクロースがプレゼントを持ってくると言っていたそうです。

クリスマスの前に上の二人のお兄さん達とかくれんぼをして遊んでいて、たまたま屋根裏部屋に隠れようと行ったのだそうです。
そしたらそこに沢山のクリスマスプレゼント が、、、。
彼はそこで一人で泣いたそうです。

サンタクロースがいなかったんだというよりも、「クリスチャンとしても尊敬している大好きな両親が、自分に嘘をついていたのだ。」 と言う事を知った事の方がショックが大きかったのだそうです。

5歳の子供がその事を誰にも言わず、結婚した時に始めて私に話してくれました。

私たちはいつも子供達に「誠実にありなさい。」と教えています。
だから、私たちも誠実にあるべきだと信じるからです。



サンタクロース (セント ニコルス)

遠い昔、ニコルスと言うとても熱心なクリスチャンがいました。
彼は貧しい人々に施しをしたり、その人たちの為に働いたりしていました。
あるクリスマスの日、貧乏な家の子供達がクリスマスプレゼントがない事に気づき、彼は自分で作った手作りのプレゼントを多くの子供達にあげました。

ニコルスはいつも子供達の所や貧しい人の所を訪問していました。
そして、彼はセントニコルスと言われるようになりました。
それが、サンタクロースの始まりです。
セントニコルスデーは12月の初めの頃にあります。





人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-13 13:46 | 子育て,子供の意見、しつけ | Comments(5)

夕食前のうちの赤ちゃん

b0091689_5455771.jpg感謝?な事に、うちの赤ちゃんはお母さんが大好きです。

夕食を作る時に限って、赤ちゃんはお母さんの後をおいます。
ほかの子達がどんなにあやしても、お母さんでなくてはならないみたいです。

そこで、この赤ちゃんリック。
いつもハイキングなどの時に使うのですが、うちでは夕食時に大活躍です。

これに入れると本人も、「お母さんにおんぶしてもらえる。」と思うのか、泣き止みます。

上の子達の時には、「待っていてね。」と泣かしていたのに、下の子になると本当に甘やかしています。


うちの赤ちゃんの事の近況報告です。

うちには14ヶ月の女の子がいます。
色々な事がありましたが、主イエス様の力づけで、この赤ちゃんはうちの子供になる。と確信を持っていました。

* 赤ちゃんの事をご存じない方は、上の「14ヶ月の赤ちゃん」、「主イエス様の力づけ」を押してくだされば、以前の記事を読んで頂けます。

先週の月曜日に彼女の父親が彼女に会いたいと言い、市役所から迎えが来ました。
父親との面会が終わって、ケースワーカーがうちにつれて来てくれました。

ケースワーカーの話を聞くと、彼は、親の権利を放棄する事を認めたそうです。
この火曜日(明日)、役所にて書類に署名をするそうです。

母親の方からは全く連絡がないそうです。
ケースワーカーは、「彼女には十分に時間もあげたし、彼女の指導も試みた。母親は全く連絡さえもしてこない。母親が連絡してこなくとも、役所の権威で、親の権利を取り上げる。」と言っていました。

ケースワーカーは、赤ちゃんの親に、色々と指導をして来ました。
でも、彼らは全くききませんでした。
父親は、8ヶ月近く全く面会に来ない。母親は麻薬検査をされる事を恐れ、彼女も赤ちゃんに全く会いに来てはくれませんでした。

赤ちゃんの父親は、赤ちゃんをみて泣くそうです。
彼自身の事は全く話さないそうですが、22〜23歳くらいの父親だと言っていました。

ケースワーカーは、この赤ちゃんの父親はあなた達にあった事がないから、心配だろうけれど。。。
「あなたが自分でこの赤ちゃんにしてあげられる以上の事を、この子の里親の人達はしてあげられる。
何も心配しなくても心から安心していいよ。」と言ってあげたとの事でした。
いくら言われても、子供と別れる事は本当に辛い事でしょう。

子供を育てるとは大仕事です。
一人の人間を形成して行かないといけません。
彼自身が、暴力を振るったり、深酒を飲んでだりせず、きちんとした生活を送って欲しいです。
そしていつかきっと、主イエス様の信の愛を知って欲しいです。



人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-12 06:04 | 家族の出来事 | Comments(6)

Salvation Army

昨日、朝起きたらー7度、一日の最高温度でも−2度と言っていました。
そのなか、子供達と夫は「Salvation Army (サルヴェーション アーミィー)」のベルを鳴らすごとく、クローガーと言うお店へ出かけました。

この「サルヴェーション アーミィー」と言うのは、およそ100年程前に、宣教活動の発端として始まったのです。

人々にキリストの愛を伝え、貧しい人にクリスマスのプレゼントをあげたり、ホームレスの人達に食事をあげたり、泊まる場所を提供したり、などなどです。
でも、今は宣教活動の部分はもうなくなりました。(残念。それが一番大切なのに。)

クリスマスのシーズンは特に、街頭に立ってベルを鳴らし、人々の寄付を集めます。

子供達の学校でも、金曜日と土曜日に、それに参加する事になり、私たちは金曜日の午後3時から4時までの1時間、ベルを鳴らし寄付集めをしました。

b0091689_5351660.jpgb0091689_535484.jpg








子供達が手にベルを持っているのが分かりますか?

(マイナスの寒さなのに、次男は半袖、半ズボン)

皆で出かける時に「外は寒いから沢山着ていってよ!!」と子供達に言いましたが、実際はポカポカでした。
ベルを鳴らすときも最高温度はマイナスの世界でしたが、ここは日本の様に湿気がなく風がない為に、日が射すと寒さを感じません。

子供達もベルを鳴らしながら、メリークリスマス!! と叫んでいました。

一人の夫人が「これは全てあなたの子供なの?」と聞いてくれ「はい、6人です。」と言うとあきれた顔をしていました。
彼女に「メリークリスマス!!」と言うと、彼女は「あなたの方こそ、メリークリスマスだわよ。」と笑っていました。






人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-10 05:50 | 家族の出来事 | Comments(7)

子供達の一日

うちの娘はお父さんの食べている物を、おねだりをして食べるのが大好きです。
b0091689_1117183.jpg
今朝も夫がシリオを食べていると、スリスリスリと夫に近寄って行く二人です。
(怠慢嫁は朝食をシリオで済ましてもらっているのです。)
そして、二人とも大きな口を開けて、ねだります。

夫は「お父さんの朝ご飯なのに。。。」と言いながら、彼女達に食べさせてあげるのです。

子供達の頭に朝日の赤が写っていますでしょう。



b0091689_11205793.jpg
夫が仕事に出かけたら、昨日夫からツリーを出してもらっていたので、皆で飾り付けをしました。

たったの2メートルくらいのツリーですが、子供達も結構楽しんで飾り付けをしていました。

赤ちゃんが後ろで、赤の飾り付け用のボールをさわっているのが見えますか?


飾り付けが終わったら、皆でプレゼントをツリーのしたに置きました。

このプレゼントは、今年も子供達が、学校のクリスマスストアーがあって、そこで買ったのもです。
*  クリスマスストアーをクリックすると去年の記事が読めます。

うちの子達はそのお店で、一人の子にだいたい4ドルくらいの計算で、買い物をしていました。
結構良い物が買えた様です。
長男と次男は自分のお小遣いで、三男、四男、娘は私が出して、皆のクリスマスプレゼントを買いました。

プレゼントをツリーの下に置きながら、「早くクリスマスにならないかなぁ〜。」と言っていました。

母 = クリスマスは主イエス様の誕生日なのに、あなた達がプレゼントをもらえるなんて感謝でしょう。
と言うと、

次男 = 主イエス様は愛の神様だから、皆に喜びを分けてあげたいのさ。
と言っていました。

私たちにもプレゼントを買ってくれた様です。
みんな秘密にしています。
何を買ってくれたのか、楽しみです。
母 = 早くクリスマスにならないかなぁ〜!





人気blogランキングへ子育てブログランキング ぶろぐひろば    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-09 11:40 | 家族の出来事 | Comments(5)

豪華な家でのクリスマスパーティー

火曜日は、毎木曜日の聖書勉強会のクリスマスパーティーでした。

場所は、勉強会をしている人のお宅でした。
彼女の家の前は交通が激しいので、教会に集まり、教会から教会バスを出してもらう事になりました。
女性の総勢70人が彼女の家に集まったのです。
7時からでしたので、外の家の写真は撮れませんでした。

玄関を入って、グーート中に入って階段の写真を撮りました。
まだ、玄関から人が入ってくるのが見えますでしょう。

b0091689_10424015.jpgb0091689_1043278.jpg

階段をとんとんと上がって、二階から写真を撮りました。

b0091689_10435369.jpgb0091689_10441236.jpgb0091689_10442855.jpg

一階のマスターベットルームです。
テレビのしたは暖炉です。

b0091689_10455925.jpgb0091689_10462410.jpgb0091689_10473419.jpg

そして、マスターバスルーム

b0091689_10482597.jpgb0091689_10484468.jpgb0091689_10511091.jpg

トイレにクリスマスツリーを飾れる余裕の広さ、これってすごいですよね。

メインのクリスマスツリーは3メートルは軽くありました。
そして、それぞれの部屋はもちろん、ホールウエイ(廊下)の所々にもツリーが、、。
b0091689_10544753.jpgb0091689_10555472.jpgb0091689_1116925.jpg
b0091689_10561757.jpgb0091689_11171818.jpgb0091689_11181493.jpg

70人以上の人が、きちんと椅子に座って食事ができる程の広さの家です。
しかも、台所と地下でその席は十分まかなわれていました。
食事は蟹肉のサンドイッチと2種類のポタージュ、そしてデザートはTruffel(トラフォー)
暖かいチョコレートが、噴水の様に流れるのです。
その中に、果物やマシュマロ、クッキーなどをつけて頂きます。

b0091689_10594019.jpgb0091689_1154256.jpgb0091689_116040.jpg


暖炉も、各部屋にあるし。いや〜、すごかったですよ。
私はサンドイッチを半分しか食べられませんでした。(食事前にデザートを食べたのです。)
「この残ったサンドイッチを家に持って帰りたいんですけれど。」と言うと
「それは捨てないとね。あなたには新しいサンドイッチを作ってあげるから、帰りに忘れないでね。」と、手伝っている方に言われました。

親切が身にしみます。。。。

このサンドイッチを夫のお弁当に持って行ってもらおうと思ったのですが、彼はもう夕食の残りをお弁当にしたとか、そこで結局私がお昼に頂きました。
もちろん、子供達にもちょこっとはお裾分けをしましたよ。






人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-08 11:29 | アメリカの家 | Comments(4)

赤ちゃん

赤ちゃんがいないとちょっと見渡したら、、、。
あれ〜、、、。
ちり箱の後ろに隠れて何かをしていました。
行ってみると、、、。

b0091689_10305891.jpgb0091689_10311968.jpg

母 = クッキーを食べているの?
と聞くと
赤ちゃん = お、お、&*$%@#。
と言いながら、私にも分けてくれました。






人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-07 10:34 | 家族の出来事 | Comments(6)

三男の学校生活

2週間程前、三男の先生が、
「近頃学校で、あんまり良くないのよね。注意力がないし、他の人の告げ口もするし、、。」
と三男の事を話してくれました。

それから、教室ではどうするべきか彼と話し合いました。

☆ 先生を尊敬した態度を取る。
☆ 先生が授業をしている時には、よそ見やおしゃべりをせず、きちんと話を聞く。
☆ クラスの友達がいけない事をしていたら、その本人にきちんと話をする。
☆ 友達に注意をする時には、怒鳴って言うのではなく、話しかける様に言う。
☆ 先生に告げ口をしない。
☆ 自分がいつも正しいと自分を威張らない。

彼のクラスでは、5個のコインをそれぞれ持っています。
先生に従わなかったり、態度が悪かったらそのコインを1個ずつ取り上げるのです。

いつも学校が終わったら、三男の兄弟に学校での事を聞きました。
また、感謝?な事に、彼のクラスの子が色々とクラスでの彼の事を教えてくれました。
* 「今日三男は、コインを2個先生から取られたよ。」とかです。

コインを取られたらもちろん、また先生を尊敬した態度を取らなかったら「お仕置き」をしました。

今日学校にむかえに行った時に、丁度三男の担任の先生がいらっしゃったので少し話ができました。
母 = 近頃どうですか?
先生 = 家で、話し合ったり、きちんと教えていると良く感じます。近頃は本当に態度が良くなりました。また昔の三男くんに帰ったようです。

ほっと一安心。
学校での事を、学校での事だからというのではなく、先生と一緒にチームになって子供の問題を乗り越えて行けたら良いな。」といつも思っています。

先生は、先生で「学校での事だから、あなたに言おうか言うまいか迷ったんだけれど、、。」と言いました。

私は、学校でも何処ででも、自分の子供達の言動をしっかりと把握していたいです。
子供のどんな面でも知りたいし、もし問題があったら、子供達とまた、それに関わる人達と話し合って解決して行きたいです。






人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-06 02:23 | 学校 | Comments(7)

義父

義父は子供達の人気の的です。
(*上の 義父の所をクリックすると、彼の家や彼の事の記事が出ます。)

食事をする時には、誰が義父の隣に座るかでいつも口論になります。
そこで、ここでも義父の隣に座れる席のローテーションを組まないといけません。

うちには14ヶ月の預かっている赤ちゃんがいますが、義父も義母もその赤ちゃんが大好きです。
私がいると、赤ちゃんは私に来たがるので、私はなるべく隠れている様にしています。
でも、赤ちゃんの好きな物を発見!!

b0091689_140147.jpg
たまたまつけていた、私のネックレスで遊ぶのが好きなのです。

そこで義父の考えた事、

「誰か、ネックレスをお父さんに貸して!!」

と言い、ネックレスを首にかけました。

赤ちゃんはそのネックレスをめがけて義父の腕の中へ。

満足そうな義父です。








人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-04 01:45 | 家族 | Comments(4)

星に願いを

今朝起きたら何とマイナス3度。
寒すぎる。
一昨日まで本当に暖かくて半袖だったのに、昨日のお昼からグット冷え込みました。
四男は8時半からのバスケの練習、次男は教会の集まりで、そして三男はお父さんに付いて行っていません。
家の中は長男と娘と赤ちゃんの3人。
静かで嬉しい!!


去年の記事を読んでいたら、再び吹き出してしまった記事があったのでここに載せます。

星に願いを

土曜日の朝7時過ぎに、下3人(三男、四男、娘)が私達のベットにはい上がってきて、一緒に土曜の朝マンガ(ドーラ)を見ている時です。

ドーラ == 自分の欲しい物をこの星にささやいてね。
と言うと、テレビの中の子供が一人ずつ願い事を(熊のぬいぐるみを下さい、とか)ささやく。

ドーラ == 今度はあなたの番。願い事をささやいてね。
と星をズームアップ。

私 == 一億円ください。

私の願い事を聞いた夫は、、、
夫 == 私達は、星などに願い事をしない。全知全能の主、ただ唯一の神にだけ願い事をする。
と、テレビを見たままで言う。

私 == 、、、、、
子供達 == 無言でテレビを見続る。





人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-03 00:27 | 家族の出来事

次男の言動

次男の事は、このブログを読んでくださっている方ならご存知だと思います。
彼は本当に優しい子供なのですが、不誠実さもあり、嘘をつくときもちらほら。

この火曜日の事です。
次男が私の方をジッと見つめて言いました。
次男 = おかあさん、本当におかしな事と思うけれど、僕が誠実になる様に祈ってくれない。
母 = そんな事、少しもおかしな事ではないわよ。お母さんは喜んで次男の事を祈るわよ。
そう言って、二人で祈りました。
彼の心がイエス様に満たされ、いつも正しい判断をし、そして正しい行いができますようにと。
祈った後、彼の目には涙が一杯たまっていました。

夫は、次男は僕たちを嫌っているのだろうか?
親が言う事に従おうとはせず、自分の思う通りが一番と信じ、それを通そうとする。
親に全く敬意を払わない。

と言って、とても失望を感じていました。


昨日の事です。

彼の部屋が散らかっていたので、片付ける様に言いましたが、全く動きません。
「全部、したの子達が散らかしたんだ。」との言い分です。
また、ほかにも彼に話した事があるのですが、全く無視。
「はい。」と返事はしても、自分の気が向かないとそのままの状態です。

母 =下の子達が少しは散らかしたかもしれないけれど、あなたの部屋だし、あなたの物がほとんどでしょう。
洗濯物も全くタンスの中に入れていないし。
* たたんだ洗濯物は、彼の部屋のドアの所に置き、彼が自分でタンスに入れる決まりです。
お母さんはあなたの服をたたまなくても良いの?
「ハイ、洗濯ができたよ。」って、乾いた服をたたまずあなたに渡せば良いの?
きちんと乾いた服をたたんでもらっているのに、少しも感謝をしない。
これはどういう事なの。

あなたは私たち両親に、少しも敬意を払った態度を取っていないって気づいているの?
あなたは私たちの事を愛しているの? それとも嫌っているの?
あなたの態度は、私たちを嫌っている様にしか取れないよ。
あなたの言動からは少しも愛を感じないよ。


と話しました。
約20分後、、、。
部屋にいた次男が、台所にいた私の所に来て。
お母さん、敬意を払った態度を取らずにごめんね。僕はお母さん達を愛しているよ。
と言って、きつくハグをしてくれました。


そして今日。
私は病院へ、1年検診に行ってきました。
11時からの検診で、検診の終わった後は、ちょっと買い物をしていました。
買い物先で、この冬長男と次男のバスケットのコーチと会い、30分以上の立ち話をしました。

家に帰る途中電話があり。
次男 = あっ、おかあさん。家の掃除はほとんど終わったよ。もう1時過ぎだけれども、ラーメンでも作って皆に食べさせていい?
母 = 是非そうしてください。


家に帰ってみると、丁度ラーメンが出来上がった所。
私も一緒に、次男の作ってくれたラーメンを頂きました。

食事をしながら話を聞くと。。。
3カ所のバスルームを始め、家中の掃除を済ませたとの事。
そして、食器洗い器まで作動しており、なんと台所のちり箱も奇麗になっていました。

これ、、、誰がしてくれたの?
と聞くと、ほとんど次男の指揮で皆が動いたとか。

*12月は、洗濯は長男、食器洗い器の作動後、食器を片付けるのは次男の仕事です。( 先月は逆でした。)

食器洗い器が終わったのに気づいたので、「次男、食器洗い器の食器を片付けてね。」と言うと。
「もう全部片付けたよ。」との御言葉!

あなたは本当に自分でかわろうとしているのね。
今日のあなたの言動はたいした物よ。
お母さんはあなたの事を本当に見直したわ。

と、ほめまくりました。

彼はぐうたらな性格で、なるべく面倒な事はしない様に努力をします。
でも私たちは、「小さなことにも誠実に」と教えています。
(聖書 ー ルカの福音書16:10
小さなことに忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。)

今日の彼の言動で、彼自身も変わろうと、彼なりに努力をしてくれている。と確信が持てました。

また同じ事の繰り返しの日もあるでしょうが、今日、主イエス様は光を見せてくださいました。
次男の心に感謝です。主イエス様に感謝です。





人気blogランキングへ子育てブログランキング    応援のクリックをお願いします。
[PR]
# by chieko-2 | 2006-12-02 08:43 | Comments(9)